炎症反応とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 炎症反応の意味・解説 

炎症

(炎症反応 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/03 13:52 UTC 版)

炎症(えんしょう、: Inflammation)とは、生体の恒常性を構成する解剖生理学的反応の一つであり、非特異防御機構の一員である。炎症は組織損傷などの異常が生体に生じた際、当該組織と生体全体の相互応答により生じる。生体における他の様々な反応と同じく、多重応答の秩序、つまりマルチフィードバックの仕組みに従っている。


  1. ^ Bianchi, Marco E. (2007), “DAMPs, PAMPs and alarmins: all we need to know about danger”, Journal of Leukocyte Biology 81: 1--5, doi:10.1189/jlb.0306164 
  2. ^ Parham, Peter 『エッセンシャル免疫学』、笹月健彦 メディカル・サイエンス・インターナショナル、2007年 


「炎症」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

炎症反応に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「炎症反応」の関連用語

炎症反応のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

南アルプス国立公園

尾上サワラの生け垣

小松 大樹

Adobe Reader

研究炉

イエローストーン国立公園

コインポケット

キャップ





炎症反応のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの炎症 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS