BMXとは?

BMX(バイシクルモトクロス)

歴史と沿革

1970年代初頭アメリカ西海岸中心に始まったとされているBMX。子どもたちオートバイのモトクロススターに憧れ20インチ自転車乗り回していたことが競技原点とされています。5歳ほどの子どもから大人までが、同じコース使用して楽しめる世代を超えたコミュニケーションスポーツとしての側面も持っています。

BMX発祥の地アメリカでは、競技人口増えるにつれて組織化されたレースへの要望が高まっていきます。カリフォルニア中心にレースが行われはじめ、その後、すぐに全米へと広まり、現在行われているBMXレースとなりました。1974年全米のBMXレース管轄するNBA全米BMX協会)が発足1978年には世界初屋内コースでの世界選手権開催されています。

日本をはじめ、全世界へと認知されたのは、1982年公開映画ET」の中で、少年たちがBMXに乗っていたことがきっかけのひとつです。2008年北京オリンピックより正式種目となり、全世界人気のサイクルスポーツとなっています。


競技種目も多彩です。レースから派生したフリースタイル競技人気が高く、街なかの形状したパーク行われるストリートや、ハーフパイプで行うヴァート平地でBMXを自在に操るフラットランドなどの種目があります

日本では、1984年全日本BMX連盟発足しています。1989年オーストラリア開催された世界選手権初めて3名の選手派遣して以降これまでに、年齢クラスで4名の世界チャンピオン誕生しています。トップカテゴリーにおいてもアジア選手権制するなど、有望な選手を擁しています。またフリースタイル競技でも世界レベル大会優勝を飾る選手多く存在しています。世界的人気のBMXレースですが、国内での競技人口は現在、数千程度推計され、まだまだ伸びしろ期待されるスポーツです。


競技方法




BMXレース車輪直径20インチもしくは24インチ専用自転車で、全長300400m専用コース行われます。タイムではなく順位で争われる競技で、高度なテクニックバランス感覚、他のライダーとの駆け引きなどが要求されます。スタートヒルと呼ばれるスタート台から横一列8人の一斉スタートで争われるさまは圧巻です。

コース途中設けられた、形状異な大小ジャンプ台や、バーム呼ばれるコーナーなど数々障害物を、コントロールしながら走り抜けます。わずか30程度競技時間ながら、手に汗握る熱戦繰り広げられます。性別年齢技量合わせカテゴリー設定されるため、初級者でも気軽にレース参加することができます

トップカテゴリーにおける主流スーパークロス呼ばれる競技で、高さ8mのスタートヒルから巨大ジャンプ台バーム設置されたコース使用します。オリンピックでもスーパークロスコースが使われており、観客がより楽しめる内容となっています。


ルール


最大8人の一斉スタート順位を競います。予選は3回走った合計順位決定し、勝ち抜いた選手により、トーナメント形式勝者決定します。

*より詳しい競技説明ルールレース情報等については協会ホームページご参照ください


道具、コートなどの説明

300400m周回なしの専用コース使用します。コース内にはジャンプバームなどの障害物設置されます。


専用自転車使用し、車輪の径は20インチもしくは24インチですが、子ども用に18インチ車両あります主流20インチで、24インチは「クルーザー」と呼ばれ、安定性が高いことから、年齢層の高い大人人気あります。同じ20インチ車両でも、フレームサイズライダー体格合わせて異なります。スピードコントロールが主な役目ブレーキ後輪にのみ取り付けられます。



BMX

バイシクル モトクロス
オートバイモトクロス自転車で行うために作られた車種またはその競技のこと。変速機はなく、タイヤは主に20インチ小さいのが特徴
ジャンプウィリーなどにのハード使用耐えるよう、軽さと対衝撃性を持たせ設計となっている。
BMX

BMX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/02 01:35 UTC 版)

BMX(ビーエムエックス)は、20インチ径ホイールを持つ競技用自転車。また、それに乗って行う競技(ワールドカップ・BMXレースはオリンピックなど) を


  1. ^ 映画で使用されたバイクは、全て大阪の桑原商会(現KUWAHARA BIKE WORKS社)の製品。当時アメリカではクワハラワークスチームが大活躍しており、出演者の子供たちにどのバイクに乗りたいかとスピルバーグが聞いたところ、「KUWAHARA」との返答があったといわれている(東洋経済新報社刊・野崎剛『銀輪の巨人』P151)。なお劇中でのBMXスタントは、ボブ・ハロを始めとする当時のスーパースター達が演じている。大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンにはE.T.BMXのレプリカが展示されている。(厳密にはE.T.のグッズが売られている店内にディスプレイの1部として)
  2. ^ 道路交通法(昭和三十五年六月二十五日法律第百五号)第六十三条の九第一項および道路交通法施行規則(昭和三十五年十二月三日総理府令第六十号)第九条の三 法令データ提供システム/総務省行政管理局







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

BMXに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「BMX」の関連用語

BMXのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ダンススポーツ

タイコ

エアースポーツシューティング

アイシスドライブ

ターゲット・バードゴルフ

ケーブルカッター

BMX

BMX





BMXのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2016 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
Be.BIKEBe.BIKE
Copyright(C) 2001- 2016 CAR MATE MFG.CO.,LTD. All Rights Reserved.
Be.BIKE自転車用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのBMX (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS