オブジェクトとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > オブジェクトの意味・解説 

オブジェクト

【英】object

オブジェクトとは、操作対象となっているデータ、または、オブジェクト指向考え方においてプログラムが扱う対象のことである。

オブジェクトは、いわゆる物体」や「対象」といった意味であるが、現実世界存在する事象概念を指す場合もあるし、そうした事象概念モデルとして再現したものや、さらには現実世界には存在せずにモデル上のみに存在する何物かを指すこともある。

Microsoft Officeアプリケーションでは、文書挿入できる図表ワードアートなどがオブジェクトと呼ばれている。しかしIT用語としてオブジェクトと言った場合には、オブジェクト指向とりわけオブジェクト指向プログラミングについて言及されていることがほとんどである。

オブジェクト指向プログラミングにおけるオブジェクトとは、データ属性)と機能手続き)をひとかたまりにした実体のことである。オブジェクトは、集合としての実体である「クラス」と、個としての実体である「インスタンス」という形で捉えることができる。

オブジェクト指向プログラミングでは、既存のオブジェクトを再利用したり、新たに作成したオブジェクトを組み合わせて、オブジェクト間でメッセージ情報)をやり取りすることで処理を実行させる。オブジェクトを利用して形でプログラム作成していくことで、プログラマ個々のオブジェクトの内部構造動作原理詳細知らなくても、その機能利用できる。同時にプログラム再利用が容易になるため、ソフトウェア開発生産性飛躍的に向上するといわれている。

なお、オブジェクトやクラスインスタンス概念や定義は、オブジェクト指向言語種類によってニュアンス異なっていることがあり、必ずしも定説になっているとは限らないため、注意要する

パソコン向けのオペレーティングシステムOS)の世界では、IBMOS/2でオブジェクトの概念いち早く導入され、アイコンフォルダデータファイルデバイスウィンドウプログラムなど、ユーザ操作対象となるものがすべてオブジェクトとして扱われた。OS/2GUIは、当時競合であったWindows 95Mac OS見かけ上の大きな違いはなかったが、内部的には、オブジェクト指向によってユーザーが容易にカスタマイズできるという特徴備えていた。

プログラミングのほかの用語一覧
オブジェクト指向:  インスタンス化  インターフェース型  インスタンス  オブジェクト  オブジェクト指向  オーバーライド  CORBA

オブジェクト

英語 object

3次元モデル作成に必要なすべての形状要素をいう。線、面、それを構成する自由曲線など。カーデザインモデリングではコンピユーター内のモデルデータ量も大きくなるため、通常モデリング作業をしやすくするレイヤー機能を使う。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

オブジェクト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/08/23 17:34 UTC 版)

オブジェクト (Object)




「オブジェクト」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

オブジェクトに関連した本

「オブジェクト」に関係したコラム

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「オブジェクト」の関連用語

オブジェクトのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

iOS 7

セフィーロ&セフィーロワゴン

AQUOS R

アルミモノコック

ターマック

P-05D

ランドクルーザー

Kinect





オブジェクトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリオブジェクトの記事を利用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオブジェクト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのオブジェクト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS