後の祭りとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > 後の祭りの意味・解説 

後の祭り

作者佐藤雅美

収載図書啓順地獄
出版社講談社
刊行年月2003.12

収載図書啓順地獄
出版社講談社
刊行年月2006.11
シリーズ名講談社文庫


後の祭り

出典:『Wiktionary』 (2007/06/27 09:57 UTC 版)

ことわざ

(あと)(まつり)

  1. 悔やんでも、もはや復旧することができず、悔やむだけ無駄なこと。
    彼が、僕を頼もしいと思っていたのは僕の現世的な生活力だろうと思う。そういう点の一番欠けている彼は、僕を友達とすることをいささか力強く思ったに違いない。そんな意味で、僕などがもっと彼と往来して、彼の生活力を、刺激したならばと思うが、万事後の祭である。(菊池寛芥川の事ども』)

語源

数説あり。

  1. 祇園祭山鉾巡行前後で、前の祭り後の祭りと分けられ、後の祭りはつまらないのであることから。
  2. 祭りの後山車は無駄なものであることから。
  3. 祭り葬祭の意で、どんなに立派に弔っても死者生き返るものではないので無駄であることから。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「後の祭り」の関連用語

後の祭りのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




後の祭りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの後の祭り (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2014 Weblio RSS