栄養学とは?

えい ようがく -やう- [3] 【栄養学】

生命維持および心身の健康を保つために,栄養の状態や必要度について研究する学問

栄養学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/18 01:48 UTC 版)

栄養学(えいようがく、英語: nutrition science)とは、食事食品、その成分である栄養素がどのように生物の中で利用されたり影響しているかを研究する、栄養に関する学問である。1910年代、日本での栄養学の創設期には、食品に含まれる栄養成分の分析や、「何を、いつ、どのくらい」食べたらいいのかを研究した。次第に白米の栄養素が乏しいということで、玄米かこれを部分的に精米した分搗き米や胚芽米かといった激しい主食論争が交わされた。1980年頃から、食事と生活習慣病が大きく関係することが分かり、食生活指針が作られ関連を研究する疫学研究が盛んになった。また1980年代以降、食品成分の健康に対する作用が解明されることが増え、健康食品として食品の機能に関して認識されていくこととなった。




  1. ^ a b c d Kagawa, Yasuo (1978). “Impact of westernization on the nutrition of Japanese: Changes in physique, cancer, longevity and centenarians”. Preventive Medicine 7 (2): 205–217. doi:10.1016/0091-7435(78)90246-3. PMID 674107. 
  2. ^ a b Kobayashi, S. (1992). “Trends in national nutritional survey of Japan”. Nutrition and Health 8 (2-3): 91–96. doi:10.1177/026010609200800304. ISSN 0260-1060. 
  3. ^ a b c W. C. ウィレット、M. J. スタンファー 「ヘルシーな食事の新しい常識」『エイジング研究の最前線 心とからだの健康』 日経サイエンス編集部、日経サイエンス〈別冊日経サイエンス 147〉、2004年11月11日、116-125頁。ISBN 978-4-532-51147-0 Willett, Walter C.; Stampfer, Meir J. (2006). sp “Rebuilding the Food Pyramid”. Scientific American 16 (4): 12–21. doi:10.1038/scientificamerican1206-12sp. https://www.scientificamerican.com/article/rebuilding-the-food-pyramid/ sp.  出典個所は日本語123、125頁。
  4. ^ a b c d e "沖縄 長寿崩壊の危機 日本に迫る“短命化社会”". クローズアップ現代. NHK. 2013年3月5日放送. 3320回. [2016-07-01 写し].
  5. ^ a b c d e 日本食物繊維学会 『食物繊維─基礎と応用』 第一出版、2008年、第3版、iii, 1-3, 122, 228-229。ISBN 978-4-8041-1191-9
  6. ^ a b 柴田真希、五明紀春(監修)、女子栄養大学(協力)『女子栄養大学の雑穀レシピ』PHP研究所、2013年、13頁。ISBN 978-4569809403
  7. ^ a b 女子栄養大学『女子栄養大学の学生食堂』PHP研究所、2010年、9頁。ISBN 978-4569794525。 また、お手持ちの『食品成分表』が女子栄養大学出版部のものであれば、胚芽米の歴史等の小解説が付属している。
  8. ^ a b 柳井一男、松井貞子 『新佐伯式フードガイド-新時代の食育と健康管理のために』 フットワーク出版、2006年5月。ISBN 9784876895465
  9. ^ a b c d e f g h Report of a Joint WHO/FAO Expert Consultation Report of a Joint WHO/FAO Expert Consultation 2003 , (Diet, Nutrition and the Prevention of Chronic Diseases)
  10. ^ a b WHO opens public consultation on draft sugars guideline (世界保健機関)
  11. ^ a b c WHO/FAO/UNU合同専門協議会、日本アミノ酸学会監訳 『タンパク質・アミノ酸の必要量』 医歯薬出版、2009年ISBN 978-4-263-70568-1 2009年5月。ISBN 邦訳元 Protein and amino acid requirements in human nutrition, Report of a Joint WHO/FAO/UNU Expert Consultation, 2007. 日本語:iii, 1-5頁
  12. ^ a b c d 香川芳子監修『四訂食品成分表2000』女子栄養大学出版部、2000年。455-466頁。
  13. ^ a b 国際連合食糧農業機関、国際食糧農業協会訳・編集 『たんぱく質の品質評価―FAO/WHO合同専門家協議報告』 国際食糧農業協会、1992年 Joint FAO/WHO Expert Consultation on Protein Quality Evaluation, Protein Quality Evaluation, FAO, 1991. ISBN 9251030979. 日本語:51頁
  14. ^ a b Knauf PA, Proverbio F, Hoffman JF (1974). “Chemical characterization and pronase susceptibility of the Na:K pump-associated phosphoprotein of human red blood cells”. J. Gen. Physiol. 63 (3): 305–23. doi:10.1194/jlr.R055095. PMC 2203555. PMID 4274059. http://www.jlr.org/content/56/1/11.full. 
  15. ^ a b Kaur N, Chugh V, Gupta AK (2014). “Essential fatty acids as functional components of foods- a review”. J Food Sci Technol 51 (10): 2289–303. doi:10.1007/s13197-012-0677-0. PMC 4190204. PMID 25328170. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=4190204. 
  16. ^ 宮崎基嘉(国立健康栄養研究所基礎栄養部長)「米国の食事目標に学ぶもの」『米国の食事目標(第2版)-米国上院:栄養・人間ニーズ特別委員会の提言』 食品産業センター、1980年3月。Dietary Goals for the United States (second edition)
  17. ^ 荻原弘道 『日本栄養学史』 国民栄養協会、1960年。28頁。
  18. ^ a b 荻原弘道 『日本栄養学史』 国民栄養協会、1960年。29頁。
  19. ^ 荻原弘道 『日本栄養学史』 国民栄養協会、1960年。30頁。
  20. ^ 佐伯芳子 『栄養学者佐伯矩伝』 玄同社、1986年。ISBN 978-4-905935-19-3。佐伯矩略歴
  21. ^ 佐伯芳子 『栄養学者佐伯矩伝』 玄同社、1986年。ISBN 978-4-905935-19-3。22頁。
  22. ^ a b 渡邊昌「対談 食と健康 温故知新 佐伯芳子」『食生活』100(10)、2006.10.1、pp6-8
  23. ^ 佐伯芳子 『栄養学者佐伯矩伝』 玄同社、1986年。ISBN 978-4-905935-19-3。124、128頁。
  24. ^ a b 『生活学』 第9冊、日本生活学会編、ドメス出版1983年12月。188-189頁。
  25. ^ 佐伯芳子『栄養学者佐伯矩伝』 玄同社、1986年。ISBN 978-4-905935-19-3。22-23頁。
  26. ^ a b 高木和男 『食と栄養学の社会史2』 科学資料研究センター、1978年。486頁。
  27. ^ 二木謙三『食物と健康』 修養団出版部、1921年8月。
  28. ^ 荻原弘道 『日本栄養学史』 国民栄養協会、1960年。38頁。
  29. ^ a b c 丸本彰造 『胚芽米普及の真意義に就て』 糧友会、1938年。
  30. ^ 島薗順雄 『栄養学の歴史』朝倉書店、1989年。ISBN 978-4-254-61582-1
  31. ^ a b 高木和男 『食と栄養学の社会史2』 科学資料研究センター、1978年。485-486頁。
  32. ^ 佐伯矩 『栄養之合理化』 愛知標準精米普及期成会、1930年。
  33. ^ 米穀搗精等制限令(昭和14年勅令第789号)
  34. ^ a b 荻原弘道 『日本栄養学史』 国民栄養協会、1960年。157頁。
  35. ^ 荻原弘道 『日本栄養学史』 国民栄養協会、1960年。160-161頁。
  36. ^ 荻原弘道 『日本栄養学史』 国民栄養協会、1960年。158頁。
  37. ^ 『復刻昭和二十年八月食生活指針』 農山漁村文化協会、2002年3月。ISBN 978-4540011894
  38. ^ 高橋和郎 「心拡大,高度浮腫を伴った急性多発性神経炎」『日本内科学会雑誌』Vol.64, No.10, 1975年10月、pp. p1140~1152
  39. ^ 高橋和郎、北川達也「心拡大,高度浮腫を伴った急性多発性神経炎-続-その疫学ならびに成因としてのビタミンB1欠乏症」『日本内科学会雑誌』Vol.65, No.3 (1976/03), pp. p256~262
  40. ^ 住田実 『現代によみがえった「江戸の病」の食生活』東山書房、1995年12月。ISBN 978-4-8278-1038-7
  41. ^ 香川綾・監『新しい胚芽米健康法』女子栄養大学出版部、1978年4月
  42. ^ 原田 信男 『コメを選んだ日本の歴史』 文藝春秋、2006年。ISBN 4-16-660505-4。223頁。
  43. ^ 日本食生活協会について:沿革 (財団法人日本食生活協会)
  44. ^ 栄養改善普及会
  45. ^ 図録▽食生活の変化(1910年代以降の品目別純食料・たんぱく質供給量) (社会実情データ図録)
  46. ^ 藤岡 幹恭 他 『農業と食料のしくみ』 日本実業出版社、2007年。ISBN 978-4-534-04286-6。14-16頁。
  47. ^ 佐伯芳子 『栄養学者佐伯矩伝』 玄同社、1986年。ISBN 978-4-905935-19-3。105頁。
  48. ^ 『健康づくりのための食生活指針-解説と指導要領』厚生省保健医療局健康増進栄養課、第一出版、1986年5月。ISBN 978-4-8041-0327-3
  49. ^ 厚生省保健医療局健康増進栄養課 『食育時代の食を考える』 中央法規出版、1993年11月。ISBN 978-4-8058-1165-8
  50. ^ 『食生活指針』 2版、国立健康・栄養研究所監修 、第一出版、2003年9月。ISBN 978-4-8041-1076-9
  51. ^ 「食生活指針」の策定について (厚生労働省)
  52. ^ 21世紀における国民健康づくり運動(健康日本21)について 報告書」 (厚生労働省)
  53. ^ 健康日本21
  54. ^ 食育基本法 (法令データ提供システム)
  55. ^ 食事バランスガイド 厚生労働省・農林水産省決定 フードガイド(仮称)検討会報告書』(PDF) 第一出版、2005年12月。ISBN 4-8041-1117-4
  56. ^ 食事バランスガイド (農林水産省)
  57. ^ 太田博明監修 『AGEsと老化』 メディカルレビュー、2013年ISBN 978-4-7792-1005-1 目次
  58. ^ a b c d “Advanced glycation end products in foods and a practical guide to their reduction in the diet”. J Am Diet Assoc 110 (6): 911–16.e12. (2010). doi:10.1016/j.jada.2010.03.018. PMC 3704564. PMID 20497781. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3704564/. 
  59. ^ 『米国の食事改善目標』 日本CI協会、1978年10月。Dietary Goals for the United States
  60. ^ : Dietary guidelines for Americans
  61. ^ The Nurses' Health Study (NHS)(英語)(ハーバード大学医学部チャニング研究所)
  62. ^ Health Professionals Follow-Up Study (HPFS)(英語)(ハーバード大学医学部チャニング研究所)
  63. ^ : National Research Council
  64. ^ 全米科学アカデミー食物、栄養とがんに関する特別委員会 『がん予防と食生活』 厚生省公衆衛生局栄養課監訳、日本栄養食品協会、1984年6月。原著 Diet, nutrition, and cancer、1982
  65. ^ Welcome to the China-Cornell-Oxford Project (英語)
  66. ^ a b Huge Study Of Diet Indicts Fat And Meat(ニューヨーク・タイムズ誌、1990年5月8日)
  67. ^ a b エリック・マーカス 『もう肉も卵も牛乳もいらない!』早川書房、2004年6月。ISBN 978-4152085733。56-57、66-67頁。原著Vegan
  68. ^ National Research Council『食事と健康-成人病予防のための食事と健康の科学』 厚生省生活衛生局監修、日本食品衛生協会、1992年3月。原著Diet and Health、1989
  69. ^ : Japan Public Health Center-based prospective Study
  70. ^ Position of the American Dietetic Association and Dietitians of CanadaVegetarian dietsJournal of the American Dietetic Association Vol.103 Issue.6, June 2003, pp748-765.
  71. ^ Pramil N Singh, Joan Sabaté ,Gary E Fraser "Does low meat consumption increase life expectancy in humans?" American Journal of Clinical Nutrition、Vol.78 No.3, September 2003, pp526-532.
  72. ^ Rui Jiang et al . 「Dietary iron intake and blood donations in relation to risk of type 2 diabetes in men: a prospective cohort study」、American Journal of Clinical Nutrition、Vol.79 No.1, January 2004, pp70-75
  73. ^ Rui Jiang et al. 「Body Iron Stores in Relation to Risk of Type 2 Diabetes in Apparently Healthy Women」、JAMA. 2004;291, pp711-717.
  74. ^ ウォルター C. ウィレット 『太らない、病気にならない、おいしいダイエット-ハーバード大学公式ダイエットガイド』 光文社、2003年5月。239頁。ISBN 978-4334973964。原著「Eat, Drink, and Be Healthy」、2001
  75. ^ ウォルター C. ウィレット 『太らない、病気にならない、おいしいダイエット-ハーバード大学公式ダイエットガイド』 光文社、2003年5月。25、34、245-249頁。ISBN 978-4334973964。原著 Eat, Drink, and Be Healthy, 2001
  76. ^ Feskanich D, Willett WC, Stampfer MJ et al. 「Milk, dietary calcium, and bone fractures in women: a 12-year prospective study」Am J Public Health 87(6), 1997 Jun, pp992-7. PMID 9224182
  77. ^ Food Pyramids Nutrition Source (英語)Harvard School of Public Health
  78. ^ Dietary Guidelines for Americans、2010年、米国農務省(英語)
  79. ^ Obesity and overweight Fact sheet N°311, World Health Organization, Updated March 2011.
  80. ^ Interagency Working Group Seeks Input on Proposed Voluntary Principles for Marketing Food to Children(FTC, April 28 2011)
  81. ^ Julie Jargon マクドナルドに「ジャンクフード販売」中止要請―ロナルドにも引退勧告(ウォール・ストリート・ジャーナル日本版、2011年5月18日 )
  82. ^ 食事バランスガイド 厚生労働省・農林水産省決定 フードガイド(仮称)検討会報告書』(PDF) 第一出版、2005年12月。ISBN 4-8041-1117-4
  83. ^ 佐伯矩 『栄養』栄養社。
  84. ^ 佐伯芳子 『栄養学者佐伯矩伝』玄同社、1986年。126-128頁。
  85. ^ BURKITT D.P, TROWELL H.C Refined Carbohydrate Foods and Disease: Some Implications of Dietary Fibre, 1975 . ISBN 978-0121447502
  86. ^ Marquart L, Jacobs DR Jr, Slavin JL. "Whole Grains and Health: An Overview" Journal of the American College of Nutrition Vol.19(90003), 2000, pp289-290. PMID 10875599
  87. ^ Burkitt DP. "Related disease--related cause?" Lancet. 2(7632), 1969 Dec 6, pp1229-31. PMID 4187817
  88. ^ Burkitt DP. "Epidemiology of cancer of the colon and rectum" Cancer 28(1), 1971 Jul, pp3-13. PMID 5165022
  89. ^ Graf E, Eaton JW. "Dietary suppression of colonic cancer. Fiber or phytate?" Cancer. 56(4), 1985 Aug 15, pp717-8. PMID 2990653
  90. ^ Moynihan, P. J.; Kelly, S. A. M. (2013). “Effect on Caries of Restricting Sugars Intake: Systematic Review to Inform WHO Guidelines”. Journal of Dental Research 93 (1): 8–18. doi:10.1177/0022034513508954. ISSN 0022-0345. 
  91. ^ 生活習慣病予防のための各学会のガイドラインの整理 (PDF) (厚生労働省)
  92. ^ ISSFAL (英語) (ISSFAL: International Society for the Study of Fatty Acids and Lipids)
  93. ^ Cunnane S, Drevon CA, Harris W, et al. "Recommendations for intakes of polyunsaturated fatty acids in healthy adults" ISSFAL Newsletter 11(2), 2004, pp12-25
  94. ^ 『第六次改定 日本人の栄養所要量―食事摂取基準』健康・栄養情報研究会編、第一出版、1999年。ISBN 9784804108940。53-54頁。
  95. ^ joint FAO/WHO expert consultation. "Chapter 11 Calcium", Human Vitamin and Mineral Requirements, 2002.
  96. ^ WHO/FAO/UNU合同専門協議会、日本アミノ酸学会監訳 『タンパク質・アミノ酸の必要量』 医歯薬出版、2009年ISBN 978-4-263-70568-1 2009年5月。ISBN 邦訳元 Protein and amino acid requirements in human nutrition, Report of a Joint WHO/FAO/UNU Expert Consultation, 2007. 日本語:172-173頁。
  97. ^ a b c World Cancer Research Fund and American Institute for Cancer Research (2007). Food, Nutrition, Physical Activity, and the Prevention of Cancer: A Global Perspective. Amer. Inst. for Cancer Research. ISBN 978-0972252225. http://wcrf.org/int/research-we-fund/continuous-update-project-cup/second-expert-report.  日本語要旨:食べもの、栄養、運動とがん予防世界がん研究基金米国がん研究機構
  98. ^ ウォルター C. ウィレット 『太らない、病気にならない、おいしいダイエット-ハーバード大学公式ダイエットガイド』 光文社、2003年5月。174-175頁。ISBN 978-4334973964。原著 Eat, Drink, and Be Healthy, 2001
  99. ^ 夏目漱石 『吾輩ハ猫デアル』 上巻、大倉書店、1905年。119頁。
  100. ^ エリー・メチニコッフ 『不老長寿論』 大日本文明協会事務所、1912年。
  101. ^ 「健康食品」の安全性・有効性情報独立行政法人 国立健康・栄養研究所
  102. ^ 辨野義己 腸内細菌の全体像をつかみ、予防医学に役立てる (理研ニュース、February 2004)(独立行政法人 理化学研究所
  103. ^ a b Skerrett PJ, Willett WC (2010). “Essentials of healthy eating: a guide”. J Midwifery Womens Health 55 (6): 492–501. doi:10.1016/j.jmwh.2010.06.019. PMC 3471136. PMID 20974411. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3471136/. 
  104. ^ 小田裕昭、加藤久典、関泰一郎『健康栄養学』 共立出版、2005年4月。ISBN 978-4320061538
  105. ^ a b 佐伯芳子 『栄養学者佐伯矩伝』 玄同社、1986年。ISBN 978-4-905935-19-3。158頁。
  106. ^ 柳井一男、松井貞子 『新佐伯式フードガイド-新時代の食育と健康管理のために』 フットワーク出版、2006年5月。ISBN 9784876895465。30-31頁。







栄養学と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「栄養学」の関連用語

栄養学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ルチル

東佳弘

ブラック・エンゼル

短穂竹

面グラフ

西島和紙

ROADSTER 3.2

ストームライダー





栄養学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの栄養学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS