ナチュラルチーズとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 酪農用語 > ナチュラルチーズの意味・解説 

ナチュラルチーズ


ナチュラルチーズは、原料乳のたんぱく質脂肪などを酵素レンネット)や乳酸菌スターター)などで固め、加塩後に水分を切ったもの、また水分切りの後に熟成させたものなどをいいます。ナチュラルチーズは、脂肪含量熟成のさせ方、原料乳やカビ種類などによって分類されます。

ナチュラルチーズ フレッシュタイプ
熟成させずに、原料乳を固めホエー水分)を切ったただけのチーズで、「モッツアレラ」「カッテージ」などがあります

ナチュラルチーズ カビ・青カビタイプ
カビ青カビなどで熟成させたタイプで、「カマンベール」や「ブリー」、「ロックフォール」や「ゴルゴンゾーラ」などがあります

ナチュラルチーズ ウォッシュタイプ
チーズ表面塩水お酒などで洗いながら最近熟成させるために「ウォッシュ」と呼ばれ、外皮たくましく強い香りを放っています。

ナチュラルチーズ セミハードタイプ
固め原料乳を圧搾して整型し、加塩後に酵素乳酸菌でじっくり熟成させるチーズで、「ゴーダ」や「ラクレット」などが代表的です。

ナチュラルチーズ ハードタイプ
セミハードより固く、長く熟成させるため深い味わい特徴です。「チェダー」や「パルミジャーノ・レジアーノ」などがこのタイプです。

ナチュラルチーズ シェ−ブルタイプ
山羊の乳から作るチーズ総称を「シェーブル」といいます。山羊乳独特の強い香り特徴で「サントモール」などが代表的です。


<「売場で役立つ牛乳知識 VOL.5」より>

参考ナチュラルチーズの知識

チーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/12/23 03:22 UTC 版)

(ナチュラルチーズ から転送)

チーズ英語: cheeseフランス語: fromageドイツ語: Käseイタリア語: formaggio)とは、水牛山羊ヤクなどからとれるを原料とし、凝固発酵などの加工をしてつくられる食品乳製品)の一種。日本語での漢字表記は乾酪(かんらく)。




  1. ^ No,001- チーズの歴史 - 勝沼醸造株式会社
  2. ^ チーズの歴史って? - オーダーチーズ・ドットコム
  3. ^ http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2916512/9989394?ctm_campaign=txt_topics 「7000年前にチーズ作り、土器に証拠発見 ネイチャー」AFPBB 2012年12月13日 2015年12月20日閲覧
  4. ^ https://archive.is/20130112081050/mainichi.jp/feature/news/20121213reu00m030007000c.html
  5. ^ 「中世ヨーロッパ 食の生活史」pp82-83 ブリュノ・ロリウー著 吉田春美訳 原書房 2003年10月4日第1刷
  6. ^ 「チーズと文明」p61 ポール・キンステッド 築地書館 2013年6月10日初版発行
  7. ^ 「20世紀乳加工技術史」p12 林弘通 幸書房 2001年10月30日初版第1刷発行
  8. ^ 「20世紀乳加工技術史」p161 林弘通 幸書房 2001年10月30日初版第1刷発行
  9. ^ https://www.alic.go.jp/koho/kikaku03_000559.html 「【業務関連情報】日本人とチーズ」独立行政法人農畜産業振興機構 2015年12月23日閲覧
  10. ^ http://www.j-milk.jp/kiso/rekishi/8d863s000003cfdw.html 「日本チーズ物語」一般社団法人Jミルク 2015年12月20日閲覧
  11. ^ 「20世紀乳加工技術史」p156 林弘通 幸書房 2001年10月30日初版第1刷発行
  12. ^ https://www.alic.go.jp/koho/kikaku03_000559.html 「【業務関連情報】日本人とチーズ」独立行政法人農畜産業振興機構 2015年12月23日閲覧
  13. ^ a b c d e 「【チーズ】味や香りのちがいとは?どうやってつくられる?」、『ニュートン』第33巻第1号、株式会社ニュートンプレス、2013年1月、 120-121頁。
  14. ^ 「プロフェッショナル・チーズ読本 プロが教えるチーズの基本知識から扱い方まで」木村則生 p38 誠文堂新光社 2011年11月30日発行
  15. ^ 「アラブ世界のラクダ乳文化」p74 堀内勝/「乳利用の民族誌」所収 雪印乳業株式会社健康生活研究所編 石毛直道・和仁皓明編著 中央法規出版 1992年3月10日初版発行
  16. ^ http://www.cnn.co.jp/business/35056198.html 「話題の「ラクダ」食品、世界に売り込み」 CNN 2014.11.06 2015年10月30日閲覧
  17. ^ 牛乳・乳製品の知識 第3章 乳製品のはなし(日本酪農乳業協会)
  18. ^ https://www.meg-snow.com/cheeseclub/knowledge/jiten/shurui/p-cheese/ 「プロセスチーズ」雪印メグミルク 2015年12月20日閲覧
  19. ^ 「チーズポケットブック 2007~2008年版」p126 松成容子編 旭屋出版 2006年11月22日初版発行
  20. ^ 「世界チーズ大図鑑」p22-23 ジュリエット・ハーバット監修 柴田書店 2011年1月25日初版発行
  21. ^ a b c d e UN Food & Agriculture Organisation (FAO)[1]
  22. ^ Total and Retail Cheese Consumption – Kilograms per Capita”. Canadian Dairy Information Centre. 2013年5月20日閲覧。
  23. ^ Switzerland Cheese Marketing AG, Consommation de fromage par habitant en 2012
  24. ^ USDA, Food and Agricultural Organization, Cheese Statistics
  25. ^ 「チーズポケットブック 2007~2008年版」p25 松成容子編 旭屋出版 2006年11月22日初版発行
  26. ^ http://www.jic.gr.jp/data.html 「チーズの統計」日本輸入チーズ普及協会 2015年12月23日閲覧
  27. ^ http://www.jic.gr.jp/data.html 「日本の年間チーズ消費量推移」日本輸入チーズ普及協会 2015年12月23日閲覧
  28. ^ http://www.jic.gr.jp/data.html 「チーズの統計」日本輸入チーズ普及協会 2015年12月23日閲覧
  29. ^ 「20世紀乳加工技術史」p31 林弘通 幸書房 2001年10月30日初版第1刷発行
  30. ^ https://www.alic.go.jp/koho/kikaku03_000559.html 「【業務関連情報】日本人とチーズ」独立行政法人農畜産業振興機構 2015年12月23日閲覧
  31. ^ http://www.jic.gr.jp/data.html 「チーズの統計」日本輸入チーズ普及協会 2015年12月23日閲覧


「チーズ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ナチュラルチーズ」の関連用語

ナチュラルチーズのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ナチュラルチーズ

F1

ナチュラルチーズ

生乳

ノンホモ牛乳

ウォーターカップ

初乳

ホモジナイズ





ナチュラルチーズのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
一般社団法人中央酪農会議一般社団法人中央酪農会議
(C) 2016 Japan Dairy Council All right reserved.
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのチーズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS