ソースコードとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 時事用語 > ソースコードの意味・解説 

ソースコード(そーすこーど)(yen loan)

コンピュータプログラム記述したテキストファイル

基本ソフトOS)やアプリケーションソフトなどのコンピュータプログラム開発するにあたって、その動作のすべてを記述したもの通常人間読み書きできるテキストファイル形式保存される。

ソースコードで使われる言語人間には意味が分かるが、コンピュータそのままでは理解することができない。そこで、ソースコードを機械語翻訳して、コンピュータ理解できる形式変換したものOSアプリケーションソフトとして配布される。

一般に機械語人間にとって解読不可能であるため、開発者がソースコードを公開しない限りコンピュータプログラム詳細設計図を知ることはできない最近では、ソースコードを公開しないマイクロソフト開発手法に対して、ソースコードを公開するリナックスなどの「オープンソース」と呼ばれる開発手法広がり見せている。

マイクロソフトOSウィンドウズ」のソースコードが、厳重に管理されているにもかかわらずインターネット流出していることが明らかになった。マイクロソフトからソースコードが提供される特別な契約を結び、アプリケーションソフト開発していた会社関与が疑われている。

(2004.02.16掲載


ソース・コード


ソースコード

【英】:source code

実行コードの元(ソース)となるプログラムのこと。コンピュータ直接実行できるのは、数値連なりからなる機械語だけであり、実行コード一般に機械語構成される。しかし機械語人間にとって分かりにくく、作成保守難しい。そのため、より人間理解しやすい形式プログラム記述し、それをソフトウェアで処理して機械語翻訳する開発方式一般に採用される。この人間に理解しやすい形式記述されたプログラムがソースコードである。
ソースコードがあれば、プログラム動作理解したり、再利用改良加えるなどの作業が容易になる。ソースコードを広く公開し、さらに改変や再配布許可するなどの一定の要件備えソフトウェアを「オープンソースソフトウェア」と呼ぶ。オープンソースソフトウェアについては、Open Source InitiativeOSI)という非営利団体が定義を設けている。
関連見出し
オープンソースソフトウェア
フリーソフト
関連URL
Open Source Initiative(http://www.opensource.org/)

ソースコード

別名:ソースプログラム
【英】source code, source program

ソースコードとは、計算機動作させる実行形式プログラムの元となる、プログラミング言語記述仕様に従って記述された文書のことである。

計算機は、機械語呼ばれる中央処理装置直接解釈できる命令実行することによって動作する。しかし、人間にとって、機械語を扱うことは非常に難しい。そのためプログラミング言語用いてソースコードの命令記述し、そのソースコードを機械語で書かれた実行形式プログラム変換してから計算機与える、という手順がとられている。

プログラムは、多く場合コンパイル経て生成されたネイティブ機械語の状態で実行される。コンパイルされる前のソースコードはテキスト形式データであり、テキストエディタなどで読むことができるが、実行形式プログラムバイナリ形式であり、テキストエディタなどでは読むことができないまた、コンパイルを経る手順の他にも、ソースコードを逐次機械語変換しながら実行するインタープリタ形式呼ばれる場合がある。インタープリタ形式は、インタープリタ型言語呼ばれる種類プログラミング言語において用いられる形式である。この場合は、実行形のプログラムがすなわちソースコードであるということになる。

あるアプリケーションプログラム構成するソースコードは、通常は、モジュールごとに複数テキストファイル分割されている。個々ファイルにおいて記述されるプログラムコードは、使用するプログラミング言語に応じて区別され、それぞれのプログラミング言語規定する文法に基づく命令文などが記述されている。文法通り記述されているソースコードは、それぞれの言語ごとに用意されているコンパイラインタープリタによって処理される。ソースコードがコンパイルされると、ネイティブ機械語オブジェクトコード)が出力され、リンカによって実行ファイル変換される。

商品として有償で提供されているソフトウェア多くは、利益を逸しないためなどの理由で、ソフトウェア改変複製不可能な状態で提供されている。このようなソフトウェアプロプライエタリソフトウェア呼ばれるが、その多くは、ソースコードを提供せず機械語で書かれた実行形式プログラムだけを配布することで複製などを不可能にしている。

プロプライエタリソフトウェアとは逆にプログラム誰でも利用したり改変改良加えたりできるように、ソースコードが敢えて公開されているソフトウェアは、オープンソースソフトウェアOSS)と呼ばれている。

また、Webページ構造記述しているHTMLXHTMLなどの文書のソースコードについては、Webブラウザ機能を用いたりファイルダウンロードしたりすることで簡単に見ることができる。

ソースコードは、プログラム直接的な元となる文書であり、人間によって改良変更などの手加えられる重要な文書である。そのため、ソースコードの可読性が高いことが重要視されている。可読性向上させるための約束事は、コーディング規約などと呼ばれており、それぞれの組織プロジェクトごとにあらかじめ設定される。プログラミング言語種類によってもコーディング規約内容異なるが、コーディング規約として示される具体的な例としては、インデントの用い方をはじめ、変数関数名、クラス名の命名方法、あるいは括弧使い方、といった事項がある。なお、コーディング規約包含するより広義コーディングのやり方を、プログラミング作法と呼ぶ場合もある。

産業・技術のほかの用語一覧
知的財産:  マジコン  ネットワークプロテクト  ライセンス  新規IP  ソースコード  知的財産権  ドングル

ソースコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/01/17 19:03 UTC 版)

ソースコード(Source code、ソースプログラム原始プログラム)とは、人間が記述した、ソフトウェアコンピュータプログラム)の元となる一連の文字の羅列である。


  1. ^ 過去にはコーダーと呼ばれた時もある。
  2. ^ 過去にはソースコードと機械語の間に中間言語と呼ばれる中間生成ファイルが存在する言語処理系があったが、21世紀現在では人間が意識することはなくなっている。
  3. ^ 但し、ウェブサイト作成に使われるHTMLや、CSSJavaScriptなどのウェブページのソースは、現在開いているウェブページの一部もしくはすべてを誰でも見ることが可能である。
  4. ^ オープンソース支持者の考えでは、例えば有用なソフトウェアの場合、ソースコードを公開すると直ちに世界中のソフトウェア開発者が興味を引かれてソースコードを読み漁るので、重要なバグは直ちに修正される。足りない機能は直ちに追加される。レイモンドはこのことを論文「伽藍とバザール」の中で「目玉の数さえ十分あれば、 どんなバグも深刻ではない」[1]と言い表した。これはLinuxのような成功したオープンソースプロジェクトに共通する性質である。
  5. ^ 軍用機の例では日本の国産戦闘機開発計画FS-Xの交渉に際して、原型となった戦闘機F-16の飛行制御用ソースコードの供与の可否が米国で問題となり、否決された。その結果、FS-Xの飛行制御用プログラムは、F-16用のプログラムを参考にすることなく、全く独自で開発されている。


「ソースコード」の続きの解説一覧

ソースコード

出典:『Wiktionary』 (2010/02/05 21:01 UTC 版)

ソース コード

語源

名詞

  1. プログラミング言語において記述されたもので、CPU直接実行できる言語変換(コンパイル)される前の状態。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ソースコードに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ソースコード」の関連用語

ソースコードのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

マイクロフォーサーズシステム

iPhone 3GS

LEVI SOUND

デュアルポインタマウス

Optimus chat

L-06D JOJO

パソリンク

Optimus it L-05D





ソースコードのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2016 時事用語のABC All Rights Reserved.
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2016by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
OSS iPediaOSS iPedia
Copyright © Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2006-2016
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリソースコードの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのソースコード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのソースコード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS