蘇とは?

Weblio 辞書 > 生物 > 植物名 > の意味・解説 

[1] 【酥・蘇

古代乳製品。牛や羊の乳を煮つめたもの。「延喜式」では十分の一に煮つめるものとされた。

【そ】[漢字]

【 咀[音] ソ
かむ。かみくだいて味わう。 「 咀嚼(そしやく)
【 狙 】 [音] ソ
てながざる。 「 狙公狙猴(そこう)
ねらう。かくれていてすきをうかがう。 「 狙撃
【 阻 】 [音] ソ
隔てる。はばむ。 「 阻害阻隔阻止
険しい。 「 険阻 」 〔「沮」の書き換え字としても用いられる〕
【 俎[音] ソ
生け贄(にえ)載せる台。 「 樽俎(そんそ)
まないた。 「 俎上鼎俎(ていそ)刀俎
【 祖 ( 祖 ) 】 [音] ソ
初代から先代までの代々の人。また,初代。 「 祖国祖先祖宗(そそう)祖廟(そびよう)遠祖皇祖高祖太祖父祖
父の父。じじ。また,父母父母。 「 祖父 ・祖母外祖
はじめ。始めた人。 「 祖師開祖元祖始祖鼻祖
もとになるもの。もと。 「 祖型祖国祖述
道路の神。旅の安全を守る神。 「 道祖神
【 祚[音] ソ
天からさずかる幸福。天子の位。 「 皇祚践祚天祚宝祚
【 租 】 [音] ソ
みつぎ。年貢税金。 「 租税地租田租租庸調
借りる。 「 租界租借
【 素 】 [音] ソ ・ス
染めていない白絹。また,白い。 「 素衣素絹素雪緇素(しそ)
生まれたまま。手を加えてない。 「 素材素地素質素性(すじよう)(そせい)) ・素朴 ・素(すめん)(そめん)) 」
飾らない。あっさりした。 「 素読素描簡素質素
もとになるもの。もと。 「 素因素数元素語素色素要素素粒子
まえまえから。 「 素意素懐素行素志素養平素
むなしい。 「 素餐(そさん)素食素封
化学でいう,元素。 「 塩素 ・酸素 ・窒素弗素
【 措 】 [音] ソ
おく。すえる。また,そのままにしておく。 「 措辞措定
しまつする。 「 措置
ふるまう。 「 挙措
【 粗 】 [音] ソ
あらい。詳しくない。 「 粗悪粗忽(そこつ)粗雑粗製粗暴粗密粗野粗漏
ほぼ。あらまし。だいたい。 「 粗描
謙遜の意を添える。 「 粗餐(そさん)粗茶
【 組 】 [音] ソ
くむ。くみたてる。 「 組閣組織組成改組
組合」の略。 「 教組 ・職組 ・労組
【 疏[音] ソ ・ショ
通す。通る。 「 疏水疏通
注をつけて意味が通るようにする。 「 義疏(ぎそ)(ぎしよ)) ・注疏
箇条書きにする。箇条書き。 「 疏状上疏
親しくない。うとい。「疎」に通じる。 「 疏外
【 疎 】 [音] ソ
まばら。あらい。 「 疎開疎密疎略疎漏空疎
親しくない。うとい。 「 疎遠疎外疎隔親疎
とおる。流れ通じる。通じさせる。 「 疎水疎通
【 訴 】 [音] ソ
うったえる。 「 訴因訴願訴訟訴状訴追訴人公訴控訴告訴直訴(じきそ)上訴
不平恨みなどを人にいう。 「 哀訴泣訴愁訴
【 塑 】 [音] ソ
土をけずる。土で作る。 「 塑像塑造彫塑
[音] ソ
いたい。 「 苦楚辛楚痛楚
すっきりしている。 「 楚楚清楚
中国古代の国の名。 「 楚辞楚囚四面楚歌
【 鼠[音] ソ
ねずみ。 「 鼷鼠(けいそ)碩鼠(せきそ)野鼠
こそこそ悪事をはたらく者のたとえ。 「 鼠賊鼠輩
【 遡 】 [音] ソ
さかのぼる。 「 遡及(そきゆう)(さっきゆう)) ・遡源(そげん)さくげん) ・遡江遡航 」 〔「サク」の音は慣用
【 礎 】 [音] ソ
いしずえ。もと。 「 礎材礎石基礎定礎
【 蘇[音] ソ
シソ。 「 紫蘇
よみがえる。生きかえる。 「 蘇生
外国語音訳字。 「 蘇連ソレン ・蘇緯埃ソビエト


読み方:コケkoke

蘇苔類、地依類・菌類などの総称


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/14 00:18 UTC 版)

(そ)は、古代日本で作られていた乳製品の一種で、相当に乾燥し長期保管に耐える加熱濃縮系列の乳加工食品[1]と考えられている[2][3]。酥とは同一の物では無い[4]


  1. ^ 平田昌弘、インド西部における乳製品とその加工技術(前編)」食の科学 (2003) 310, p.24-32
  2. ^ a b c d 斎藤瑠美子、勝田啓子、「延喜式」に基づく古代乳製品蘇の再現実験とその保存性 日本家政学会誌 Vol.40 (1989) No.3 P.201-206, doi:10.11428/jhej1987.40.201
  3. ^ 平田昌弘、ユーラシア大陸の乳加工技術と乳製品 : 第6回 南アジア-インドの都市部・農村部の事例1 : 乳のみの乳製品 帯広畜産大学 学術雑誌論文 食品資材研究会 (2011) ,New Food Industry, 53(6): 73-81
  4. ^ 斎藤瑠美子、勝田啓子 : 家政誌, 39, 71 (1988)
  5. ^ a b c d e f g 斎藤瑠美子、勝田啓子、日本古代における乳製品「蘇」に関する文献的考察 日本家政学会誌 Vol.39 (1988) No.4 P.349-356, doi:10.11428/jhej1987.39.349
  6. ^ a b c 細野明義、我国における牛乳と乳製品普及の系譜 中央酪農会議 2017年4月12日閲覧
  7. ^ 有賀秀子、高橋セツ子、倉持泰子 ほか、日本における古代乳製品の"酥"および"醍醐"の本草網目(李著)にもとづく再現試験 日本畜産学会報 Vol.59 (1988) No.3 P.253-260, doi:10.2508/chikusan.59.253
  8. ^ S.Suzuki : Historia Scieniarum, 21,115 (1981)
  9. ^ 平田昌弘、古代の日本をたどる―酥と蘓とは? デーリィマン (2014) 64巻 9号 p.64-66,
  10. ^ 牛乳の歴史 奈良県牛乳商業組合 2017年4月12日閲覧


「蘇」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2010/11/03 13:58 UTC 版)

発音

造語成分・略称

蘇維埃の第1字)

  1. ソビエト社会主義共和国連邦を意味する語を作る
    日蘇中立条約

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「蘇」の関連用語

蘇のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

高度道路交通システム

920SH

N-II

内歯車

原油供給価格

瀬田廃寺

カットウジャクチク

グラハム・ベル





蘇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの蘇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2017 Weblio RSS