エイズとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 時事用語 > エイズの意味・解説 

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。


エイズ [1] 【AIDS】 〔acquired immunodeficiency syndrome〕

HIV感染によって起こる疾患性交輸血血液製剤使用などで感染することが多い。免疫機構破壊され,通常なら発病しない細菌ウイルスでも発病し,カポジ肉腫など悪性腫瘍発症する。死亡率が非常に高い。後天性免疫不全症候群

AIDS


えい・ず 【映ず】

( 動サ変
えいずる(映)

えい・ず 【詠ず】

( 動サ変
えいずる(詠)

エイズ(えいず)

後天性免疫不全症候群。特にアフリカ猛威をふるう

1999年現在でエイズに感染している人の合計は、世界で3430万人である。このうちサハラ以南のアフリカでの感染者数は2450万人と、エイズ感染者の71.4%が同地域に集中している。

今やアフリカ大陸は「瀕死大陸」とさえ呼ばれている。1日1万人以上の人がエイズに感染し、年間での新規感染者は400万人にも及ぶ。母親から子供への感染多く感染者のうち15歳未満の子供は50万人もいた。

アフリカでエイズが蔓延している理由として、(1)避妊への心理的抵抗感文化的宗教理由避妊を行わない。つまりセックスの際にコンドームを用いない。(2)エイズ教育の不足…エイズの危険性が知られていない不特定多数とのセックス避け教育がされていない。(3)貧国が多い…エイズ対策財源がないなどがあげられる。

エイズの感染経路には、感染者との性交渉のほか、妊婦HIVエイズウイルス)が胎児感染する母子感染輸血などの血液移動により感染する血液感染などがある。しかし、日常生活において感染することはない。

このままペース感染者が増えつづけると、「南アフリカジンバブエでは15歳未満若者半分将来エイズで死亡する」(国連エイズ計画)と言われている。

サハラ以南のアフリカではもともと貧しい上、エイズが広がれば労働人口が失われ、るる国が貧しくなる。特にエイズ患者20代や30代に多く事態の深刻さを増している。サミットではこれらの問題含めて主要議題として議論される。

(2000.07.12更新


AIDS エイズ

Acquired後天性Immune免疫Deficiency不全Syndrome症候群) の頭文字をとった病名です。
AIDSの原因となるのはHIVHumanImmunodeficiency Virus:ヒト免疫不全ウイルス)と呼ばれる病原体です。
これに感染すると私たち自己防衛機能一つである「免疫機能」が低下してしまいます。
このウイルス感染後にゆっくり時間をかけて増殖続けて、免疫機能中心的役割をしている リンパ球白血球一種)を次々破壊していきます。
しかし、その破壊がすぐ体に影響を及ぼすわけではなくて、 自覚症状の無いまま確実にリンパ球の破壊進行していきます。
その後臨界点達したときに体の抵抗力端に落ちて、正常な時には何ら問題にならないようなウイルスカビ細菌繁殖してしまいます。 例え発熱下痢倦怠感体重減少のような現象現れその後にカリニ肺炎、エイズ脳症カポジ肉腫視力障害等が発現します。

HIV感染した」というのと「AIDSといわれている症状が出る」というのは同じ事ではありません。
血液等の感染ありますが、風呂唾液日常生活では感染することはありません。

エイズ


後天性免疫不全症候群

同義/類義語:エイズ
英訳・(英)同義/類義語:acquited immunodeficiency syndrome, AIDS

ヒトT細胞感染するエイズウイルスHIV(Human Immunodeficiency Virus)による感染症で、免疫不全による様々な合併症引き起こす
「生物学用語辞典」の他の用語
病名疾患名治療など:  壊血病  多発性硬化症  奇形腫  後天性免疫不全症候群  心不全  心筋梗塞  感染症

エイズ(AIDS)

後天性免疫不全症候群」の略。HIVヒト免疫不全ウィルス)の感染起こり1982年にエイズと名づけられました。
感染力は弱いものの、いったん感染すると、人間が本来持っている免疫力破壊し、さまざまな病気にかかりやすくなります。
HIVは、血液精液腟分泌液通じて感染します。


エイズ

AIDS, Acquired immunodeficiency syndrome

【概要】 ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染によって起こるHIV感染症末期状態を定義した言葉免疫の力が低下して、健康な状態では到底かからない感染症(日和見感染症)にかかったり、悪性腫瘍(日和見腫瘍)が発生して、最後に死にいたる。従ってエイズの診断は、HIV感染(+免疫低下)+23のエイズ指標疾患または状態があることによって下される。  

【詳しく】 ニューモシスチス肺炎やサイトメガロウイルスウイルスや非定型抗酸菌症発症予防すれば、CD4細胞数が非常に低くなってもエイズ指標疾患発生しないかもしれない。このためアメリカ1993年からCD4細胞数が200/μL以下の場合サーベイランス上ではエイズとすることにした。これはCD4測定大切なこと伝えと共に医療福祉早期介入法的にしやすくする政策的な狙いがあった。ただしCD4細胞数検査が困難な場合もあるので、多くの国では必須項目にしていない

《参照》 日和見感染症日和見腫瘍CDC分類カテゴリーC


aids、エイズ

【仮名】えいず
原文】AIDS

ヒト免疫不全ウイルスhiv)によって引き起こされる疾患。aidsの人では、特定のがんの発生リスクや、通常免疫機能の弱まった人にのみ発生する感染症リスクが高くなる。「acquired immunodeficiency syndrome後天性免疫不全症候群)」とも呼ばれる

エイズ

→HIV/AIDS

エイズ

名前 Ades

後天性免疫不全症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/11 10:13 UTC 版)

(エイズ から転送)

後天性免疫不全症候群(こうてんせいめんえきふぜんしょうこうぐん、英語: Acquired immune deficiency syndrome, AIDSエイズ))は、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が免疫細胞に感染し、免疫細胞を破壊して後天的に免疫不全を起こす疾患[2]。照屋勝治はエイズを慢性ウイルス血症による「全身性炎症性疾患」としている[3]性行為感染症の一つ。




[ヘルプ]
  1. ^ The global burden of disease: 2004 update (Report). 世界保健機関. Part.4 Table 12: Leading causes of burden of disease (DALYs), all ages, 2004. ISBN 9241563710. http://www.who.int/healthinfo/global_burden_disease/2004_report_update/en/. 
  2. ^ ストップエイズ!今は「不治の特別な病」ではなく、コントロール可能な病気です。まずは早めに「HIV検査」を”. 政府広報オンライン. 2013年5月31日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 照屋勝治、HIV治療の最前線 日本内科学会雑誌 Vol.102 (2013) No.12 p.3244-3252, doi:10.2169/naika.102.3244
  4. ^ “Mechanisms of CD4+ T lymphocyte cell death in human immunodeficiency virus infection and AIDS”. J. Gen. Virol. 84 (7): 1649–1661. (2003). doi:10.1099/vir.0.19110-0. PMID 12810858. 
  5. ^ International Committee on Taxonomy of Viruses (2002年). “61. Retroviridae”. National Institutes of Health. 2006年6月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月25日閲覧。
  6. ^ International Committee on Taxonomy of Viruses (2002年). “61.0.6. Lentivirus”. National Institutes of Health. 2006年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月25日閲覧。
  7. ^ Lévy, J. A. (1993). “HIV pathogenesis and long-term survival”. AIDS 7 (11): 1401–10. doi:10.1097/00002030-199311000-00001. PMID 8280406. 
  8. ^ Smith, Johanna A.; Daniel, René (Division of Infectious Diseases, Center for Human Virology, Thomas Jefferson University, Philadelphia) (2006). “Following the path of the virus: the exploitation of host DNA repair mechanisms by retroviruses”. ACS Chem Biol 1 (4): 217–26. doi:10.1021/cb600131q. PMID 17163676. 
  9. ^ Martínez, edited by Miguel Angel (2010). RNA interference and viruses : current innovations and future trends. Norfolk: Caister Academic Press. p. 73. ISBN 978-1-904455-56-1. https://books.google.com/books?id=C5TY8W74scIC&pg=PA73. 
  10. ^ Gerald B. Pier, ed (2004). Immunology, infection, and immunity. Washington, D.C.: ASM Press. p. 550. ISBN 978-1-55581-246-1. https://books.google.com/books?id=kBb-wYsMHEAC&pg=PA550&lpg=PA550. 
  11. ^ a b c “Hybrid Spreading Mechanisms and T Cell Activation Shape the Dynamics of HIV-1 Infection”. PLOS Computational Biology 11 (4): e1004179. (2015). doi:10.1371/journal.pcbi.1004179. PMID 25837979. 
  12. ^ “HIV-1 cell to cell transfer across an Env-induced, actin-dependent synapse”. Journal of Experimental Medicine 199 (2): 283–293. (2004). doi:10.1084/jem.20030648. PMID 14734528. 
  13. ^ “Avoiding the void: cell-to-cell spread of human viruses”. Nature Reviews Microbiology 6 (11): 815–826. (2008). doi:10.1038/nrmicro1972. PMID 18923409. 
  14. ^ “Cell-to-cell spread of HIV permits ongoing replication despite antiretroviral therapy”. Nature 477 (7362): 95–98. (2011). doi:10.1038/nature10347. PMID 21849975. 
  15. ^ Gilbert, PB et al. (February 28, 2003). “Comparison of HIV-1 and HIV-2 infectivity from a prospective cohort study in Senegal”. Statistics in Medicine 22 (4): 573–593. doi:10.1002/sim.1342. PMID 12590415. 
  16. ^ Reeves, J. D.; Doms, R. W (2002). “Human Immunodeficiency Virus Type 2”. J. Gen. Virol. 83 (Pt 6): 1253–65. doi:10.1099/vir.0.18253-0. PMID 12029140. 
  17. ^ HIV検査・相談マップ
  18. ^ a b HIV検査まめ知識(HIV検査・相談マップ)
  19. ^ 核酸増幅試験(社団法人 日本血液製剤協会)
  20. ^ HIV検査Q&A(HIV検査・相談マップ)
  21. ^ 寄付・献血・ボランティア|エイズ、肝炎などのウイルス保有者、またはそれと疑われる方”. 日本赤十字社. 2011年11月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月31日閲覧。
  22. ^ ふたつのウインドウ・ピリオドとは
  23. ^ a b “HIV感染者の平均余命、今では一般とほぼ変わらず=英研究”. BBC news Japan (BBCワールドジャパン). (2017年5月11日). http://www.bbc.com/japanese/39880346 2017年5月11日閲覧。 
  24. ^ 「アフリカ経済論」p204-205 北川勝彦・高橋基樹編著 ミネルヴァ書房 2004年11月25日初版第1刷
  25. ^ a b c “Current status of HIV infection: a review for non-HIV-treating physicians”. Int J Dermatol 46 (12): 1219–28. (2007). doi:10.1111/j.1365-4632.2007.03520.x. PMID 18173512. 
  26. ^ Mandell, Bennett, and Dolan (2010). Chapter 118.
  27. ^ UNAIDS, WHO (2007年12月). “2007 AIDS epidemic update (PDF)”. 2008年3月12日閲覧。
  28. ^ a b “HIV-1 infection in rural Africa: is there a difference in median time to AIDS and survival compared with that in industrialized countries?”. AIDS 16 (4): 597–632. (2002). doi:10.1097/00002030-200203080-00011. PMID 11873003. 
  29. ^ (PDF) Progression and mortality of untreated HIV-positive individuals living in resource-limited settings: update of literature review and evidence synthesis. UNAIDS Obligation HQ/05/422204. (2006). オリジナルのApril 9, 2008時点によるアーカイブ。. http://data.unaids.org/pub/Periodical/2006/zwahlen_unaids_hq_05_422204_2007_en.pdf 2008年3月19日閲覧。. 
  30. ^ a b Antiretroviral Therapy Cohort Collaboration (2008). “Life expectancy of individuals on combination antiretroviral therapy in high-income countries: a collaborative analysis of 14 cohort studies”. Lancet 372 (9635): 293–9. doi:10.1016/S0140-6736(08)61113-7. PMC 3130543. PMID 18657708. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3130543. 
  31. ^ Schackman BR, Gebo KA, Walensky RP, Losina E, Muccio T, Sax PE, Weinstein MC, Seage GR 3rd, Moore RD, Freedberg KA. (2006). “The lifetime cost of current HIV care in the United States”. Med Care 44 (11): 990–997. doi:10.1097/01.mlr.0000228021.89490.2a. PMID 17063130. 
  32. ^ a b c d Vogel, M; Schwarze-Zander, C; Wasmuth, JC; Spengler, U; Sauerbruch, T; Rockstroh, JK (July 2010). “The treatment of patients with HIV”. Deutsches Ärzteblatt international 107 (28–29): 507–15; quiz 516. doi:10.3238/arztebl.2010.0507. PMC 2915483. PMID 20703338. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2915483. 
  33. ^ van Sighem, AI; Gras, LA; Reiss, P; Brinkman, K; de Wolf, F; ATHENA national observational cohort, study (June 19, 2010). “Life expectancy of recently diagnosed asymptomatic HIV-infected patients approaches that of uninfected individuals”. AIDS (London, England) 24 (10): 1527–35. doi:10.1097/QAD.0b013e32833a3946. PMID 20467289. 
  34. ^ UNAIDS 2011 pg. 150–160
  35. ^ Smith, [edited by] Blaine T. (2008). Concepts in immunology and immunotherapeutics (4th ed.). Bethesda, Md.: American Society of Health-System Pharmacists. p. 143. ISBN 978-1-58528-127-5. https://books.google.com/books?id=G46DrdlxNJAC&pg=PA143. 
  36. ^ a b Cheung, MC; Pantanowitz, L; Dezube, BJ (Jun–Jul 2005). “AIDS-related malignancies: emerging challenges in the era of highly active antiretroviral therapy”. The oncologist 10 (6): 412–26. doi:10.1634/theoncologist.10-6-412. PMID 15967835. 
  37. ^ “The impact of host genetics on HIV infection and disease progression in the era of highly active antiretroviral therapy”. AIDS 17 (Suppl 4): S51–S60. (2003). doi:10.1097/00002030-200317004-00006. PMID 15080180. 
  38. ^ Lawn SD (2004). “AIDS in Africa: the impact of co-infections on the pathogenesis of HIV-1 infection”. J. Infect. Dis. 48 (1): 1–12. doi:10.1016/j.jinf.2003.09.001. PMID 14667787. 
  39. ^ Campbell GR; Pasquier E; Watkins J et al. (2004). “The glutamine-rich region of the HIV-1 Tat protein is involved in T-cell apoptosis”. J. Biol. Chem. 279 (46): 48197–48204. doi:10.1074/jbc.M406195200. PMID 15331610. 
  40. ^ “The C terminus of HIV-1 Tat modulates the extent of CD178-mediated apoptosis of T cells”. J. Biol. Chem. 280 (46): 38376–39382. (2005). doi:10.1074/jbc.M506630200. PMID 16155003. 
  41. ^ Tuberculosis”. Fact sheet 104. World Health Organization (2012年3月). 2012年8月29日閲覧。
  42. ^ World Health Organization (2011年). “Global tuberculosis control 2011”. 2012年8月29日閲覧。
  43. ^ Pennsylvania, Editors, Raphael Rubin, M.D., Professor of Pathology, David S. Strayer, M.D., Ph.D., Professor of Pathology, Department of Pathology and Cell Biology, Jefferson Medical College of Thomas Jefferson University Philadelphia, Pennsylvania ; Founder and Consulting Editor, Emanuel Rubin, M.D., Gonzalo Aponte Distinguished Professor of Pathology, Chairman Emeritus of the Department of Pathology and Cell Biology, Jefferson Medical College of Thomas Jefferson University, Philadelphia, (2011). Rubin's pathology : clinicopathologic foundations of medicine (Sixth ed.). Philadelphia: Wolters Kluwer Health/Lippincott Williams & Wilkins. p. 154. ISBN 978-1-60547-968-2. https://books.google.com/books?id=wb2TzY9AgJ0C&pg=PA154. 
  44. ^ Woods, S.; Moore, D.; Weber, E.; Grant, I. (2009). “Cognitive neuropsychology of HIV-associated neurocognitive disorders”. Neuropsychology review 19 (2): 152–168. doi:10.1007/s11065-009-9102-5. PMC 2690857. PMID 19462243. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2690857. 
  45. ^ Brown, T.; Qaqish, R. (2006). “Antiretroviral therapy and the prevalence of osteopenia and osteoporosis: a meta-analytic review”. AIDS (London, England) 20 (17): 2165–2174. doi:10.1097/QAD.0b013e32801022eb. PMID 17086056. 
  46. ^ Nicholas, P.K.; Kemppainen, J.K.; Canaval, G.E. et al. (February 2007). “Symptom management and self-care for peripheral neuropathy in HIV/AIDS”. AIDS Care 19 (2): 179–89. doi:10.1080/09540120600971083. PMID 17364396. 
  47. ^ “AIDS-related malignancies”. Nature Reviews Cancer 2 (5): 373–382. (2002). doi:10.1038/nrc797. PMID 12044013. 
  48. ^ “Therapy insight: AIDS-related malignancies – the influence of antiviral therapy on pathogenesis and management”. Nat. Clin. Pract. Oncol. 2 (8): 406–415. (2005). doi:10.1038/ncponc0253. PMID 16130937. 
  49. ^ Post, F. .; Holt, S. . (2009). “Recent developments in HIV and the kidney”. Current opinion in infectious diseases 22 (1): 43–48. doi:10.1097/QCO.0b013e328320ffec. PMID 19106702. 
  50. ^ a b “Prolongation and quality of life for HIV-infected adults treated with highly active antiretroviral therapy (HAART): a balancing act”. J. Antimicrob. Chemother. 61 (3): 469–73. (March 2008). doi:10.1093/jac/dkm499. PMID 18174196. http://jac.oxfordjournals.org/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=18174196. 
  51. ^ Fact sheet
  52. ^ 「アフリカ経済論」p195-196 北川勝彦・高橋基樹編著 ミネルヴァ書房 2004年11月25日初版第1刷
  53. ^ 「アフリカ 苦悩する大陸」ロバート・ゲスト著 伊藤真訳 2008年5月15日 東洋経済新報社 p106-107
  54. ^ 「アフリカ 苦悩する大陸」ロバート・ゲスト著 伊藤真訳 2008年5月15日 東洋経済新報社 p99-110
  55. ^ 「アフリカ 苦悩する大陸」ロバート・ゲスト著 伊藤真訳 2008年5月15日 東洋経済新報社 p178
  56. ^ 池谷和信編著 『ボツワナを知るための52章』 明石書店 2012年 280-282ページ
  57. ^ 平成26(2014)年エイズ発生動向年報 表2 平成26(2014)年末におけるHIV感染者およびAIDS患者の国籍別、性別、感染経路別累計”. 厚生労働省エイズ動向委員会 (2015年5月27日). 2015年10月18日閲覧。
  58. ^ Gusa, Aa; Buller, Rs; Storch, Ga; Huycke, Mm; MacHado, Lj; Slater, Ln; Stockham, Sl; Massung, Rf (Jul 2006). “Chimpanzee reservoirs of pandemic and nonpandemic HIV-1.” (Free full text). Science 313 (5786): 523-6. PMC 2442710. PMID 16728595. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2442710/?tool=pubmed. 
  59. ^ エイズ情報net:疫学


「後天性免疫不全症候群」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

エイズに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「エイズ」の関連用語

エイズのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

コリドラス・ベネズエラヌス

アカタン砂防奥の東堰堤

パライソ・グレープフルーツ

近江国庁跡

EMONSTER lite

キルヒホッフ

バッスルスタイル

200系





エイズのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2017 時事用語のABC All Rights Reserved.
財団法人和歌山県人権啓発センター財団法人和歌山県人権啓発センター
Copyright (C) 2017 財団法人和歌山県人権啓発センター All rights reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2017 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
花王ロリエ花王ロリエ
Copyright © 1994-2017 KAO CORPORATION. All Rights Reserved.
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2017, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日本国際保健医療学会日本国際保健医療学会
Copyright (C) by Japan Association for International Health. All rights reserved,2017.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの後天性免疫不全症候群 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS