データベースとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > コンピュータ > データベース > データベースの意味・解説 

データベース [4] 【database】

コンピューターで,相互に関連するデータ整理統合し,検索しやすくしたファイル。また,このようなファイル共用を可能にするシステムDB

DB

〖database〗
データ-ベース

データベース

【英】database

コンピュータ用語。必要な時アクセスできるように共通のプール(あるいはダム)としての大容量記憶装置保存されているデータ集合アプリケーションはデータベースをつくる時につくられるのではなく、どんなアプリケーションにも適合できるようにデータ・プールが使えるような設計思想データプログラム分離して、アプリケーション適用業務)を実行する。事前に業務別にデータプログラム設計してしまう伝統的ファイルシステムとは異なる。データベースはレコードフィールド分かれている。例えば、顧客データベースでは、レコードはある一人顧客すべての情報であり、フィールドはその顧客の名前とか住所どのひとつを指す言葉である。フィールド属性ということが多い。データベースのベースは、武器弾薬ベースキャンプからきている言葉同義語に、データウエアハウスがある。データウエアハウスという用語はデータ倉庫ウエアハウス)という意味が由来顧客データ取り扱う目的は、マーケティングであり、マーケティングそのものは、財務管理給与計算のように一定のルールがあるわけではなく時流あわせてデータ分析されるので、データベースが必須条件になる。マーケティング情報システムマーケティング・データベース表現されている。データベース・マーケティング区分して表現する用語。

データベース

【英】datebase

多目的活用することが可能なデータ集合。データベースには二種類あり、ひとつはリファレンス・データベースで、原情報圧縮したり、一層詳細情報参照させたりするもの。もうひとつはソース・データベース、もしくはデータバンク呼ばれるもので、直接活用できるデータ集積である。

テクニカルエンジニア(データベース)

資格区分 国家資格
資格概要取得方法 データベースシステムとは、さまざまな情報データ化して一元管理するとともにネットワーク通じて複数ユーザーがそれらの情報検索できるシステムです。情報処理技術者テクニカルエンジニア(データベース)は、データベースを計画設計構築運用管理する上で必要なスキルを持つことを認定する資格です。 企業内でデータベースを活用するケース多岐渡ります。例えば、社内集められた情報企業意思決定経営戦略役立てたり、あるいは顧客情報蓄積して整理分析するといったマーケティング面にも利用されています。 またインターネット普及したことで、広く一般にデータベースを提供するサービス拡大しています。ニュース辞書類に掲載されている内容書籍雑誌鉄道時刻地図情報などさまざまです。 データベースの利用方法多種多様化する中、この資格を生かす場も大きく広がっていくことでしょう
受験資格 制限なし
受験料 5100円(税込み
合格率 7.6%(2005年春期
試験日程 年1回実施4月3日曜日春期試験
試験会場 全国主要都市実施
問い合わせ先 情報処理技術者試験センター( http://www.jitec.jp/)

データベース

【英】:database

多種多様さまざまなデータ分類整理加工して蓄積した後、追加更新検索を容易にしたデータ集積のことで、それを情報として利用することを指す。
 フランチャイズ・ビジネスでは、コンビニエンス・ストアーPOSシステム商品データリサイクル中古品チェーン買取価格販売価格データサービス業フランチャイズ顧客データ等がこれにあたる。このデータベースの仕組とハードウエアーはフランチャイズ・パッケージ中核をなしている。平成17年4月に「個人情報保護法」が施行され、過去ヶ月内に利用している個人情報が5、000件以上の事業者は、次のことを守る義務課せられることになった。1.個人情報入手するときには使用目的本人へはっきりと示し目的から外れ利用本人同意を得る。2.個人情報漏洩ないように、従業員委託業者をしっかり監督する。3.本人から開示要求があった時には、これに応じなければならない。また情報事実異な時には訂正削除に応じなければならない

データベース

【英】database, DB

データベースとは、大量データ一定の規則に従って蓄積し、一元的管理できるようにしたもののことである。

データベースを構築することによって、データ重複散逸防ぎ、ある項目に着目して特定のデータのみを取り出すといった、効率的データ利用が可能になる。簡単な住所録のようなものから、ファイルシステムまで、様々なものがデータベースに該当する。

データベースの中でも一つデータカラム(列)とレコード(行)によって整理し、テーブル(表)の中に配置した形式のデータベースはリレーショナルデータベースRDB)と呼ばれ、近年主流のデータベース形式となっている。リレーショナルデータベースの他にも、データデータの手続き一体化して(オブジェクトとして)扱うオブジェクトデータベースや、XML文書格納しデータベースとして活用するXMLデータベースなどがある。

データベース内のデータ操作保守管理は、データベース管理システムDBMS)によって行われるリレーショナルデータベース場合は特にリレーショナルデータベース管理システムRDBMS)と呼ばれている。

データベース管理システム代表的なものには以下のものを挙げることができる。リレーショナルデータベース管理システムとしては、Oracle社のOracleMicrosoft社のSQL ServerOSSとして配布されているMySQLPostgreSQLなどがある。オブジェクトデータベース管理システムとしてはCachéやObjectStoreが、XMLデータベース管理システムとしてはNeoCoreXMSThe Apache Software FoundationのXindiceなどがある。


参照リンク
Oracle
Microsoft SQL Server
MySQL
PostgreSQL
Caché
NeoCoreXMS
Xindice - (英文
ソフトウェアのほかの用語一覧
データベース:  シソーラス  多次元OLAP  データウェアハウス  データベース  データベース言語  抽出  xBase

データ・ベース

読み方でーた べーす
【英】: data base

いろいろなデータ相互関連付け行いコンピューター記憶装置蓄積してあるデータ効率良く検索することにより、引き続き実行されるデータ処理プログラムデータ円滑に受け渡すために設計されたシステムをデータ・ベースと呼ぶ。したがってデータ・ベースは、データ単なる体系的蓄積のみを目的とするデータ・バンク・システムとは区別して考えなければならない石油探鉱分野においても、探鉱理論発達とともに地質物理探鉱坑井などあらゆるデータ総合する必要が生じたことから,これらの資料効率良く運用するデータ・ベースの開発が、近年随所見受けられるようになった

データベース

読み方でーたべーす
【英】:database

階層型・関係型・オブジェクト指向などのデータモデル基づいて組織的収集されたデータは, スキーマ基づいて蓄積される. データベースシステムは, 蓄積された大量データ効率良く検索するためのインデックスや, データ共有のためのロック機構などを提供する. データ型によって文書データベース, マルチメディアデータベースなどがある. なお, 演繹データベースやアクティブデータベースの研究は, 知識処理と密接な関係をもつ.


データベース

同義/類義語:データバンク
英訳・(英)同義/類義語:database, , Databases

データ一定のルールに従って集積し、利用できるようにしたもの

データベース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/24 15:16 UTC 版)

データベース: database, DB)とは、検索や蓄積が容易にできるよう整理された情報の集まり。 通常はコンピュータによって実現されたものを指すが、紙の住所録などをデータベースと呼ぶ場合もある。 狭義には、データベース管理システム (Database Management System, DBMS) またはそれが扱う対象のことをいう。




  1. ^ Derivability, Redundancy and Consistency of Relations Stored in Large Data Banks. IBM Research Report, San Jose, California RJ599: (1969)


「データベース」の続きの解説一覧

データベース

出典:『Wiktionary』 (2011/07/12 01:02 UTC 版)

名詞

データ ベース

  1. 学校企業体、行政機関などで、相互関連する各種データ蓄積したもの、特にコンピューターファイルデータ検索・多目的効率的な利用容易したものデータベース管理システム DBMS)をいう。

語源

関連語






データベースと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「データベース」の関連用語

データベースのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Touch Pro

拡掘

コーニング

Windows 8.1 Update

超解像

ボランズ方式

USBメモリ

原油供給価格





データベースのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2016by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2016by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
フジスタッフフジスタッフ
Copyright © Fuji Staff, Inc. All rights reserved.
フジスタッフ資格大辞典
フランチャイジングJPフランチャイジングJP
Copyright(C)1999-2016 franchising.jp All rights reserved
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリデータベースの記事を利用しております。
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2016 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2016 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2016 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのデータベース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのデータベース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS