結核とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 疾患 > 結核 > 結核の意味・解説 

けっ かく [0] 【結核】

ドイツ Tuberkulose結核菌感染して起こる慢性疾患初感染では肺内に原発巣肺門リンパ節腫脹ができ(一次結核症),通常この状態から自然治癒するが,さらに進行すると全身の各臓器に広がって長い経過をとる(二次結核症)。結核症。
堆積物中に二次的にできた硬くて丈夫な塊。


結核(けっかく)

結核菌によって空気感染する代表的感染症

主に空気媒介として、結核菌が肺に定着感染する。発病すると、肺が炎症起こし、その部分組織崩れ空洞ができる。胸部X線検査を行うと、X線写真には病巣部分が影のように写る。

結核に感染しても、多く場合免疫システム作用して発病抑えるので、実際に発病するのは1015程度であると言われている。発病すると、咳(せき)や痰(たん)、そして微熱が続いたり、体重減少したりする。さらに、肺機能著しく低下して死に至ることもある。

結核の検査には、ツベルクリン反応検査がある。体が結核菌認識している場合ツベルクリン注射するとその部分が赤く腫れ陽性であることが判るまた、非常に弱い結核菌体内に入れ、結核菌対す免疫向上させるというBCG接種行われている。

1935年50年までの間、結核は日本における死因トップであり、「国民病」と言われていた。その後新規患者数は急激に減少していきたが、1997年には一転して微増し、病院老人ホームでの集団感染問題となっている。現在、新規患者数は年間で4万人を超え、3000人が死亡するという感染病である。

(2000.04.23掲載


結核

英訳・(英)同義/類義語:Tuberculosis, Mycobacterium tuberculosis

結核菌Mycobacterium tuberculosis、の感染原因となって発症する疾患
「生物学用語辞典」の他の用語
病名疾患名治療など:  近視  経口避妊薬  劇症肝炎  結核  血栓  後天性免疫不全症候群  口唇庖疹

結核

Tuberculosis ,TB

総論抗酸菌一種である結核菌(Mycobacterium tuberculosis)が起こす病気の名前。世界人口3分の1感染しており、年間800万人毎年結核発症し、300万人死亡し、その3分の2アジアである。日本ではかつて亡国病と言われたが、今でも人口10万人あたり35.7人の人が病気をもっており、毎年約4,500人が新しく診断される。つまりエイズよりも多く発生多く死亡している。感染源喀痰飛び散る(飛沫)ことで家庭内集団発生が起こる。抵抗力落ちた人に起こりやすい。 

【URL】http://www.jata.or.jp/

《参照》 ツベルクリン反応BCG結核の治療不顕性感染耐性


結核

【仮名】けっかく
原文tuberculosis

tb。人から人へ空気を介して拡がるある特定の細菌によって引き起こされる疾患。結核では身体の多く部分が侵されうるが、肺が最も高頻度障害される。何年も結核症状現れないこともあるが、糖尿病aids、がんのような深刻な疾患になることで症状発現する可能性がある。結核は通常抗生物質による治療治癒する。「tb」とも呼ばれる

結核

【英】:TB, Tuberculosis

世界人口3分の1、約2億人が結核菌Mycobacterium tuberculosis)に感染空気感染)し、感染した人(潜在性結核感染症)の10%が一生の間に発病する。特に結核高蔓延地域に住むHIV感染者はさらに結核発病率が高くなる。2005年には880万人新規結核患者発生し、158人が死亡したと推計され、その大半アフリカおよびアジアである。これらの患者95%以上は途上国に住み、しかも15-45歳の生産年齢層が患者75%を占め、結核がもたらす社会への負担大きい。世界的貧富の差の拡がり、HIV感染拡大過去非効率な結核対策治療中断者および耐性化による慢性患者増加する原因であった。途上国における診断方法としては、胸部X線検査よりも喀痰塗抹検査の方が技術的費用的にも適した方法であり、排菌している患者レベルでも確実に発見することができる。一次抗結核薬ヒドラジドリファンピシンエタンブトールストレプトマイシン)、ピラジナミドであり、6-8ヶ月標準治療15-20米ドル費用で可能である。2005年目標は「患者70%以上を治療し、治療成功率85%以上にすること」であったが、WHO西太平洋地域だけで達成された。ここには中国フィリピンベトナムの高蔓延国が含まれている。WHOは2006年今後10年(2006-2015)の新しストップ結核戦略作成した。それは、特に高蔓延国におけるの拡大HIV合併結核および多剤耐性結核対策公的機関だけでなく民間団体も含む対策などに焦点当てている。(下内 昭)

参考URL:WHO ホームページ http://www.who.int/mediacentre/factsheets/fs104/

結核

【英】:Tuberculosis

エジプトミイラから典型的な結核の痕跡が見つかるなど、結核は人類歴史とともにある古い病気である。日本では、明治以降産業革命による人口集中に伴い、結核は国内蔓延し、「結核は国民病」と呼ばれた。昭和26 年に「結核予防法」が制定されて以来50 年経過したこの数年は、結核の死亡率順位はつねに20 位以下であり、なかば忘れ去られようとしている。しかし、大都市一部の結核罹患率依然群を抜いており、集団感染事例もあとをたたない。また、開発途上国では依然として公衆衛生上の大問題であり、交通手段高速化、大量化、効率化によって感染者の移動も容易なことから、問題は途上国に留まらないことが指摘されている。一方エイズ世界的蔓延によってHIV 感染者増加するなかで、結核との重感染者の重症化が心配されている。こうしたことから、結核は「再興感染症」として再び注目すべき疾患となっている。

疫 学
WHO の推計によると、世界人口の約1/3にあたる20億人が結核に感染し、そのうち毎年800 万人新たな結核患者発生し、300 万人そのうち30万人15歳未満の子供たち)が結核で死亡している。その99%が開発途上国集中している。これは単独病原体による死亡としては依然として最悪第一位である。
わが国においては平成12年2000年)の新規結核患者39,384人(罹患率31.0)、塗抹陽性患者13,220人(陽性率10.4 )、結核死亡者は2,650人(結核死亡率2.1)である。かって1020代の青年層300人に1人が結核で死亡した時代があったが、最近では、その多く高齢者占められている。1970年代まで順調に減少してきたわが国の結核罹患率は、80年代に入って減少率鈍化示し、さらに逆転増加傾向示したことから、厚生省当時)は1999年、「結核緊急事態宣言」を発した。

病原体

結核の原因結核菌Mycobacterium tuberculosis )であり、取り扱いバイオセーフティレベル3 (BSL‐3)である。
結核菌長さ2~10ミクロン、幅0.3 ~0.6ミクロン細長桿菌で、芽胞鞭毛莢膜はつくらない(図1)。細胞壁脂質に富み、通常の染色法では染まりにくいため、チール・ネルゼン法などの抗酸性染色法で染める。結核菌偏性好気性菌至適温度37 至適pH は6.4 ~7.0 である。

結核

臨床材料からの分離培養には小川培地LJLowensteinJensen培地などの卵培地汎用される。
結核菌わが国の全抗酸菌の約85%を占めといわれる結核菌、牛型結核菌(M. bovis )、アフリカ結核菌(M. africanum)、ネズミ結核菌(M. microti)を結核菌群(M. tuberculosis complex)と呼ぶ。牛型ウシシカなど動物感染例が大部分であるが、欧米ではヒトへの感染例もまれに報告されており、汚染した牛乳摂取によるとされている。結核菌属にはM. kansasii 、M. marimum 、M. avium 、M. intracellulare 、M. xenopi あるいは、ヒトには病気を起こさないM. smegmatis など種々様々な種がある。わが国では、M. avium 、M. intracellulare 、M. kansasii などによる病気は今では珍しくなく、陽性患者10パーセント占めるほどになっており、「非結核性抗酸菌症」と総称されている。これらのによる病気臨床経過治療法などがそれぞれ違うので、種を決めることが非常に重要である。
結核菌M. tuberculosis H37Rv はもっとも良く知られた研究室で、その全塩基配列
(4,411kbp)は1999年解読された。また、強毒牛型長期間培養して弱毒化したBCGBacillus CalmetteGuerin)は、結核ワクチンとして80以上にわたり世界中で使われている。

臨床症状
結核の感染経路はほとんど経気道性である。一般にごく少量結核菌気道深く侵入し、肺胞内に達し肺胞マクロファージ中で増殖始める。マクロファージ細胞寄生に対しては自然抵抗性持っているが、結核菌のような強毒場合細胞抗菌作用破壊され、増殖してその細胞死滅し、他のマクロファージによって貪食される経過をとる。さらに増殖続け、肺に定着し、初感病巣形成する。さらに一部所属リンパ節に運ばれ、リンパ節病巣をつくる。
この間に、マクロファージによって結核菌抗原提示を受けたT リンパ球特異的感作され、免疫成立する。感作T 細胞抗原刺激によって多種類のインターロイキン産生し、これによって活性化したマクロファージ結核菌局在する病巣部分集積し、類上皮細胞肉芽腫組織となって病巣は被包され、やがて乾酪化に陥る多く場合このまま治癒し、結核菌抵抗性獲得する。
臨床的には、感染成立は必ずしも感染症としての発病を意味するものではない。疾患としては、胸部X 線の異常、排菌などを認め時に結核症と診断され、治療の対象となる。
初感時にの毒力が強いか、または個体抵抗性が弱いと初期変化治癒に向かわず、肺門リンパ節結核、頸部リンパ節結核および結核性胸膜炎発症する。また、リンパ血行性に結核菌移行すると粟粒結核となり、さらに結核性髄膜炎進展する。結核菌感染引き続き初期発病する結核は一次結核と呼ばれる
BCGワクチン接種による免疫賦与は、これら結核菌感染後の初期変化リンパ血行性に進展することを阻止することにより、主として一次結核の発病抑制するとされる初感染を経て特異的細胞性免疫成立したのちにみられる成人肺結核は、静菌化していた結核菌冬眠状態(dormacy)から再び増殖内因再燃)し、発症することで起こるとされる一方成人肺結核発症において外来再感染どれだけ関連しているかは明らかでないが、高齢者HIV 感染者などのように免疫機能低下みられる場合大量暴露があった場合は、外来性の再感染発病結びつく考えられる


病原診断
診断法としてツベルクリン反応検査エックス線検査細菌検査などがある。
ツベルクリン反応検査は結核感染診断法として有用であり、BCGワクチン接種が行われる際はその対象選択評価に用いられる。ツベルクリン反応検査に用いられる精製ツベルクリンPPD)は、結核菌培養液加熱滅菌後、分泌した300 種類上のタンパク質部分精製して得られる。個体結核菌感染したり、BCG 接種により免疫獲得していると、ツベルクリンタンパク質抗原皮内注射によって、局所発赤硬結を伴う遅延型アレルギー反応惹起する。PPD 0.5マイクログラム皮内注射して48 時間後の発赤長径計測するとき、10mm以上を陽性判定する。エックス線検査は結核の発病診断する方法として、定期健康診断のほか、結核患者発生した際の接触検診ツベルクリン反応とともに)などで実施される。集団感染が疑われるときは、6カ月後、1年後場合により2年後のエックス線検査が必要となる。
細菌検査のうち、結核の診断をかなり正確に極めて短時間でできる方法として、結核菌の抗酸性利用した「喀痰塗抹検査」がある。喀痰塗抹検査感染性診断ができるほか、簡単な検査どこでもできること、結果1 時間程度で得られること、経済的安価であることなどが長所である。一方、この検査では「抗酸菌陽性」というだけで、結核菌非結核性抗酸菌鑑別できないエックス線写真臨床所見などから抗酸菌症が疑われるときには結核菌非結核性抗酸菌症かをはっきりさせることが必要となる。また、と生区別できない欠点もある。
培養検査生死を知るほか、薬剤感受性を知るためにも必要である。従来、卵培地小川培地)や寒天培地などの固形培地が使われていたが、少数短時間のうちに培養できる液体培地を用いた培養方法開発が行われてきた。比較早く開発されたのがバクテック法で、アイソトープを使うためわが国では一般化されなかったが、米国などでは広く使われており、結核菌培養10日から2週間というのが常識とされている。MGIT 法(Mycobacterium Growth Indicator Tube)は少数でも早く検出できる点は優れているが、小川培地法に比べると前処理がやや煩雑とされる
1970 年代後半から分子生物学遺伝子工学進歩を受けて遺伝子レベル検出する技術次々と開発されてきた。核酸RNA またはDNA )を用いた検査法(アキュプローブ、DDHマイコバクテリアなど)は、少量があれば迅速に検出できる感度良い検査法で、数時間結果が得られるので、培養結果をみるよりずっと早く結果分かる。さらにPCR 法を用いれば、理論的には1個のでも検出が可能である。また、これらの方法では結核菌非結核性抗酸菌鑑別ができる。しかし、塗抹検査同様、生・死区別なしに検出され、また数の多少かかわらず陽性となるため、「感染性診断」は不確実となる。
感染者から分離した結核菌DNA制限酵素切断後、アガロースゲル電気泳動分離するRFLP 解析により、結核菌群に属すの型別が可能となった。この手法は感染源追跡疫学調査のうえで重要である。

治療予防
治療化学療法基本である。標準的化学療法では、最初の2カ月はイソジアニド(INH)+リファンプシン(RFP)、ピラジナミドPZA)、ストレプトマイシンSM)またはエタンブトールEB)の4剤で治療し、その後の4カ月間はINHRFP の2剤、またはINHRFPEBの3剤で治療する。
WHOは、治療脱落多剤耐性結核を防ぐため、DOTSdirectly observed treatment, short‐course )によるPZAを含む6カ月間の短期化学療法推奨している。外科治療慢性膿胸、骨関節結核、多剤耐性結核などの難治性結核対象となる。
予防BCG ワクチンによる。BCGはフランス・パスツール研究所カルメットゲランが強毒の牛型結核菌を牛胆汁グリセリン馬鈴薯培地13年間、231継代して得られた弱毒で、1921年初めヒトに用いられた。現在では、WHO の予防接種拡大計画EPI)のワクチンひとつとして多くの国の子供たちに接種されている。わが国には、1924年志賀潔カルメットから直接分与受け持ち帰ったとされる各国分与されたBCG は、それぞれの国で継代培養する間にカルメットの原とは異な遺伝的形質の亜となったと考えられるが、1960 年代以降各国とも種凍結乾燥によって変異防止を図っている。なお、パスツールBCG1961 年凍結乾燥されたもので、BCGの原ではない。
BCG接種小児結核性髄膜炎粟粒結核発病防止きわめて有効であるが、成人肺結核対す発病予防効果50%程度とされるわが国ではBCG 接種は、乳幼児期の初回接種のあと、小学校中学校入学時のツベルクリン反応陰性者に再接種が行われてきたが、平成15年度からは乳幼児期の単回接種となる。

結核予防法における取り扱い
結核と診断した医師2 日以内にもよりの保健所届け出る
同居者感染させるおそれがある患者に、就業禁止し、あるいは結核療養所入所命令することができるとしている。また、結核医療費公費負担制度がある。

学校保健法における取り扱い
結核は学校保健法第二学校伝染病で、病状により伝染のおそれがないと認められるまで出席停止となる。

国立感染症研究所細菌第二部 山本三郎

  


結核

腸結核結核菌は肺以外に小腸大腸、さらに腹腔内に病変をつくる。 参考

結核 [Tuberculosis]

 細菌感染症一つで、結核菌感染によっておこる病気である。結核はヒトをはじめ哺乳類鳥類がかかり、病原菌抗酸性菌であるマイコバクテリウム属細菌である。ヒト結核菌ウシ型結核菌トリ類型結核菌が知られている。また、結核菌に似た魚類のマイコバクテリウム症菌もある。
ヒトの結核はほとんどが飛沫や塵(ちり)による気道感染であるが、まれに消化管皮膚を経た感染もある。感染初期結核菌リンパ節病変をおこし、ツベルクリン反応陽性になる。そのままリンパ節石灰化して治ることもるが、通常病巣結核菌によって病変気管腸管などへ広がる種々の器管や臓器が冒されるが肺に空洞ができる肺結核が最も多い。早期診断胸部X線撮影喀痰(かくたん)検査による。治療ストレプトマイシンをはじめカナマイシンリファンピシンイソニコチン酸ヒドラジドエタンブトールなどの化学療法剤効果的である。また、予防にはビーシージー(BCG)が用いられる。これはフランスパスツール研究所開発されたもので、ウシ型結核菌から得られた病原性がない菌株で、皮内注射法で免疫効果がある。かつて蔓延した結核は有用な化学療法剤適用1950年以降激減したが、最近、再び感染者が増加する危険性が高まっているので注意が必要である。

結核

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/28 19:19 UTC 版)

結核(けっかく、ツベルクローシス、Tuberculosis)とは、マイコバクテリウム属の細菌、主に結核菌 (Mycobacterium tuberculosis) により引き起こされる感染症[2][3]。結核菌は1882年ロベルト・コッホによって発見された。日本では、明治初期まで肺結核は労咳(癆痎、ろうがい)と呼ばれていた。現在でも、多くの人が罹患する病気で好発部位は肺であるが全身の臓器・器官に感染し顕著な症状を呈している部位名に「結核」を付け加えた呼び方により細分化される。




  1. ^ The global burden of disease: 2004 update (Report). 世界保健機関. Part.4 Table 12: Leading causes of burden of disease (DALYs), all ages, 2004. ISBN 9241563710. http://www.who.int/healthinfo/global_burden_disease/2004_report_update/en/. 
  2. ^ a b c Kumar, Vinay; Abbas, Abul K.; Fausto, Nelson; & Mitchell, Richard N. (2007). Robbins Basic Pathology (8th ed.). Saunders Elsevier. pp. 516-522 ISBN 978-1-4160-2973-1
  3. ^ a b c d e f g h i j FactSheet - Tuberculosis”. 世界保健機関 (2015年3月). 2015年8月1日閲覧。
  4. ^ 永井英明、「多剤耐性結核の現状」医療 Vol.58 (2004) No.10 P.595-598, doi:10.11261/iryo1946.58.595
  5. ^ 小林弘美 , 小柳 孝太郎 , 加藤 収 ほか、「血液透析施設における超多剤耐性結核の集団感染」結核 88(5), 477-484, 2013-05-15, NAID 10031176474
  6. ^ WHO Disease and injury country estimates”. World Health Organization (2004年). 2009年11月11日閲覧。
  7. ^ 結核について 宮崎市役所健康管理部 健康支援課
  8. ^ “Janeways’s Immuno Biologoy” 5th edition by Kenneth Murphy, Fig. 16.22
  9. ^ “Janeways’s Immuno Biologoy” 5th edition by Kenneth Murphy, p514
  10. ^ “Janeways’s Immuno Biologoy” 5th edition by Kenneth Murphy, p514
  11. ^ 原田登之他「結核菌抗原ESAT-6およびCFP-10を用いた結核感染診断法QuantiFERON(R)TB-2Gの基礎的検討」『結核』79号、725-735頁、2004年
  12. ^ 病気がみえるVol.4 メディックメディア社発行 P108 ISBN 978-4896324617
  13. ^ 第107回 医師国家試験問題解説 P543 メディック・メディア 2013年5月8日発売 ISBN 978-4896324716
  14. ^ インターフェロンγ遊離試験使用指針 (PDF) 日本結核病学会
  15. ^ a b 山岸文雄、「結核の疫学・診断・治療・予防」日本内科学会雑誌 Vol.101 (2012) No.6 p.1691-1697, doi:10.2169/naika.101.1691
  16. ^ http://www.wako-chem.co.jp/news/2016/161220.htm
  17. ^ a b c 英国国立医療技術評価機構 2011, Chapt.1.2.1.2.
  18. ^ デルティバ添付文書 (PDF)
  19. ^ 英国国立医療技術評価機構 2011, Chapt.1.4.2.2.
  20. ^ 英国国立医療技術評価機構 2011, Chapt.1.5.3.1.
  21. ^ 英国国立医療技術評価機構 2011, Chapt.1.5.3.2.
  22. ^ 英国国立医療技術評価機構 2011, Chapt.1.3.1.
  23. ^ 英国国立医療技術評価機構 2011, Chapt.1.3.2.
  24. ^ 英国国立医療技術評価機構 2011, Chapt.1.3.5.
  25. ^ Jain AK, et al: Tuberculosis of the spine: A review. Clin Orthop relat Res 460: 39-49, 2007.
  26. ^ 英国国立医療技術評価機構 2011, Chapt.1.7.2.1.
  27. ^ 英国国立医療技術評価機構 2011, Chapt.1.7.3.1.
  28. ^ a b 英国国立医療技術評価機構 2011, Chapt.1.8.1.1.
  29. ^ 読売新聞朝刊2017年2月15日文化面「記者ノート/古病理学が解き明かすもの」
  30. ^ 表5-24 死亡率によってみた死因順位1900~2005年
  31. ^ 厚生労働省>統計情報・白書>各種統計調査>厚生労働統計一覧>人口動態調査>人口動態統計(確定数)の概況>平成22年(2010)人口動態統計(確定数)の概況>人口動態統計年報 主要統計表(最新データ、年次推移)>14ページ 第7表 死因順位(第5位まで)別にみた死亡数・死亡率(人口10万対)の年次推移
  32. ^ 結核対策の包括的見直しに関する提言」厚生科学審議会感染症分科会結核部会報告 2002年3月20日
  33. ^ 結核予防会編:結核の統計2011
  34. ^ 芸能人の肺結核の発生に伴う接触者調査、健康診断および健康相談の実施について”. 東京都福祉保健局 (2009年4月6日). 2011年5月18日閲覧。







結核と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

結核に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「結核」の関連用語

結核のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ニパウイルス感染症

重症急性呼吸器症候群

ノロウイルス感染症

レプトスピラ症

日本紅斑熱

マラリア

クリプトスポリジウム症

住血吸虫症





結核のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2017 時事用語のABC All Rights Reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2017 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2017, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日本国際保健医療学会日本国際保健医療学会
Copyright (C) by Japan Association for International Health. All rights reserved,2017.
国立感染症研究所 感染症情報センター国立感染症研究所 感染症情報センター
Copyright ©2017 Infectious Disease Surveillance Center All Rights Reserved.
大腸.com大腸.com
Copyright (C) 大腸.com. All Rights Reserved.
微生物管理機構微生物管理機構
Microbes Control Organization Ver 1.0 (C)1999-2017 Fumiaki Taguchi
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの結核 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS