XHTMLとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > XHTMLの意味・解説 

XHTML

フルスペル:Extensible HyperText Markup Language
読み方エックスエイチティーエムエル

XHTMLとは、マークアップ言語一種で、HTMLXML構文適合するように再定義した言語のことである。

XHTMLはHTMLの正式な後継規格として策定された規格で、Webページ記述言語として広く普及しているHTMLに、XMLの持つ柔軟さや拡張性持たせたものであるといえるそのためHTMLとほぼ同様の記述方法を用いながら、独自に指定したの要素追加することが可能となっている。それと同時にXMLの持つ厳密な記述法が要求されるようになっている例え属性の値は大文字でなく必ず小文字使用なくてはならず、終了タグ省略許容されていない。なお、HTMLではフォントサイズや色といったデザイン指定が可能であるが、XHTMLは文書構造指定特化しており、スタイルレイアウト指定はすべてCSSによって行われるようになっている

なお、携帯端末向けのXHTMLのサブセットとして、XHTML Basic勧告されている。XHTML Basicでは、XHTMLにおけるフレームや、テーブル入れ子といった高度な表現スクリプトファイルアップロードといった機能が省かれ、言語仕様軽量化が図られている。

XHTMLの最初バージョン2000年1月W3CWorld Wide Web Consortium)によって勧告された。2007年3月現在の最新バージョンはXHTML1.1で、目下XHTML2が策定中である。


参照リンク
XHTML2 Working Group Home Page - (英文
プログラミングのほかの用語一覧
XML:  VoiceXML  Webサービス  WSDL  XHTML  XLink  XML  XML Master:Professional

Extensible HyperText Markup Language

(XHTML から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/02/29 01:16 UTC 版)

Extensible HyperText Markup Language(エクステンシブル ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ)、略記・略称:XHTML (エックスエイチティーエムエル)は、SGMLで定義されていたHTMLXMLの文法で定義しなおしたマークアップ言語である。その仕様はHTMLと同じくW3Cによって勧告されている。




[ヘルプ]


「Extensible HyperText Markup Language」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「XHTML」の関連用語

XHTMLのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Windows 8.1 Pro

BlackBerry Bold

FMV LIFEBOOK GH

Microsoft Dynamics

Mac OS X Yosemite

AQUOS EVER SH-04G

LEVI SOUND

Samsung Notebook 9





XHTMLのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリXHTMLの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのExtensible HyperText Markup Language (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS