脱落とは?

だつ らく [0] 【脱落】

( 名 ) スル
必要なものが抜け落ちること。
書籍などの印刷物で,あるページや行,ある一節語句欠けること。 「一行-している」
仲間集団についていけなくなること。落伍。 「 -者」


脱落

人口統計正確性 1は、他の要因もあるが、単位となる個人集団、または事象計数値の完全性 2依存することが考えられる。脱落 3調査漏れ 3は、過少推計 4をもたらしやすい一方重複調査 5は、過大推計 6招きやすい。誤りもう一つ原因中には年齢のような属性申告ミス 7分類ミス 8含まれるこのような不正確性は、時には事後調査検証 9人口学的内部検証 10によって発見されることもある。時にはある種質問回答されなかったり、不十分に回答されたりすることもあり、その場合無回答 11不詳 11または不明 11の項目に該当する数字大きくなって、かなり不正確統計情報となることがある


脱落

作者エリザベス・ボウエン

収載図書幸せな秋の野原―ボウエン・ミステリー短編集 2
出版社ミネルヴァ書房
刊行年月2005.4
シリーズ名MINERVA世界文学


脱落

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/08/07 09:32 UTC 版)

脱落(だつらく)というのは、抜け落ちることである。「欠落(けつらく)」とも言うが、こちらはなくてはならない物が抜けるというイメージが強い。人の場合は、他人について行けずに取り残される意味もあり、こちらは「落伍(らくご)」ともいう。この用法は選手権競技などに使うが、訳語の「ドロップアウト(dropout)」は、既存の社会組織から飛び出した人や学校の中途退学の意にも使う。




「脱落」の続きの解説一覧

脱落

出典:『Wiktionary』 (2011/08/29 13:51 UTC 版)

名詞

だつらく

  1. 必要なものが抜け落ちること。
  2. 仲間集団に付いて行けなくなること。

発音

だ↗つらく

動詞

活用

サ行変格活用
脱落-する





品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

脱落に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「脱落」の関連用語

脱落のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

モリブデン鉛鉱

零陵香

トンプソンアワツブガイ

アオダイ

近江神宮時計博物館

車両の種類

斜め包み

5GHz帯無線アクセスシステム





脱落のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの脱落 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの脱落 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS