カロテノイドとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 生物学用語 > カロテノイドの意味・解説 

カロテノイド [4] 【carotenoid】

動植物界に広く分布し,黄赤・赤紫色を示す色素総称。カロテン・キサントフィルなどがある。ニンジン・トマト・カキなどに含まれるカロチノイド

カロテノイド

同義/類義語:カロチノイド
英訳・(英)同義/類義語:carotenoid

カロテンビタミンAを含む、炭素40基本とするテトラテルペンで、イソプレノイド化合物一群

カロテノイド

読み方かろてのいど
別名:カロチノイド
【英】:carotenoid

 動植物広く存在する、黄色または赤色色素成分です。に溶けにくく油に溶ける性質を持っており、カロテン類とキサントフィル類の2種類があります
 カロテン類の代表的なものとしては、β-カロテンリコピンなどがあり、β-カロテン動物人間体内ビタミンA変わります。キサントフィル類の代表的なものとしては、ルテインアスタキサンチンあります
 これらは活性酸素発生抑え取り除く作用を持っています。このため活性酸素働きで作られる過酸化脂質引き起こす動脈硬化予防したり、老化やがんの発生に対して効果があると考えられます。カロテノイドを多く含む食品緑黄色野菜マンゴーパパイヤ、あんず、柑橘類、すいかなどの果物のほか、とうもろこし赤唐辛子、わかめやひじきなど海藻類、えび、かになどの甲殻類、いくら、卵黄などがあります


カロテノイド

【仮名】かろてのいど
原文carotenoid

黄色オレンジ色果物野菜暗緑色葉野菜に含まれている物質。カロテノイドには、がんの発生リスク低下させる可能性がある。

カロテノイド [Carotenoid]


カロテノイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/01/18 11:32 UTC 版)

カロテノイド (carotenoid) は天然に存在する色素で、化学式 C40H56 の基本構造を持つ化合物の誘導体をいい、カロチノイドともいう。テルペノイドの一種で、テトラテルペンに分類される。炭素水素のみでできているものはカロテン類、それ以外のものを含むものはキサントフィル類という。カロテンやキサントフィルは二重結合を多く含むので抗酸化作用が大きく、植物では酸素が多く発生する場所に多く存在する。極性溶媒に溶けにくく、非極性溶媒に溶ける。したがって、脂肪とともに摂取すると効率的である。なお、カロテンは動物に吸収されるとビタミンAとなる。




  1. ^ Kuti, Joseph O.; Konuru, Hima B.  (2005). “Effects of genotype and cultivation environment on lycopene content in red-ripe tomatoes”. Journal of the Science of Food and Agriculture 85: 2021–2026. doi:10.1002/jsfa.2205.


「カロテノイド」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

カロテノイドに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「カロテノイド」の関連用語

カロテノイドのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




カロテノイドのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2014 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
厚生労働省厚生労働省
(C)2014 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2014 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
微生物管理機構微生物管理機構
Microbes Control Organization Ver 1.0 (C)1999-2014 Fumiaki Taguchi
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカロテノイド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS