ニンニクとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > ニンニクの意味・解説 

忍辱

読み方:ニンニク(ninniku)

(仏)六波羅密の一、もろもろ迫害忍受しうらまないこと


ニンニク

【仮名】にんにく
原文garlic

ヨーロッパ植物で、その球根が、食物風味をつけるために用いられる。また一部文化で、高コレステロール高血圧感染症、がんを含む、特定の医学問題治療するために使用されている。学名は。

ニンニク

作者ラフィク・シャミ

収載図書空飛ぶ木世にも美しメルヘン寓話、そして幻想的物語
出版社西村書店
刊行年月1997.9


ニンニク

ニンニク
科名 ユリ科
別名: -
生薬名: ヒル
漢字表記 大蒜
原産 中央アジア
用途 地中海原産といわれる多年草肥大した鱗茎を、肉やの臭い消し風味づけの薬味香辛料として料理に用います。日本では、として古くから栽培されました。ニンニク酒を作って、疲労回復健胃整腸発汗冷え症などに用います。
学名: Allium sativum L.
   

仁牟仁久

読み方:ニンニク(ninniku)

ユリ科多年草園芸植物薬用植物

学名 Allium sativum


読み方:ニンニク(ninniku)

ユリ科多年草園芸植物薬用植物

学名 Allium sativum


葱蓐

読み方:ニンニク(ninniku)

ユリ科多年草園芸植物薬用植物

学名 Allium sativum


読み方:ニンニク(ninniku)

ユリ科多年草鱗茎特有の臭気があり、薬用調味料などに使う

季節

分類 植物


読み方:ニンニク(ninniku)

ユリ科多年草鱗茎特有の臭気があり、薬用調味料などに使う

季節

分類 植物


ニンニク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/17 23:38 UTC 版)

ニンニク(蒜、大蒜、葫、忍辱[4]学名Allium sativum)はヒガンバナ科ネギ属の多年草で、球根(鱗茎)を香辛料として用いる。かつてクロンキスト体系による分類ではユリ科に属していた。




[ヘルプ]
  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Allium sativum L.”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2012年7月8日閲覧。
  2. ^ 文部科学省 「日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  3. ^ 厚生労働省 「日本人の食事摂取基準(2015年版)
  4. ^ 木村修次・黒澤弘光『大修館現代漢和辞典』大修館出版、1996年12月10日発行(436ページ)
  5. ^ a b 林輝明「薬になる動植物:第38回葫(ニンニク)」『漢方医薬新聞』2009年12月10日、3面。
  6. ^ 東北農政局 青森県内にんにく生産ベスト5市町村(平成21年)”. 2012年3月21日閲覧。
  7. ^ 「ニンニクの町」としてPRしている にんにくについて (PDF)”. 田子町. 2010年1月26日閲覧。
  8. ^ 国産のニンニクを生の状態ですりおろし、すぐに冷凍凍結させると緑色に変色するケース、変色しないで乳白色... | レファレンス協同データベース
  9. ^ 『農産加工だより』第50号 平成22年9月30日 - 地方独立行政法人 青森県産業技術センターPDF
  10. ^ Yamazaki Y, Yamamoto T, Okuno T (2012). “Causes and Remedies for Green Discoloration of Processed Garlic Puree : Effects of Storage Conditions on Ingredient Bulbs”. Food science and technology research 18 (2): 187-93. doi:10.3136/fstr.18.187. NAID 10030917829. 
  11. ^ 七訂増補日本食品標準成分表:文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会
  12. ^ 山下政三『鴎外森林太郎と脚気紛争』日本評論社、2008年、459-460頁
  13. ^ ニンニク、神戸 保、生活衛生、Vol. 28 (1984) No. 1
  14. ^ 食品成分による癌予防、矢野 友啓、日本未病システム学会雑誌、Vol.12 (2006) No.1 P56-58
  15. ^ a b Garlic and Cancer Prevention: Questions and Answers”. National Cancer Institute. 2010年7月24日閲覧。
  16. ^ World Cancer Research Fund and American Institute for Cancer Research (2007). Food, Nutrition, Physical Activity, and the Prevention of Cancer: A Global Perspective. Amer. Inst. for Cancer Research. ISBN 978-0972252225. http://wcrf.org/int/research-we-fund/continuous-update-project-cup/second-expert-report.  日本語要旨:食べもの、栄養、運動とがん予防世界がん研究基金米国がん研究機構
  17. ^ がん予防と食品、大澤 俊彦、日本食生活学会誌、Vol.20 (2009) No.1
  18. ^ 佐々木甚一「食材が持つ生物機能の開発」『弘前大保健紀』5、2006年、pp145―156
  19. ^ 体中からアリルメルカプタンの臭いを消し去る効果的な方法は発見されていない
  20. ^ NHK「趣味の園芸 やさいの時間」2011年10月号 p.37
  21. ^ 超臨界研究所
  22. ^ ニンニク(葫、大蒜 Garlic) KNUダイエット 食材百科事典 2007
  23. ^ 2月29日 ニンニクの日|なるほど統計学園”. 総務省統計局. 2014年10月2日閲覧。


「ニンニク」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ニンニク」の関連用語

1
98% |||||

2
98% |||||

3
98% |||||


5
76% |||||

6
76% |||||

7
76% |||||

8
76% |||||

9
76% |||||

10
76% |||||

ニンニクのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

セイロンベンケイソウ

カラスウリ

ゴンズイ

オオマツヨイグサ

センダン

ライラック

ヘビノボラズ

ぺニーロイヤルミント





ニンニクのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2017, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのニンニク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS