雪とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 気象 > 気象 > > の意味・解説 

ゆき [2] 【雪】

気温摂氏0度以下の大気の上層で,雲中水蒸気凝結し氷の結晶が集まって地上に降るもの。雪の結晶は雪が雲中でできるときの温度過飽和度により多様な形をとる。古来雪月花とたたえられて冬の象徴とされてきた。 [季] 冬。
白いこと。真っ白。 「 -の肌」
髪が白いこと。白髪。 「頭(かしら)の-」
芝居で雪に見立てて用いる白紙小片
女房詞(かぶ)。また,大根
女房詞(たら)
家紋の一。結晶をかたどったもの。ほかの紋に添えたり,輪郭にして用いる。
地歌。流石庵羽積作詞峰崎勾当こうとう作曲天明寛政1781~1801)頃の作。地歌または地歌舞の代表曲。

【せつ】[漢字]

【 切 】 [音] セツサイ
きる。刃物できる。 「 切開切断切腹切磋琢磨(せつさたくま)
さしせまる。 「 切迫
ねんごろひたすら。 「 切諫せつかん切言切実切望懇切 ・親切 ・痛切
よく合う。 「 切要 ・適切 」
すべて。 「 一切(いつさい)
ある漢字の音を他の二字用いて示す法。 「 切韻反切
【 折 】 [音] セツ
おる。おれる。 「 九折曲折屈折骨折
くじく。 「 折衝折伏(しやくぶく)(せつぷく)) ・挫折(ざせつ)
責める。 「 折檻せつかん面折
わける。 「 折衷折半
死ぬ。 「 夭折ようせつ 」 〔「シャク」の音は慣用
【 刹 】 [音] セツサツ
寺。 「 《 サツ巨刹古刹仏刹名刹
きわめて短い時間。 「 刹那(せつな)
悪鬼の称。 「 刹鬼羅刹
梵語 ksetra音訳字。国。国土。 「 西刹
【 拙 】 [音] セツ
つたない。へた。 「 拙策拙速拙劣巧拙古拙稚拙
自己の謙称。 「 拙詠拙稿拙者拙僧拙宅拙著
【 泄[音] セツエイ
流れ出る。もれる。もらす。 「 漏泄ろうえいろうせつ) 」
不要のものを除く。だす。 「 排泄
【 窃 ( 竊 ) 】 [音] セツ
ひそかにぬすむ。 「 窃取窃盗剽窃(ひようせつ
ひそかに。 「 窃視窃笑
【 接 】 [音] セツショウ
まじわる。まじえる。つぐ。 「 接合接骨接種接続交接溶接連接接尾語
会う。もてなす。 「 接客接見接待接伴引接いんせつ(いんじよう)) ・応接面接
近づく。ふれる。 「 接眼 ・接近接写接触接戦接吻(せつぷん) ・間接 ・直接 ・密接 ・隣接
とる。 「 接受接収
【 設 】 [音] セツ
もうける。そなえつける作る。 「 設営設置設定設備設問設立開設仮設既設建設施設常設新設特設付設敷設
【 雪 】 [音] セツ
ゆき。ゆきがふる。 「 雪害雪渓雪景雪原雪中蛍雪降雪残雪新雪積雪白雪氷雪風雪
ゆきのように白い。 「 雪白雪眉(せつび)
すすぐ。洗い清める。 「 雪冤せつえん雪辱
【 渫[音] セツ
さらう。水底のどろを取り除く。 「 浚渫(しゆんせつ)
【 摂 ( 攝 ) 】 [音] セツショウ
とる。もつ。すべおさめる。 「 摂取摂理摂受(しようじゆ)包摂
兼務する。代わって行う。 「 摂関摂行摂社摂政兼摂
やしなう。ととのえる。 「 摂生摂養
摂津(せつつ)国」の略。 「 摂州
【 節 ( 節 ) 】 [音] セツセチ
竹や草木のふし。また,物のつながっているところ。 「 関節結節体節
音楽の曲の調子。 「 曲節
物の区切り
詩歌文章楽曲などの一区切り。 「 楽節章節
言葉単位。 「 音節文節
信念をかたく守る。みさお。 「 節義節操節婦気節苦節忠節
ひかえめにする。ほどあい。 「 節倹節減節酒節水節制節度節約節用調節礼節
気候かわりめ時期。 「 節分季節時節当節
祝日。 「 節句節会(せちえ)節日せちにちせつじつ) ・佳節
他国への使者のしるし。わりふ。 「 使節符節
【 截[音] セツ
〔「サイ」と読むのは慣用〕 たつ。きる。たちきる。 「 截然截断断截直截半截
【 説 】 [音] セツゼイ
とく。筋道や意味をときあかす。 「 説教説得説法説明説諭説話演説解説概説詳説総説力説遊説ゆうぜい
考え意見理論。 「 異説一説学説言説高説自説社説新説俗説卓説定説論説地動説
はなし。物語。うわさ。 「 説話巷説こうせつ小説 ・伝説 ・風説
【 褻[音] セツ
けがれる。きたない。けがらわしい。 「 狎褻こうせつ猥褻わいせつ
はだぎ。ふだんぎ。 「 褻衣

よき 【雪

「ゆき」の上東国方言。 「上野かみつけの伊香保の嶺(ね)ろに降ろ-の/万葉集 3423


分野
に関する用語
用例
雪が降る。雪が積もる。雪が解ける。(が)雪に変わる。雪の日。雪の天気

雪(すすぎ)

作者本田

収載図書ゆきのまち幻想文学賞小品集 7
出版社NTTメディアスコープ
刊行年月1997.11


作者湯川聖司

収載図書第4回 ゆきのまち幻想文学賞小品集 4
出版社NTTメディアスコープ
刊行年月1994.10


作者ロバート・O.バトラー

収載図書ふしぎな山からの香り
出版社集英社
刊行年月1995.6


作者夫馬基彦

収載図書恋の呼び出し恋離
出版社中央公論社
刊行年月1995.7


作者

収載図書降る惑星
出版社角川書店
刊行年月1996.3


作者宇野千代

収載図書不思議な事があるものだ
出版社中央公論社
刊行年月1996.7

収載図書せつない話 第2集
出版社光文社
刊行年月1997.2

収載図書不思議な事があるものだ
出版社中央公論新社
刊行年月1999.9
シリーズ名中公文庫

収載図書せつない話 第2集
出版社光文社
刊行年月2000.6
シリーズ名光文社文庫


作者バリー・ユアグロー

収載図書一人の男が飛行機から飛び降りる
出版社新潮社
刊行年月1996.7

収載図書一人の男が飛行機から飛び降りる
出版社新潮社
刊行年月1999.9
シリーズ名新潮文庫

収載図書憑かれた旅人
出版社新潮社
刊行年月2004.3


作者辻井喬

収載図書故なくかなし
出版社新潮社
刊行年月1996.12


作者正本ノン

収載図書ビトゥイーン ザ シーツ
出版社ぶんか社
刊行年月1997.6



作者三郎

収載図書赤い鳥代表作集 6 新版
出版社小峰書店
刊行年月1998.4


作者岡本かの子

収載図書日本掌編小説秀作選 上 雪・月
出版社光文社
刊行年月1987.12
シリーズ名光文社文庫

収載図書日本幻想文学集成 10 岡本かの子 過去世
出版社国書刊行会
刊行年月1992.1

収載図書岡本かの子全集 1
出版社筑摩書房
刊行年月1994.1
シリーズ名ちくま文庫


作者楠田匡介

収載図書七人警部七人名探偵シリーズ 2
出版社広済堂出版
刊行年月1998.4
シリーズ名広済堂ブルーブックス


作者吉行淳之介

収載図書吉行淳之介全集15初期作品文学賞選評年譜・全作品リストほか
出版社新潮社
刊行年月1998.12


作者ジョン・クロウリー

収載図書むずかしい愛―現代英米愛の小説
出版社朝日新聞社
刊行年月1999.9


作者ジェイムズ・ラスダン

収載図書シャンドライの恋
出版社角川書店
刊行年月2000.1
シリーズ名角川文庫


作者加門七海

収載図書雪女キス異形コレクション綺賓館 2
出版社光文社
刊行年月2000.12
シリーズ名カッパ・ノベルス

収載図書オワスレモノ
出版社光文社
刊行年月2006.3
シリーズ名光文社文庫


作者ヒュー・ウォルポール

収載図書銀の仮面
出版社国書刊行会
刊行年月2001.10
シリーズ名ミステリー本棚


作者十八鳴浜

収載図書緑色の異邦人
出版社彩図社
刊行年月2002.2
シリーズ名ぶんりき文庫


作者ベネディクト・ブラスウェイト

収載図書ほたる島物語カメじいさまとなかまたちのお話
出版社ポプラ社
刊行年月2004.2
シリーズ名ポップコーン・ブックス


作者ヨシイドク,ヨシイミツ

収載図書ねむりばこ
出版社新風舎
刊行年月2004.7


作者ダゴベルト・ヒルフ

収載図書木版画マリア
出版社角川書店
刊行年月2004.8


作者河野多恵子

収載図書恐怖の花
出版社福武書店
刊行年月1989.5
シリーズ名福武文庫

収載図書河野多恵子全集 第1巻
出版社新潮社
刊行年月1994.11

収載図書誘惑女流ミステリー傑作
出版社徳間書店
刊行年月1999.1
シリーズ名徳間文庫

収載図書怪奇ホラーワールド
出版社リブリオ出版
刊行年月2001.4

収載図書恐ろしき執念
出版社リブリオ出版
刊行年月2001.4
シリーズ名怪奇ホラーワールド 大きな活字読みやすい

収載図書恐怖の花
出版社ランダムハウス講談社
刊行年月2007.10
シリーズ名ランダムハウス講談社文庫


作者小川さと子

収載図書忠臣蔵・巷噺
出版社創栄出版
刊行年月2005.1


作者新田潤

収載図書新田潤作品集 3
出版社一草舎出版
刊行年月2005.2


作者池田和

収載図書夢のぬけ殻―掌編
出版社池田和
刊行年月2005.8


作者細川友一

収載図書碑―短編小説
出版社細川友一
刊行年月2006.6




作者立松和平

収載図書晩年
出版社人文書院
刊行年月2007.6


作者桜沢やよひ

収載図書樺細工の茶筒
出版社文芸社
刊行年月2008.6


作者若杉鳥子

収載図書渡良瀬の風―若杉鳥子短篇集 増補改訂版
出版社武蔵野書房
刊行年月2008.8


雪―スノウ

作者フランチェスカ・リア・ブロック

収載図書薔薇野獣
出版社東京創元社
刊行年月2003.10


作者アン・ビーティ

収載図書あなたが私を見つける所
出版社草思社
刊行年月1990.4


雪―三好達治

作者神淳

収載図書詩の由来 永訣の朝
出版社鳥影社
刊行年月1998.12


作者魯迅

収載図書魯迅文集 2
出版社筑摩書房
刊行年月1991.4
シリーズ名ちくま文庫


作者森瑤子

収載図書ベッドおとぎばなし PART2
出版社文芸春秋
刊行年月1992.9
シリーズ名文春文庫


作者大庭みな子

収載図書
出版社福武書店
刊行年月1993.7

収載図書文学1994
出版社講談社
刊行年月1994.4


作者内田百閒

収載図書旅順入城式
出版社福武書店
刊行年月1994.3
シリーズ名福武文庫


作者ジェイン・アン・フィリップス

収載図書ブラックチケッツ
出版社彩流社
刊行年月1994.5
シリーズ名現代アメリカ文学叢書


読み方:ユキyuki

空中水蒸気氷点以下に達し結晶して降るもの

季節

分類 天文


読み方
すすぎ
すず

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/05 13:39 UTC 版)

(ゆき、: snow)とは、大気中の水蒸気から生成される結晶から落下してくる天気のこと。また、その氷晶単体である雪片(せっぺん、snowflake)、および降り積もった状態である積雪(せきせつ、snowpack等)のことを指す場合もある。後者と区別するために、はじめの用法に限って降雪(こうせつ、snowfall)と呼び分ける場合がある[1]




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 例えば、イヌクティトゥット語版ウィキペディアでは「雪」の項目は「ᐊᐳᑦ/aput」=「雪(一般的用法)」というタイトルが付けられている。
  2. ^ 日本の雪祭りは、現代では北海道の札幌市および旭川市長野県飯山市新潟県十日町市等で開催される。日本以外の地域の場合、「冬祭り」「氷祭り」「雪祭り」はあまり区別されていない。
  3. ^ 経済産業省北海道経済産業局『平成18年度北海道電力需給実績(確報)[リンク切れ]』「【表-1】総需要電力量(用途別・月別) (PDF) [リンク切れ]」「【表-3】総発電電力量(事業用+自家用)実績 (PDF) [リンク切れ]」(2008年1月18日)によれば、北海道の総需要電力量は、2007年(平成18年)7月は2,881,538千kWhであるのに対して、2008年(平成19年)1月は3,701,289千kWhであり、夏より冬のほうが電力需要が多いことが分かる。また、2007年7月の北海道の水力発電電力量は554,858千kWhであるのに対し、2008年1月は359,156千kWhであり、夏より冬のほうが水力発電電力量が少ないことが分かる。

出典

  1. ^ a b 雪の研究室、雪片”. 北海道雪プロジェクト. 2009年7月22日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ a b 気象庁(1998年)『気象観測の手引き]』
  3. ^ 天気記号表”. 過去の気象データ検索 利用される方へ. 気象庁. 2012年12月2日閲覧。
  4. ^ 天気図の記号って何種類あるのですか? それと、どんなのがあるのですか?”. はれるんライブラリー 質問一覧. 気象庁. 2012年12月2日閲覧。 天気図記号の例 (PDF)”. 2012年12月2日閲覧。
  5. ^ snow grains[リンク切れ] AMS Glossaly
  6. ^ a b c d 気象庁 予報用語 降水
  7. ^ 王子製紙 (1938年). “紙業提要”. Google Books. 2013年9月23日閲覧。 [要ページ番号]
  8. ^ 第二部大気と海の科学 3-6 空気中の水蒸気 山賀進
  9. ^ 〜こんにちは!気象庁です!平成21年1月号〜[リンク切れ] 気象庁
  10. ^ 大気中における雪片の融解現象に関する研究 気象研究所技術報告第8号、1984年3月。2章p.19-p.20に輪島、松本、日光各地のデータに基づく相対湿度と地上気温を軸にとった雨雪判別図が、同章p.15に回帰分析によって得られた近似式が掲載されている。上に挙げた二式はともに松本のもの。
  11. ^ 最新気象学のキホンがよ〜くわかる本[要ページ番号]
  12. ^ 一般気象学[要ページ番号]
  13. ^ 藤原滋水、青木輝夫「氷の色・雪の色 (PDF) 」 、『天気』第40巻第3号、日本気象学会、1993年3月、 1-2頁、2012年12月3日閲覧。
  14. ^ 黄砂問題検討会中間報告書”. 大気環境・自動車対策 黄砂問題検討会報告書集. 環境省 (2004年9月). 2012年12月3日閲覧。 [要文献特定詳細情報]
  15. ^ Russia probes smelly orange snow』BBC News, 2007年2月2日
  16. ^ 雨や雪について”. よくある質問集. 気象庁. 2016年2月23日閲覧。
  17. ^ 播磨屋敏生、松尾敬世、永田雅、藤吉康志「1992年度日本気象学会秋季大会スペシャル・セッション「雪」の報告 (PDF) 」 、『天気』第40巻第6号、日本気象学会、1993年6月、 pp.417-420、2012年12月3日閲覧。
  18. ^ Buffalo Lake Effect Page”. National Weather Service(アメリカ国立気象局 (2012年3月2日). 2012年12月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年12月3日閲覧。
  19. ^ Jeff Haby. “Lake effect forecasting”. theweatherprediction.com. 2012年12月3日閲覧。
  20. ^ “(風のまにまに 南会津雑記:4)只見のブナ原生林 自然首都の誇り 岡村健/福島県”. 朝日新聞デジタル(asahi.com) (朝日新聞社). (2008年5月23日). http://www.asahi.com/shimbun/nie/tenkai/kankyo4d.html 2012年5月26日閲覧。 
  21. ^ 岩槻邦男 (2003年5月26日). “世界自然遺産候補地に関する検討会について (PDF)”. (公式ウェブサイト). 世界自然遺産候補地に関する検討会. 2012年5月26日閲覧。
  22. ^ 篠田昭 『新潟力 - 歴史から浮かぶ政令市像』 新潟日報事業社、2004年9月ISBN 978-4-86132-063-7 [要ページ番号]
  23. ^ 『近畿農政局』の『農村振興』の『農業・農村の整備』の『管内国営事業(務)所のご案内』の『国営新湖北農業水利事業』の『湖北平野の自然』”. 2010年12月7日閲覧。
  24. ^ 『北越雪譜』 鈴木牧之編撰〈岩波文庫〉、1996年 [要文献特定詳細情報]



出典:『Wiktionary』 (2012/02/22 19:04 UTC 版)

発音

名詞

  1. 気象天候
    1. 気象現象で、水蒸気空中結晶し、地上まで降りたもの。またそれが地上において溶けずに堆積したもの
    2. 語義1が降る天候
  2. 表現
    1. 白い色や白い物例え)。
      のように白い」
    2. 欠氷かきごおりのこと。
    3. タラ別称

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.





雪と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

雪に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「雪」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

瀬波温泉海水浴場

キャップ

LIGHTNING SUPERTT XB12STT

足摺宇和海国立公園

釜ヶ渕堰堤

815T PB

訓練支援艦「くろべ」型

クレーン





雪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
気象庁気象庁
©2016 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
日本音楽国際交流会日本音楽国際交流会
Copyrigrht for The Association for Intenational Exchange of JapaneseMusic
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの雪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2016 Weblio RSS