ミイラとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > ミイラの意味・解説 

ミイラ [1]ポルトガル mirra】

腐敗せずに乾燥し,原形を残した状態の死体天然のものと人工ものがある人工のものの多く宗教目的により遺体腐敗を防いだもので,エジプトなどに見られる日本では即身仏呼ばれる宗教者ものがある。 〔「木乃伊」とも書くが,これはオランダ語 mummie の漢訳語〕

ミイラ

作者吉本ばなな

収載図書体は全部知っている
出版社文芸春秋
刊行年月2000.9

収載図書吉本ばなな自選選集 2 Loveラブ
出版社新潮社
刊行年月2000.12


ミイラ

作者よしもとばなな

収載図書体は全部知っている
出版社文藝春秋
刊行年月2002.12
シリーズ名文春文庫

収載図書よしもとばなな
出版社文藝春秋
刊行年月2007.1
シリーズ名はじめての文学


ミイラ

作者塩貝敏夫

収載図書逗留者
出版社東京図書出版会
刊行年月2003.8


木乃伊

読み方:ミイラ(miira)

作者 井上靖

初出 昭和39年

ジャンル


木乃伊

読み方:ミイラ(miira)

作者 中島敦

初出 昭和17年

ジャンル 小説


ミイラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/08 03:18 UTC 版)

ミイラ(木乃伊)とは、人為的加工ないし自然条件によって乾燥され、長期間原型を留めている死体のことである。永久死体であって「枯骸」とも呼ばれる。




  1. ^ Niños momia, Sacrificados en Salta, National Geographic Channel(スペイン語)
  2. ^ ヨハン・ラインハルト|ナショジオピープル|番組紹介|ナショナル ジオグラフィックチャンネル
  3. ^ タンパク質が水分を失うことにより不可逆的変質をしているので、水分を戻すことにより生命活動を復活させることは、現代の科学では不可能である
  4. ^ 水分が蒸発して細菌が活動出来なくなる前に腐敗菌による有機物の分解が進むため、特に内臓や脳の腐敗が顕著である。
  5. ^ 木乃伊(ミイラ)の話お江戸今昔堂
  6. ^ 2013年7月27日放送、TBSジョブチューンで発言
  7. ^ Online Etymology Dictionary
  8. ^ 『輟耕録』巻3・木乃伊
  9. ^ 広辞苑は「mummy の漢訳」とする。
  10. ^ Wikisource reference 李時珍. 本草綱目/人部#木乃伊芳. - ウィキソース. 
  11. ^ Thomas Hersey、「The Thomsonian recorder 第2巻」、380ページ、Jarvis Pike & Co.,、1834
  12. ^ 粟屋剛、「徳山大学研究叢書 19」人体の利用と商品化 1章-4 医療関連の利用
  13. ^ 和田, 浩一郎 (日本語). 古代エジプトの埋葬習慣. 日本: ポプラ社. 
  14. ^ J.トールワルドの著書『外科の夜明け』(ISBN 978-4-09-251009-8) による
  15. ^ ただし胃からの吸収だけで全身の腐敗を防止する成分を行き渡らせることは到底不可能であり(それ程吸収量が多ければ中毒死する)、気休め、あるいはおまじない程度の効果しかない。
  16. ^ 江戸時代から伝わる匠の技術!? 河童のミイラ
  17. ^ 『万国怪物大博覧会』南方堂、1993年。


「ミイラ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ミイラに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ミイラ」の関連用語

ミイラのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

風間 隼

VG66J

カタノリ

ヴィンテージ

フェタオイル

ビクトリー

シオデ

阿寒国立公園





ミイラのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのミイラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのミイラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS