炎症とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 保健 > 反応 > 炎症の意味・解説 

えん しょう -しやう [0] 【炎症】

外傷・やけど,細菌侵入薬物放射線作用などに対して生体に起こる防御反応。体の一部充血・はれ・発熱痛みなどの症状起こす


炎症

英訳・(英)同義/類義語:inflammation

人や高等動物組織一部損傷したり、病原体による感染を受けたりすると、生体防御反応として一連の反応が起きる。これを炎症反応といい、損傷感染部位白血球集合したり、組織修復が行われる。

炎症

Inflammation

【概要】 病理学用語。組織傷害されると局所に死んだ細胞成分漏れたり血流とだえたり血液成分にじみでるなどの病的変化が生じる。この病変をもたらした刺激を除き、病巣修復ようとする生体の一連の反応を炎症という。炎症反応には炎症細胞(色々な白血球など)が分泌する様々なサイトカインケモカイン介在している。

《参照》 サイトカインケモカイン


炎症

【仮名】えんしょう
原文inflammation

体の一部発赤腫れ痛み熱感などが生じること。これは損傷疾患組織への刺激などに対す防御反応である。

炎症(Inflammation)

組織傷害されると局所循環障害滲出変性などの病的変化が生じるが、この病変をもたらした刺激除去し、病巣修復ようとする生体の一連の反応を炎症という。

炎症【えんしょう】

細菌ウイルス外傷などの物理的作用、また薬物などの化学的作用により起こる生体の防御反応で、発熱発赤腫脹疼痛などの症状あります

炎症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/06/24 11:48 UTC 版)

炎症(えんしょう、: Inflammation)とは、生体が何らかの有害な刺激を受けた時に免疫応答が働き、それによって生体に出現した症候である。さらにその免疫応答の結果によって生じる病理学上の変化を示す病理学用語でもある。


  1. ^ Bianchi, Marco E. (2007), “DAMPs, PAMPs and alarmins: all we need to know about danger”, Journal of Leukocyte Biology 81: 1--5, doi:10.1189/jlb.0306164 
  2. ^ Parham, Peter 『エッセンシャル免疫学』、笹月健彦 メディカル・サイエンス・インターナショナル、2007年 


「炎症」の続きの解説一覧

炎症

出典:『Wiktionary』 (2010/12/21 10:47 UTC 版)

名詞

えんしょう

  1. 有害な刺激対する、局所的な反応生体防衛反応としての意味を持ち発赤腫脹発熱疼痛主な徴候である。

派生語

関連語

翻訳






炎症と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

炎症に関連した本

炎症に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「炎症」の関連用語

炎症のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




炎症のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2014 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2014, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2014 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
トランスプラント・コミュニケーション [臓器移植の情報サイト]トランスプラント・コミュニケーション [臓器移植の情報サイト]
© 1996-2008 Transplant Communication All Rights Reserved (Unless otherwise noted.)
QUPiOQUPiO
Copyright © 2014 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの炎症 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの炎症 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2014 Weblio RSS