著作権とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 権利 > 権利 > 著作権の意味・解説 

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。


著作権(ちょさくけん)


著作物著作者が持つ、著作者人格権著作財産権総称である。著作権は、著作物創作によって発生するので、権利を得るため、特許権商標権のように出願を行って審査を経る必要がない

著作者人格権としては、公表権氏名表示権同一性保持権がある。著作財産権としては、複製権貸与権翻訳権翻案権等がある。これら権利侵害に対しては、損害賠償請求差止請求を行うことができる。 保護期間は、著作者存命中および死後50年であるが、会社名義で公表された著作物については、公表から50年である。

保護対象となる著作物は、小説脚本論文講演等の言語の著作物音楽著作物舞踏等の著作物絵画等の美術の著作物建築著作物地図図形の著作物映画の著作物写真の著作物プログラムの著作物などが例示されている。


著作権

読み方ちょさくけん
【英】 copyright, author's right 【独】 Urheberrecht 【仏】 droit d'auteur

広義には著作者人格権を含めた権利をいうが,狭義には「著作財産権財産権としての著作権)」を意味し,著作者がその創作係る著作物独占的支配して財産利益を受ける権利をいう。その内容は,著作物利用態様によって,それぞれ支分権として著作権法規定されている(著21条以下)。旧著作権法制定に携わった水野錬太郎による造語author's right の訳)とされ,現在,中国韓国においてもこの語が用いられている。

(注:この情報2007年11月現在のものです)

著作権

読み方ちょさくけん
【英】copyright

著作権とは、書物音楽映像などの著作物について、作者以外の者が無断利用することを防ぎ作者排他的独占的利益を受けられるようにするための権利のことである。

著作物は、創作された時点から権利発生し、著作者死後50年まで保護される。ただし、会社名義で公表された著作物については、権利保護期間は、公表から50年となっている。なお、日本では、第二次世界大戦中に著作権保護対象であった著作物について保護期間最大10年程度延長する戦時加算制度適用されている。

著作権は、著作者人格価値保護する著作者人格権と、財産的な利益保護する著作財産権分類できる。著作者人格権は、著作者名誉権ととらえられ、公表権氏名表示権同一性保持権の3つがある。著作権は、譲渡したり、相続したりすることは認められておらず、著作者のみに与えられる権利である。著作財産権には、複製権貸与権翻訳権翻案権などがあり、譲渡したり相続したりすることが可能である。

著作権を侵害された場合は、侵害者を裁判所提訴し、損害賠償請求差止請求を行うことができる。


著作権

「著作権(Copyright)」とは、「知的所有権」と呼ばれる権利1つで、財産的な利益保護し、著作権者以外の人物著作物利用ようとする時に許諾したり、禁止したりできる権利である。
著作権法では著作物を「思想または感情創作的に表現したものであって文芸学術美術、または音楽範囲属する」(著作権法第2条第1項)と定めている。「著作権」には、複製権上演権放送権、口術展示権上映権貸与権翻訳権二次的著作物の利用権などがある。

著作権

読み方ちょさくけん
【英】:copyright

文芸作品ソフトウェアなどの著作物に対して与えられる権利のこと. 著作物発表されると同時にこの権利発生し, 以後60年わたって著作権法によって保護される. ただし, この権利著作物の「表現」のみを対象とするもので, その中に含まれるアイディア」には及ばないこのため最近になって, 特許法によってソフトウェアの「アイディア」を保護する動きが強まっている.


著作権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/15 05:26 UTC 版)

著作権(ちょさくけん)は、言語音楽絵画建築図形映画写真コンピュータプログラムなどの表現形式によって自らの思想・感情を創作的に表現した著作物を排他的に支配する財産的な権利である。著作権は特許権商標権にならぶ知的財産権の一つとして位置づけられている。




  1. ^  東京地方裁判所判決 2007年03月17日 、平成8(ワ)9325
  2. ^  大阪地方裁判所判決 平成16年11月4日 、平成15(ワ)6252
  3. ^  大阪高等裁判所判決 平成17年4月28日 、平成16(ネ)3684
  4. ^ 『著作権とは何か』 51頁。
  5. ^ 2011年12月8日 MSN産経ニュース 北朝鮮の作品に著作権保護義務なし 最高裁判決
  6. ^ 最高裁判所第一小法廷判決 2011年12月08日 、平成21(受)602、『著作権侵害差止等請求事件』。
  7. ^ WIPO-Administered Treaties WIPO Bodies > Assembly (Berne Union)
  8. ^  大阪高等裁判所判決 2007年10月02日 、平成19(ネ)713、『著作権に基づく差止請求権不存在確認請求控訴事件,同附帯控訴事件』。
  9. ^ a b 『著作権とは何か』 113頁。
  10. ^ もっとも、この時代は著作権の対象は書籍だけで、音楽などは対象外であり、モーツァルトも盛んに盗作【既存の音楽の再利用、改変】を行っていた。
  11. ^ 『著作権とは何か』 111-112頁。
  12. ^ 『著作権とは何か』 112-118・199-207頁。
  13. ^ 『著作権とは何か』 127-129頁。
  14. ^ 『著作権とは何か』 131-132頁。
  15. ^ 『著作権とは何か』 133-134頁。
  16. ^ 『著作権とは何か』 194-199頁。
  17. ^ 『著作権とは何か』 137-138頁。
  18. ^ 日本の著作権法に独特の規定。
  19. ^ a b 『著作権とは何か』 123頁。
  20. ^ 例えばITmediaコラム『「ソフトを購入する」ということ』(萩原栄幸)に示されたユーザーの事例のように、対価を支払ってソフトウェアメディアを購入、「使用する権利」を手に入れたことを拡大解釈、そのソフトをどう扱おうと問題にならないと認識するエンドユーザーも見られるところである
  21. ^ 『著作権とは何か』 123・176-177頁。
  22. ^ 平成14年04月25日最高裁判所第一小法廷判決、民集第56巻4号808頁
  23. ^ 著作隣接権 - 文化庁
  24. ^ 書籍スキャン代行業者を提訴=著名作家7人が差し止め請求-東京地裁
  25. ^ 自公、出版業界と懇談 「自炊」代行業者提訴などで
  26. ^ 赤松健 なぜ出版社は「著作隣接権」が欲しいのか
  27. ^ 最高裁昭和59年1月20日第2小法廷・別冊ジュリスト著作権判例百選第3版No.157 4頁







著作権と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

著作権に関連した本

著作権に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「著作権」の関連用語

著作権のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




著作権のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
古谷国際特許事務所古谷国際特許事務所
(C)1992-2014 FURUTANI PATENT OFFICE
www.sekidou.comwww.sekidou.com
© 1996-2014 Sekidou Kousuke.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2014 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ著作権の記事を利用しております。
アヴィスアヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2014 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの著作権 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS