電子顕微鏡とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 装置 > 装置 > 電子顕微鏡の意味・解説 

でん しけんびきょう -きやう [0] 【電子顕微鏡】

電子流電場または磁場による電子レンズ集束させて,その通路におかれた試料の像を拡大させる装置光学顕微鏡よりはるかにすぐれた分解能をもつ。1930年代前半に,ルスカらによって開発

電子顕微鏡

別名 :SEM
【英】 electron microscope

光線代わりに高圧加速された電子線を、光学レンズ代わりに電子レンズを用いた顕微鏡
光学顕微鏡では見ることの出来ない微小構造まで鮮明観察することが出来る。
光学顕微鏡数万倍の倍率をもつ。

電子顕微鏡

関東ローム地盤における柱状改良体の固化状況(4週養生)、エトリンガイト生成状況がわかる。)

                     ジオテック事業部 技術技術開発G撮影


電子顕微鏡

 電子線用いて試料拡大像を得る装置。この中には試料透過した電子電子レンズ用いて結像する透過型(TEM)、試料表面反射した電子を結像する反射型、集束電子線試料表面上に走査して各走査点からの2次電子用いて像をつくる走査電子顕微鏡(SEM)、加熱あるいはイオン照射によって試料から放出される電子を結像する表面放出型(電界イオン顕微鏡)などがある。また、入射した電子によって試料から放出される特性X線または試料による電子エネルギー損出スペクトル用いて微小領域元素分析を行うこともできる

電子顕微鏡

英訳・(英)同義/類義語:electron microscope

実験装置で、電子線を光の代わりに利用することにより、光学顕微鏡観察できない光の波長以下(200nm以下程度)の対象物を、電子レンズ拡大観察する装置

電子顕微鏡

【仮名】でんしけんびきょう
原文electron microscope

映像拡大するのに、(光の代わりに電子を用いる顕微鏡小さな物体拡大するために用いられる装置)。電子顕微鏡は、他のどのタイプ顕微鏡よりも、物体細かく映し出すことができる。

電子顕微鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/17 05:35 UTC 版)

電子顕微鏡(でんしけんびきょう)とは、通常の顕微鏡光学顕微鏡)では、観察したい対象に光(可視光線)をあてて拡大するのに対し、光の代わりに電子電子線)をあてて拡大する顕微鏡のこと。電子顕微鏡は、物理学化学工学生物学医学診断を含む)などの各分野で広く利用されている。




「電子顕微鏡」の続きの解説一覧





電子顕微鏡と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

電子顕微鏡に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「電子顕微鏡」の関連用語

電子顕微鏡のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

抜き合わせ

水槽

USBデータカードL-03F

土質分類

Wind NetBook U100 Vogue

一面せん断試験

iPad 2

プラント





電子顕微鏡のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
兼松日産農林株式会社兼松日産農林株式会社
Copyright ©2016 Kanematsu-NKK Corporation All rights reserved.
国際超電導産業技術研究センター国際超電導産業技術研究センター
Copyright (C) 2016 財団法人国際超電導産業技術研究センター All rights reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2016 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2016 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの電子顕微鏡 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS