発達障害とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 状態 > 発達障害の意味・解説 

はっ たつしょうがい -しやう- [5] 【発達障害】

心理的機能発達が滞った状態。知的障害自閉症など。

発達障害

読み方はったつしょうがい

主に脳の機能的問題原因子供発育成長に遅れや歪みが生じるもの。

 一般的には、乳幼児から幼児期にかけて、様々な原因発達の遅れなどの障害みられるものを言います。発達障害の場合本人怠慢家族のしつけ環境などが原因ではなく基本的に脳の機能障害から起こります。発達障害者支援法2005年施行)では「自閉症アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害学習障害注意欠陥多動性障害、その他これに類する機能障害であってその症状通常年齢において発現するものとして政令定めるもの」と定義されています。
 発達障害の代表的なものとして、広汎性発達障害PDD)、学習障害LD)、注意欠陥多動性障害(AD/HD)があげられますが、同じ診断でも、知的障害有無子供個性発達状況年齢など、様々は要因によって多様な症状を呈します。正確な診断ができる専門医はごく少数なため、各専門機関への相談が重要です。


発達障害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/13 01:06 UTC 版)

発達障害(はったつしょうがい、: Developmental disability、DD)は、肉体的・精神的な不全をもたらす慢性的症状らの様々なグループ(障害者の分類)である[1]。発達障害はその個人の生活において様々な困難をもたらし、特に言語、移動、学習、セルフヘルプ、自立生活などでハンディとなるとされる[1]。発達障害は子どもの発育期に発見されることが多く、その人の一生にわたって継続する障害である[2]


  1. ^ ちなみに、対義語の「重度」は、「知的障害の度合いが重い」という意味で用いられ、「重度重複障害」などの形で用いられる。
[ヘルプ]
  1. ^ a b c Developmental disabilities”. アメリカ疾病予防管理センター (2013年). 2013年8月18日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h Facts About Developmental Disabilities”. アメリカ疾病予防管理センター. 2015年6月1日閲覧。
  3. ^ a b Specific Conditions”. アメリカ疾病予防管理センター. 2015年6月1日閲覧。
  4. ^ アメリカ精神医学会 1994.
  5. ^ a b 支援者のための地域連携ハンドブック~発達障害のある子供への対応~ 第一章 発達障害 東京都多摩府中保健所
  6. ^ 安藤寿康「遺伝と環境の心理学」 培風館 (2004)
  7. ^ “Advances in autism”. Annu Rev Med 60: 367–80. (2009). doi:10.1146/annurev.med.60.053107.121225. PMC 3645857. PMID 19630577. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3645857. 
  8. ^ National Collaborating Centre for Mental Health (2009). Attention Deficit Hyperactivity Disorder: Diagnosis and Management of ADHD in Children, Young People and Adults. NICE Clinical Guidelines. 72. Leicester: British Psychological Society. ISBN 978-1-85433-471-8. オリジナルの13 January 2016時点によるアーカイブ。. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK53652/. 
  9. ^ MedlinePlus - Developmental Disabilities”. アメリカ国立医学図書館. 2016年1月10日閲覧。
  10. ^ Definition of DEVELOPMENTAL QUOTIENT”. 2014年11月9日閲覧。
  11. ^ developmental quotient (DQ)”. TheFreeDictionary.com. 2014年11月9日閲覧。, in turn citing Mosby's Medical Dictionary, 8th edition.
  12. ^ Christensen J, Grønborg TK, Sørensen MJ, Schendel D, Parner ET, Pedersen LH, Vestergaard M. (2013-04-24). “Prenatal valproate exposure and risk of autism spectrum disorders and childhood autism.”. JAMA. 309 (16): 1696-1703. doi:10.1001/jama.2013.2270. PMC 4511955. PMID 23613074. https://jama.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=1681408. 
  13. ^ Meador KJ, Loring DW. (2013-04-24). “Risks of in utero exposure to valproate.”. JAMA. 17 (3): 84. doi:10.1001/jama.2013.4001. PMC 3685023. PMID 23613078. https://jama.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=1681385. 
  14. ^ Meador KJ, Loring DW. (2013-9). “Prenatal valproate exposure is associated with autism spectrum disorder and childhood autism.”. The Journal of pediatrics. 163 (3): 924. doi:10.1016/j.jpeds.2013.06.050. PMID 23973243. https://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0022-3476%2813%2900809-3. 
  15. ^ Wood A. (2014-7). “Prenatal exposure to sodium valproate is associated with increased risk of childhood autism and autistic spectrum disorder.”. Evidence-based nursing. 17 (3): 84. doi:10.1136/eb-2013-101422. PMID 23999195. http://ebn.bmj.com/content/17/3/84.long. 
  16. ^ Singh S. (2013-08-20). “Valproate use during pregnancy was linked to autism spectrum disorder and childhood autism in offspring.”. Annals of internal medicine. 159 (4): JC13. doi:10.7326/0003-4819-159-4-201308200-02013. PMID 24026277. https://annals.org/article.aspx?articleid=1726872. 
  17. ^ Smith V, Brown N. (2014-10). “Prenatal valproate exposure and risk of autism spectrum disorders and childhood autism.”. Archives of disease in childhood. Education and practice edition. 99 (5): 198. doi:10.1136/archdischild-2013-305636. PMID 24692263. http://ep.bmj.com/content/99/5/198.long. 
  18. ^ Boukhris T, Sheehy O, Mottron L, Bérard A. (2016-02-01). “Antidepressant Use During Pregnancy and the Risk of Autism Spectrum Disorder in Children.”. JAMA pediatrics. 170 (2): 117-124. doi:10.1001/jamapediatrics.2015.3356. PMID 26660917. http://archpedi.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=2476187. 
  19. ^ アキュテイン(ACCUTANE)(わが国で未承認の難治性ニキビ治療薬)に関する注意喚起について”. www.mhlw.go.jp. 厚生労働省. 2016年9月15日閲覧。
  20. ^ Choi JS, Koren G, Nulman I. (2013-03-19). “Pregnancy and isotretinoin therapy.”. en:Canadian Medical Association Journal. 185 (5): 411-3. doi:10.1503/cmaj.120729. PMC 3602257. PMID 23296582. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3602257. 
  21. ^ Emerson, E. 1995. Challenging behaviour: analysis and intervention with people with learning difficulties. Cambridge: Cambridge University Press
  22. ^ Hemmings, C.; Underwood, L., Tsakanikos E., Holt, G. & Bouras, N. (2008). “Clinical predictors of challenging behaviour in intellectual disability”. Social Psychiatry and Psychiatric Epidemiology 43 (10): 824–830. doi:10.1007/s00127-008-0370-9. PMID 18488127. http://www.springerlink.com/content/v18g5123g4gw6326/. 
  23. ^ Neef, N. A. (2001) The Past and Future of Behavior Analysis in Developmental Disabilities: When Good News is Bad and Bad News is Good. The Behavior Analyst Today, 2 (4), 336 -343. [1]
  24. ^ Roane, H.S., Ringdahl, J.E., Vollmer, T.R., Whitmarsh, E.L. and Marcus, B.A. (2007). A Preliminary Description of the Occurrence of Proto-injurious Behavior in Typically Developing Children. Journal of Early and Intensive Behavior Intervention, 3(4), 334-347. [2]
  25. ^ B.J.Kaplan; V.A.Sadock title=カプラン臨床精神医学テキスト DSM-5診断基準の臨床への展開 (3版) メディカルサイエンスインターナショナル、2016年5月31日、Chapt.31.5。ISBN 978-4895928526 
  26. ^ 厚生労働省 発達障害の定義について http://www.mhlw.go.jp/shingi/2005/03/s0315-3i.html
  27. ^ Wing,2000
  28. ^ 稲垣真澄・林隆『発達障害児をもつ保護者の方へ』
  29. ^ 青木省三; 村上伸治編 『専門医から学ぶ児童・青年期患者の診方と対応』 医学書院、2012年5月18日、54-55頁。ISBN 978-4260014953 
  30. ^ a b 内田伸子 2006, p. 244.
  31. ^ 雇用均等・児童家庭局母子保健課の冊子「軽度発達障害児に対する気づきと支援のマニュアル」の第一章
  32. ^ 同省、初等中等教育局特別支援教育課
  33. ^ 「発達障害」の用語の使用について(平成19年3月15日) 文部科学省
  34. ^ a b 内田伸子 2006, p. 224.
  35. ^ Key Findings: Trends in the Prevalence of Developmental Disabilities in U. S. Children, 1997–2008”. アメリカ疾病予防管理センター. 2015年6月1日閲覧。
  36. ^ a b c 草薙厚子 『大人たちはなぜ、子どもの殺意に気づかなかったか ドキュメント・少年犯罪と発達障害』、182-183頁。ISBN 978-4-7816-0504-3 
  37. ^ a b 特別支援教育の推進に関する調査研究協力者会議高等学校WG(第6回)議事要旨 平成21年7月24日 文部科学省初等中等教育局特別支援教育課 2009年12月26日閲覧
  38. ^ 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律等の一部を改正する法律の一部の施行に伴う関係通知の改正について 障発第0329008号 平成14年3月29日 厚生労働省 2009年12月26日閲覧
  39. ^ 大人のアスペルガー症候群 佐々木正美 梅永雄二 講談社 2008年 ISBN 9784062789561 p93によると「日本には発達障害のための手帳制度がないため」との理由の記述が見られる
  40. ^ 筑波技術大学テクノレポート Vol. 17 (1) December. 2009「発達障害を併せ有する聴覚障害学生に対する高等教育支援の構築」筑波技術大学障害者高等教育研究支援センター 佐藤正幸 石原保志 白澤麻弓 須藤正彦 及川力
  41. ^ 北海道新聞 2009年6月25日記事『道が2003年度に高機能広汎性発達障害を対象に加えたのを機に(札幌)市児童相談所も04年度、「IQが高くても知的障害と見なすことができる」として対象とした。』
  42. ^ a b 障害者自立支援法:参院で改正案可決・成立 2010年12月3日13時49分 毎日新聞 2010年12月25日閲覧
  43. ^ 発達障がい者に対する療育手帳の交付について(概要) 平成22年9月13日 総務省行政評価局 2011年6月13日閲覧
  44. ^ 塩酸メチルフェニデート製剤の小児期AD/HD患者の成人期への継続使用に関する添付文書の改訂について 厚生労働省 医薬食品局 審査管理課 2011/08/26
  45. ^ 注意欠陥/多動性障害(AD/HD)治療剤「ストラテラⓇ」、日本で初めて、成人期のAD/HDへの適応承認 日本イーライリリー 2012年8月24日 2013年8月3日閲覧
  46. ^ DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル ISBN 9784260019071
  47. ^ 注意欠陥/多動性障害(AD/HD)治療薬「コンサータ®錠」18歳以上の成人期への適応拡大 承認取得のお知らせ ヤンセンファーマ株式会社 2013/12/20
  48. ^ 「塩酸メチルフェニデート製剤の使用にあたっての留意事項について」の一部改正について 厚生労働省 医薬食品局 2013/12/20


「発達障害」の続きの解説一覧





発達障害と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「発達障害」の関連用語

発達障害のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

弗素燐灰石

中村友梨香

スプモーニ

くりすとばる丸

なかとじ

コビトマングース

PC-9821Na12・9・7

ATB





発達障害のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
厚生労働省厚生労働省
(C)2017 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの発達障害 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS