ノンホモ牛乳とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 飲料 > 牛乳 > ノンホモ牛乳の意味・解説 

ノンホモ牛乳


「ノンホモ牛乳」は、均質化をしていない牛乳のことです。 市販されている牛乳のほとんどは、牛乳消化吸収よくすることと、乳脂肪浮上、 即ちクリームラインの防止品質保持目的で、乳脂肪中の脂肪球を細かく砕き、 安定した状態にしており、これを均質化ホモジナイズ)といいます。
均質化をしていない「ノンホモ牛乳」は時間経過すると乳脂肪分(クリームライン)が浮上しますが、 これを特色としています。成分均質化したもの変わりありません。


ノンホモ牛乳

牛乳

(ノンホモ牛乳 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/14 07:17 UTC 版)

牛乳(ぎゅうにゅう、: milk)とは、ウシ乳汁である。ただし、牛乳と一口に言っても、生乳を指す場合や、これを原料として脂肪分増減したものや、乳糖を分解したものも含める場合もある。


  1. ^ ただし、仏教が生まれたインドには牛乳を飲用する習慣があり、他ならぬ釈迦自身が飲んでいたのであり、牛乳の飲用の忌避は、仏教に対する一種の誤解であると言える。
  2. ^ 例えば彦根藩の名物の牛肉味噌漬。山田浅右衛門家で生産された死体を原料する丸薬などが、例として挙げられる。現代でも残るものとしては、マムシを原料とした栄養ドリンクがある。
  1. ^ 文部科学省日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  2. ^ 厚生労働省 「日本人の食事摂取基準(2015年版)
  3. ^ USDA Food Composition Databases
  4. ^ 『タンパク質・アミノ酸の必要量 WHO/FAO/UNU合同専門協議会報告』日本アミノ酸学会監訳、医歯薬出版、2009年05月。ISBN 978-4263705681 邦訳元 Protein and amino acid requirements in human nutrition, Report of a Joint WHO/FAO/UNU Expert Consultation, 2007
  5. ^ USDA National Nutrient Database
  6. ^ 表にある通り、アメリカのデータでは、牛乳100g当たりのカルシウムの含有量は、113mgであるとされている。しかし、土壌などの関係で、日本では一般に単位重量当たりの食品に含まれるカルシウムの量も少ないとされる。日本の4訂食品成分表によれば、乳牛の種類による差、個体差、季節変動などがあり、その成分が一定していないことを断った上で、ホルスタインの牛乳100g当たりのカルシウムの含有量は、100mgであるとされている。このように、牛乳の場合も、日本産のものはカルシウムが少ない。つまり、産地によって含有成分が異なっているのである。
  7. ^ 北條(2015)、p.22
  8. ^ 北條(2015)、p.22
  9. ^ 兼平(2015)、p.133
  10. ^ 兼平(2015)、pp.27 - 28
  11. ^ 兼平(2015)、pp.130 - 133
  12. ^ 兼平(2015)、p.133
  13. ^ a b c Pasteurization (International Dairy Foods Association)
  14. ^ a b The UHT route to long-life planet”. Times Online. 2008年3月1日閲覧。
  15. ^ ペットボトルの牛乳なぜないの? ののちゃんのDO科学朝日新聞
  16. ^ イギリス、デンマーク、ギリシャなどでは低温殺菌が主流だが、ドイツ、フランス、ベルギー、スペイン、ポルトガルなど多くの国で超高温瞬間殺菌が圧倒的に多い(1993年データ EC Ag. Stats; National statistics)。
  17. ^ [1]
  18. ^ アメリカ小児科医アカデミー(The American Academy of Pediatricians) Cow's milk - infants Medical Encyclopedia, 2015-10-7
  19. ^ WHO | Exclusive breastfeeding”. Who.int (2011年1月15日). 2017年8月12日閲覧。
  20. ^ Scott FW (1995). “AAP recommendations on cow milk, soy, and early infant feeding”. Pediatrics 96 (3 Pt 1): 515–7. PMID 7651787. http://pediatrics.aappublications.org/content/96/3/515. 
  21. ^ a b c W. C. ウィレット、M. J. スタンファー 「ヘルシーな食事の新しい常識」『エイジング研究の最前線 心とからだの健康日経サイエンス編集部 編、日経サイエンス〈別冊日経サイエンス 147〉、2004年11月11日、116-125頁。ISBN 978-4-532-51147-0 Willett, Walter C.; Stampfer, Meir J. (2006). “Rebuilding the Food Pyramid”. Scientific American sp 16 (4): 12–21. doi:10.1038/scientificamerican1206-12sp. ISSN 1048-0943. 
  22. ^ a b c d e f g h Calcium: What’s Best for Your Bones and Health?”. ハーバード大学医学部公衆疫学部. 2017年8月12日閲覧。
  23. ^ Ganmaa D, Sato A (2005). “The possible role of female sex hormones in milk from pregnant cows in the development of breast, ovarian and corpus uteri cancers”. Med. Hypotheses 65 (6): 1028–37. doi:10.1016/j.mehy.2005.06.026. PMID 16125328. 
  24. ^ Larsson SC, Bergkvist L, Wolk A (2004). “Milk and lactose intakes and ovarian cancer risk in the Swedish Mammography Cohort”. Am. J. Clin. Nutr. 80 (5): 1353–7. PMID 15531686. http://ajcn.nutrition.org/content/80/5/1353.long. 
  25. ^ a b c 鈴木一郎 「牛乳を飲めない人のために-乳糖不耐症について-」 農林水産省畜産試験場、1993年7月。
  26. ^ 佐藤憲雄、五十嵐太乙 「『牛乳はこんなに身体に悪い』(新潮45 6月号)に対する農林水産省の申し入れについて」農林水産省、2001年5月23日。
  27. ^ a b “Milk, dietary calcium, and bone fractures in women: a 12-year prospective study”. Am J Public Health 87 (6): 992–7. (1997). PMC 1380936. PMID 9224182. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1380936/. 
  28. ^ Frassetto LA, Todd KM, Morris RC, Sebastian A (2000). “Worldwide incidence of hip fracture in elderly women: relation to consumption of animal and vegetable foods”. J. Gerontol. A Biol. Sci. Med. Sci. 55 (10): M585–92. PMID 11034231. 
  29. ^ Q 高温殺菌牛乳と低温殺菌牛乳を比較すると、栄養に差があるのか。 アーカイブ、原典はリンク切れ(農林水産省「消費者の部屋」、2002年)
  30. ^ 加工食品中の過酸化水素含有量(国立医薬品食品衛生研究所)
  31. ^ a b Macdonald LE, Brett J, Kelton D, Majowicz SE, Snedeker K, Sargeant JM (2011). “A systematic review and meta-analysis of the effects of pasteurization on milk vitamins, and evidence for raw milk consumption and other health-related outcomes”. J. Food Prot. 74 (11): 1814–32. doi:10.4315/0362-028X.JFP-10-269. PMID 22054181. 
  32. ^ Herzallah SM, Humeid MA, Al-Ismail KM (2005). “Effect of heating and processing methods of milk and dairy products on conjugated linoleic acid and trans fatty Acid isomer content”. J. Dairy Sci. 88 (4): 1301–10. doi:10.3168/jds.S0022-0302(05)72796-X. PMID 15778297. 
  33. ^ a b Tunick MH, Ren DX, Van Hekken DL, et al. (2016). “Effect of heat and homogenization on in vitro digestion of milk”. J. Dairy Sci. 99 (6): 4124–39. doi:10.3168/jds.2015-10474. PMID 27060826. 
  34. ^ Mary G. Enig(Know Your Fatsの著者でもある) Milk Homogenization and Heart Disease (A Campaign ofr Real Milk, December 13, 2003) ミルクのホモジナイズと心臓病
  35. ^ Qi PX, Ren D, Xiao Y, Tomasula PM (2015). “Effect of homogenization and pasteurization on the structure and stability of whey protein in milk”. J. Dairy Sci. 98 (5): 2884–97. doi:10.3168/jds.2014-8920. PMID 25704975. 
  36. ^ Van Hekken DL, Tunick MH, Ren DX, Tomasula PM (2017). “Comparing the effect of homogenization and heat processing on the properties and in vitro digestion of milk from organic and conventional dairy herds”. J. Dairy Sci. 100 (8): 6042–6052. doi:10.3168/jds.2016-12089. PMID 28624284. 
  37. ^ Calcium and Milk? (ハーバード大学医学部公衆疫学部)
  38. ^ 食べもの、栄養、運動とがん予防(日本語要約)世界がん研究基金米国がん研究機構
  39. ^ 乳製品、飽和脂肪酸、カルシウム摂取量と前立腺がんとの関連について―概要― PMID 18398033
  40. ^ ウォルター C. ウィレット 『太らない、病気にならない、おいしいダイエット-ハーバード大学公式ダイエットガイド』 光文社、2003年5月。239頁。ISBN 978-4334973964。原著 Eat, Drink, and Be Healthy, 2001
  41. ^ 鈴木隆雄「わが国の大規模調査による大腿骨頸部骨折の症例対照研究」、『Osteoporosis Japan』Vol.4、No.2、1996年。
  42. ^ Bischoff-Ferrari HA, Dawson-Hughes B, Baron JA, et al. (2011). “Milk intake and risk of hip fracture in men and women: a meta-analysis of prospective cohort studies”. J. Bone Miner. Res. 26 (4): 833–9. doi:10.1002/jbmr.279. PMID 20949604. 
  43. ^ Feskanich D, Bischoff-Ferrari HA, Frazier AL, Willett WC (2014). “Milk consumption during teenage years and risk of hip fractures in older adults”. JAMA Pediatr 168 (1): 54–60. doi:10.1001/jamapediatrics.2013.3821. PMC 3983667. PMID 24247817. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3983667. 
  44. ^ Michaelsson, K.; Wolk, A.; Langenskiold, S.; Basu, S.; Warensjo Lemming, E.; Melhus, H.; Byberg, L. (2014). “Milk intake and risk of mortality and fractures in women and men: cohort studies”. BMJ 349 (oct27 1): g6015–g6015. doi:10.1136/bmj.g6015. ISSN 1756-1833. 
  45. ^ 厚生労働科学研究事業「食物アレルギーの発症要因の解明および耐性化に関する研究 (PDF) 」p.3
  46. ^ Halken S, Høst A (2000). “The lessons of noninterventional and interventional prospective studies on the development of atopic disease during childhood”. Allergy 55 (9): 793–802. PMID 11003443. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1034/j.1398-9995.2000.00117.x/full. 
  47. ^ Alexander DD, Schmitt DF, Tran NL, Barraj LM, Cushing CA (2010). “Partially hydrolyzed 100% whey protein infant formula and atopic dermatitis risk reduction: a systematic review of the literature”. Nutrition Reviews 68 (4): 232–45. doi:10.1111/j.1753-4887.2010.00281.x. PMID 20416019. 
  48. ^ Jirapinyo P, Densupsoontorn N, Kangwanpornsiri C, Limlikhit T (2013). “Lower prevalence of atopic dermatitis in breast-fed infants whose allergic mothers restrict dairy products”. J Med Assoc Thai 96 (2): 192–5. PMID 23936985. 
  49. ^ Coscia A, Orrù S, Di Nicola P, et al. (2012). “Cow's milk proteins in human milk”. J. Biol. Regul. Homeost. Agents 26 (3 Suppl): 39–42. PMID 23158513. 
  50. ^ Ferdowsian HR, Levin S (2010). “Does diet really affect acne?”. Skin Therapy Lett. 15 (3): 1–2, 5. PMID 20361171. 
  51. ^ アレルギー表示について (PDF) - 消費者庁
  52. ^ 妊娠中に牛乳をたくさん飲むと子どもの背が高くなる―デンマーク研究2013年9月7日 マイナビウーマン)







ノンホモ牛乳と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ノンホモ牛乳に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ノンホモ牛乳」の関連用語

1
54% |||||

2
6% |||||

3
2% |||||

ノンホモ牛乳のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

後搾り

ノンホモ牛乳

カウハッチ

ナチュラルチーズ

配合飼料

F1

スタンチョン

貯乳タンク





ノンホモ牛乳のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
一般社団法人中央酪農会議一般社団法人中央酪農会議
(C) 2017 Japan Dairy Council All right reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの牛乳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS