Windows 2000とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > ネットワーク用語 > Windows 2000の意味・解説 

Windows2000

Microsoft社が開発した、Windows NT4.0後継。ADSI、WSHプラグアンドプレイなど新機能が追加された。

関連用語:


Windows 2000

読み方ウィンドウズにせん
別名:Microsoft Windows 2000ウィンドウズ2000Win2000Win2KW2K

Windows 2000Windows 2000とは、Microsoft2000年発売したオペレーティングシステムOS)の名称である。

Windows 2000は、ネットワークOSアーキテクチャを持つWindows NT 4.0後継OSとして開発された。開発時にはWindows NT 5.0」とも呼ばれていた。Windows 9x系との融合を図ったことで、ネットワークサーバー向け、個人クライアントPC向け、いずれの用途にも用いることができた。特に個人向けPCとしては、従来Windows 95Windows 98比べてより安定性の高いOSとして評価を得た。

Windows 2000では、Windows 9x系OS上で技術進化してきたACPIDirectXプラグアンドプレイなどの技術へ対応するとともにアクティブディレクトリEFS暗号化ファイルシステム)などの新機能の追加を図っている。

Windows 2000は、用途合わせて4つのエディション用意されている。個人クライアントPC向けOSである「Windows 2000 Professional」から、データセンターなどの大規模なネットワークシステム向けの「Windows 2000 Datacenter Server」までが用意されている。Windows 2000 Datacenterでは、最大16個のCPUによるSTP対称型マルチプロセッシング)に対応しており、大規模ネットワークオンライントランザクション処理などの高度なシステム運用耐えることができる。

Windows 2000

2001年登場したWindows XPにおいて、Windows NT系OSWindows 9x系OSは完全に一体化し、長らく続いた2種類のアーキテクチャ一本化された。



※画像提供 / マイクロソフト株式会社
OSのほかの用語一覧
Windows:  UAE  VxD  Window Manager  Windows 2000  Windows 3.x  Windows 95  Windows 98

Microsoft Windows 2000

(Windows 2000 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/22 06:38 UTC 版)

Windows 2000(ウィンドウズ にせん[7])はマイクロソフトがWindows NT 4.0の後継バージョンとして発表したWindows NT系オペレーティング システムである。略称はWin2000、Win2k、W2K。コードネームCairo(カイロ)




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ なお後述のように後期のIA-64(Itanium)版サーバについては2000ベースでありながら内部バージョンが5.1であり、この影響でx64XPServer 2003は5.2を名乗っている。
  2. ^ 開発段階において、すでにNeptune等の一般ユーザー向けOSが並行開発されていた。後にNeptuneで予定されていた一部の機能は9x系のWindows Meで実現し、最終的にWhistlerで統合されることとなった。
  3. ^ インストールCDの提供は既に終了している。
  4. ^ マイクロソフトのサポート ライフサイクルにあるビジネス向け製品のオンラインセルフヘルプサポート期間は「製品が出荷されてから最短10年間」であり、「最短年数」を経過した製品では完全にはサポートされない場合がある。
  5. ^ 例えば2011年9月2012年8月2013年2月といったセキュリティリリースにはいくつか含まれていることが確認できる。
  6. ^ 例えばKB2803751などは特定の不具合が無ければ導入しないことが推奨されている。
  7. ^ 例えば2012年になって日本市場に本格参入したALYacに至っては、当時すでにWindows 2000が延長サポート終了後2年も過ぎていたにもかかわらず動作対象に含めており、2015年3月現在も現行製品となっている。
  8. ^ 標的型攻撃対策ソフトウェア FFR yarai(エフエフアール ヤライ)”. 日立情報システムズ. 2015年3月14日閲覧。 - ただし新規販売は2013年3月末で終了。
  9. ^ 例えば玄人志向の複合機能PCIカード「CHANPON3」は日本国外のAT互換機用パーツのOEM販売品であるが、PC-9800シリーズでサウンド機能を使う場合はWDMドライバを使うように指示されていた(インターフェースボード CHANPON3(2015年10月29日時点のアーカイブ))。

出典

  1. ^ a b Microsoft Releases Windows 2000 to Manufacturing - News Center”. Microsoft (1999年12月15日). 2016年11月10日閲覧。
  2. ^ Microsoft(R) Windows(R) 2000日本語版、 開発完了し、製品発売に向け、製造を開始 - News Center”. マイクロソフト (1999年12月24日). 2016年11月10日閲覧。
  3. ^ Windows 2000深夜販売レポート:秋葉原編”. Impress Watch (2000年2月18日). 2015年8月21日閲覧。
  4. ^ 「Microsoft(R) Windows(R) 2000 」日本語版  2月18日(金)発売開始 - News Center”. マイクロソフト (2000年2月18日). 2016年11月10日閲覧。
  5. ^ Update Rollup 1 for Windows 2000 SP4 and known issues”. Microsoft (2015年12月9日). 2016年11月10日閲覧。
  6. ^ マイクロソフト サポート ライフサイクル”. マイクロソフト (2015年6月22日). 2015年8月8日閲覧。
  7. ^ 「Windows 2000」の読みはWindows XP Professionalに収録されている「Windows XP ツアー」の動画を参照。
  8. ^ Microsoft、NT 5.0の製品名を「Windows 2000」へ変更”. PC Watch. Impress (1998年10月28日). 1999年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月11日閲覧。
  9. ^ 瑠沢るかパソトラ るかぽんのパソコントラブル奮闘記』 キルタイムコミュニケーション〈PC-DIY books〉、2001年11月、94頁。ISBN 4-86032-005-0
  10. ^ ボリューム ライセンス、OEM製品、および パッケージ製品のライセンスのダウングレード権 (PDF)”. Microsoft. 2013年3月10日閲覧。
  11. ^ マイクロソフト、作成困難を理由にWindows 2000 Server向けパッチを提供せず”. COMPUTERWORLD. International Data Group (2009年9月9日). 2013年4月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月10日閲覧。
  12. ^ “Windows 2000の維持とパッチ適用に悩む管理者の実態が明らかに”. ITmedia. (2010年2月26日). http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1002/26/news047.html 2011年1月17日閲覧。 
  13. ^ “50万件以上のサイトがWindows XP・2000などサポート切れOSベースのサーバーで動作中”. (2014年4月9日). http://gigazine.net/news/20140409-website-host-on-windows-xp/ 2014年7月4日閲覧。 
  14. ^ コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況[6月分および上半期]について”. 情報処理推進機構 (2010年7月5日). 2011年1月17日閲覧。
  15. ^ 日経産業新聞 (日本経済新聞社): p. [要ページ番号]. (2000年3月7日) 
  16. ^ 日本経済新聞 夕刊 (日本経済新聞社): p. [要ページ番号]. (2000年3月15日) 
  17. ^ 日本経済新聞 夕刊 (日本経済新聞社): p. [要ページ番号]. (2000年4月21日) 
  18. ^ インテル(R) Itanium 2プロセッサに最適化されたMicrosoft(R) Windows(R) Advanced Server,Limited Edition 1.2日本語版を提供”. マイクロソフト (2002年3月11日). 2003年8月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月13日閲覧。
  19. ^ “米MSが「Windows Datacenter Server Limited Edition」”. nikkei BPnet (日経BP社). (2002年3月5日). オリジナル2014年2月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140222151329/http://www.nikkeibp.co.jp/archives/172/172971.html 2010年11月13日閲覧。 
  20. ^ Windows 2000に対するサービス・パックの提供はまだ続けてほしい”. ITpro/日経BP (2004年11月29日). 2011年5月29日閲覧。
  21. ^ Windows 2000 Service Pack1日本語版がついに登場”. @IT (2000年9月8日). 2010年11月13日閲覧。
  22. ^ Insider's Eye -- 速報;Windows 2000 Service Pack 2 日本語版 1.SP2の入手とインストール”. @IT (2001年6月2日). 2010年11月13日閲覧。
  23. ^ Windows 2000 用のセキュリティ ロールアップ パッケージ 1(SRP1)、2002年1月”. Microsoft (2007年10月29日). 2011年5月23日閲覧。
  24. ^ @IT:Insider's Eye -- Windows 2000 Service Pack 3日本語版がついに登場(1)”. @IT (2002年8月10日). 2010年11月13日閲覧。
  25. ^ @IT:Windows HotFix Briefings:Windows 2000 Service Pack 4日本語版登場”. @IT (2003年7月9日). 2010年11月13日閲覧。
  26. ^ Windows 2000用の修正パッチ群「Update Rollup 1」公開”. INTERNET Watch (2005年6月29日). 2010年11月13日閲覧。
  27. ^ 新フィルタマネージャ機能は、Windows 2000で使用できます。
  28. ^ Windows 2000用のUpdate Rollup 1、適用後の不具合を修正した新バージョン”. INTERNET Watch (2005年9月14日). 2010年11月13日閲覧。
  29. ^ Microsoft、Windows 2000 SP5中止とアップデート・ロールアップ提供を正式に発表”. ITpro/日経BP (2004年11月30日). 2011年5月29日閲覧。


「Microsoft Windows 2000」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「Windows 2000」の関連用語

Windows 2000のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

TV BOX

レーザーマウス

ARROWS X LTE

Microsoft Expression Web

EV SSL証明書

Qosmio

Withings Steel HR

Microsoft Universal Foldable Keyboard





Windows 2000のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
アライドテレシス株式会社アライドテレシス株式会社
Copyright(c)2017 Allied Telesis K.K. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリWindows 2000の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのMicrosoft Windows 2000 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS