感染とは?

かん せん [0] 【感染】

( 名 ) スル
病気がうつること。 「コレラに-する」
ある物事影響を受け,それにそまること。 「国粋主義思想に-する」 〔奥山虎章「医語類聚」(1872年)に英語 affection訳語として載る


感染

英訳・(英)同義/類義語:infection

病原体体内入り増殖状態になること。
「生物学用語辞典」の他の用語
現象や動作行為に関連する概念:  性的隔離  悪液質  感作  感染  成長運動  手続き記憶  托卵

感染

Infection

【概要】 病原となる微生物より大きい生物(宿主)に寄生して生きていける状態になること。宿主にとって都合の悪い感染を感染症と呼んでいる。微生物によって住み着くところは、宿主細胞の中や細胞細胞の間だったりする。 

【詳しく】 HIV場合細胞にとりこまれ、RNAからDNAの形に変り細胞遺伝子組み込まれた時点で感染が成立したと言える

《参照》


感染

【仮名】かんせん
原文infection

体内での微生物侵入増殖。感染は体のいたるところ起こり体中に拡がる。微生物は、細菌ウイルス酵母菌菌類である。これらは感染した場所によって発熱や他の問題引き起こす。体の自然防御システム強ければ、微生物戦い、感染を防ぐことができる。がんの治療の中には、自然防御システム弱めるものもある。

感染

作者ジャネット・アシモフ

収載図書妖魔の宴―スーパー・ホラー・シアター ドラキュラ編 2
出版社竹書房
刊行年月1992.12
シリーズ名竹書房文庫


感染

作者畠中佳子

収載図書火山灰の降る日
出版社驢馬出版
刊行年月2002.12
シリーズ名驢馬文芸叢書


感染―Infektion

作者田村純一

収載図書エレメンタルカナ―精霊症候群
出版社富士見書房
刊行年月2002.6
シリーズ名富士見ファンタジア文庫


感染

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/08/31 04:56 UTC 版)

感染(かんせん、: infection)とは、生物体内もしくは表面に、より体積の小さい微生物等の病原体寄生し、増殖するようになる事[1]。また、侵入等のその過程[2]。 それによっておこる疾患感染症という。


[ヘルプ]
  1. ^ 柳下徳雄. “感染”. 日本大百科全書(小学館). Yahoo!百科事典. ‎2013-‎04-‎07閲覧。
  2. ^ 感染”. マイペディア日立ソリューションズ. コトバンク (2010年5月). ‎2013-‎04-‎07閲覧。
  3. ^ a b c 矢野郁也(編集)、熊沢義雄(編集)、内山竹彦(編集)、『病原微生物学』、53ページ、東京化学同人、2002年11月
  4. ^ Jacquelyn G. Black著、林英生・岩本愛吉・神谷茂・高橋秀実監訳、『ブラック微生物学 第2版』、408ページ、丸善(株)出版事業部、2007年1月
  5. ^ 矢野郁也(編集)、熊沢義雄(編集)、内山竹彦(編集)、『病原微生物学』、75ページ、東京化学同人、2002年11月
  6. ^ a b c d e 東匡伸、小熊惠二、『シンプル微生物学』、42ページ、南江堂;改訂第3版、2000年10月
  7. ^ 東匡伸、小熊惠二、『シンプル微生物学』、44ページ、南江堂;改訂第3版、2000年10月
  8. ^ a b c d e 東匡伸、小熊惠二、『シンプル微生物学』、43ページ、南江堂;改訂第3版、2000年10月
  9. ^ 綿貫勤(編集)、並木恒夫(編集)、若狭治毅(編集)、大西義久(編集)、『シンプル病理学』、59ページ、南江堂; 改訂第3版版、1999年03月
  10. ^ 東匡伸、小熊惠二、『シンプル微生物学』、249ページ、南江堂;改訂第3版、2000年10月
  11. ^ 綿貫勤(編集)、並木恒夫(編集)、若狭治毅(編集)、大西義久(編集)、『シンプル病理学』、59~61ページ、南江堂; 改訂第3版版、1999年03月
  12. ^ a b 矢野郁也(編集)、熊沢義雄(編集)、内山竹彦(編集)、『病原微生物学』、58ページ、東京化学同人、2002年11月
  13. ^ 矢野郁也(編集)、熊沢義雄(編集)、内山竹彦(編集)、『病原微生物学』、125ページ、東京化学同人、2002年11月
  14. ^ a b c 矢野郁也(編集)、熊沢義雄(編集)、内山竹彦(編集)、『病原微生物学』、59ページ、東京化学同人、2002年11月
  15. ^ 中島泉(著)、吉開泰信(著)、高橋利忠(著)、「シンプル免疫学』、144~147ページ、南江堂; 改訂第2版、2001年02月
  16. ^ 東匡伸、小熊惠二、『シンプル微生物学』、77ページ、南江堂;改訂第3版、2000年10月
  17. ^ 鳥取県公式ページ
  18. ^ Yu Shi, and Osamu Tokunaga, Multiple Infections and Atherosclerosis: Co-infection of Chlamydia Pneumoniae, and Herpesviruses in the Aorta is Related to Atherosclerosis J. Jpn. Coll. Angiol., 2003, 43: 667-671.
  19. ^ 矢野郁也(編集)、熊沢義雄(編集)、内山竹彦(編集)、『病原微生物学』、53および60ページ、東京化学同人、2002年11月
  20. ^ 神戸大学 腸管外病原性大腸菌(ExPEC)における病原因子の特定に資する研究のページ
  21. ^ 東匡伸、小熊惠二、『シンプル微生物学』、46ページ、南江堂;改訂第3版、2000年10月


「感染」の続きの解説一覧

感染

出典:『Wiktionary』 (2010/11/02 19:40 UTC 版)

名詞

かんせん

  1. 病原体体内侵入して定着すること。
  2. あるものの影響受けてそれに染まること。

関連語

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
感染-する

翻訳






感染と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

感染に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「感染」の関連用語

感染のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Zune HD

Sculpt Ergonomic Desktop

LaVie Z

iPhone

dtab d-01H

Xperia A SO-04E

中付きルビ

グリッド線





感染のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2016 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2016, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2016 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの感染 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの感染 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS