関節とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 生物学用語 > 関節の意味・解説 

かん せつ くわん- [0] 【関節】

骨と骨とを可動的に結合させる部分。両骨の相対する面には軟骨の薄層があり,関節の周囲骨膜延長である結合組織性の丈夫な膜で包まれ,内部滑液満たされている。


関節

英訳・(英)同義/類義語:joint, Joints

骨と骨とが結合する部分総称結合した骨が相互にうごける可動関節と動けない不動関節また、動き種類形状によって球関節蝶番関節などに分類されている。
「生物学用語辞典」の他の用語
個体の器官や組織など:  開放血管系  間充織  間脳  関節  陰嚢  陰核  陰茎

滑膜性の連結

読み方かつえきせいのれんけつきょうぎのかんせつ、かんせつ、かどうかんせつ
別名:狭義の関節、関節、可動関節
学名Junctura synovialis, Articulatio, Diarthrosis
【英】:Synovial joint, Synovial joints

滑膜性の連結(狭義の関節)は両骨間に滑液満たす関節腔のある連結で、一般に可動性大きい。いわゆる関節は関節面、関節体、関節包および関節体の間にある関節腔。さらに必要に応じて補強靱帯関節円板関節唇および滑液包みられる。2つの関節体からなる関節では、動く方の関節体を可動部、比較静止している方を基部という。関節腔内面滑膜呼ばれる組織があるもをいう。(恥骨結合のように骨間組織に空隙含み得る連結でも滑膜備えないものはこの分類には入らない)連結系の中で運動性が最も大きい。関節の語を狭義に用いるとき、しばしば滑膜性の連結のみを指す。関節は老人変化を受け、血管のない関節軟骨はその弾力性を失う。老人では軟骨におおわれた関節面障害退縮みられる。また軟骨縁には増殖が起こってくる場合もある。この軟骨増殖は後に遊走してきた骨芽細胞によって骨に改造されることもあり、この骨が運動制限するように作用するこのような過程椎骨小さな関節で起こりやすい。しかし関節の変化はその関節が過度働き強いられるときには若年者においても現れることがある。[臨床すべての可動関節運動範囲をよく確かめることが大切である。関節をなす骨が正常な位置からはずれているとき、その関節は脱臼dislocateしているという。可動関節のうちのあるものは、靱帯による補強が弱いか、関節面の形が悪いか、あるいは筋による補強がないために、とくに脱臼しやすい肩関節顎関節肩鎖関節はその好例である。股関節脱臼通常先天的異常によるもので、正常状態では大腿骨頭定位置保持するはずの寛骨臼が不十分な発育示している。膝関節のごとく体重大部分支える関節の内部軟骨性の円板存在する場合には、スポーツを行うときのその円板損傷を受けやすい。特に急速な動作時に円板正常位置よりずれて、2骨の関節面押しつぶされることがある神経系疾患例え脊髄空洞症syringomyelia)では関節での痛覚が失われる。そのために、関節の正常範囲超える運動が起きないように働く警告反応としての痛覚欠如する状態下で、ついには関節の破壊来す。さらに、関節の分類についての知識臨床有用である。というのは、ある種疾患特定のタイプの関節群をおかすからである。例え淋菌関節炎gonococcal arthritis膝関節肘関節手関節などの大きな滑膜関節をおかす。結核関節炎もまた滑膜関節をおかし、そのさい滑膜あるいは骨から炎症が始まる。2個以上の関節が同じ神経支配を受けることがある点に注意要する例えば、股関節膝関節はともに閉鎖神経支配を受ける。このため、これら2関節の内の一方病変に際して両方の関節に痛み感じことがある

関節

【仮名】かんせつ
原文joint

医学分野で、2つまたは3つ以上の骨が接合する部分。例として、肩、肘、膝、顎などがある。

関節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/12/09 14:44 UTC 版)

関節(かんせつ)とは、と骨が連結する部分を表す言葉である。




「関節」の続きの解説一覧

関節

出典:『Wiktionary』 (2010/08/17 02:31 UTC 版)

名詞

かんせつ

  1. 骨と骨とを繋いでいる可動性結合部




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

関節に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「関節」の関連用語

関節のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

肘関節

足の関節

手の関節

正中環軸関節

顎関節

脊柱結合

仙腸関節

膝関節





関節のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2016 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
船戸和弥のホームページ船戸和弥のホームページ
Copyright (C) 2016 船戸和弥のホームページ All rights reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2016 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの関節 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの関節 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS