アルファルファとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > マメ科 > アルファルファの意味・解説 

アルファルファ(ALFALFA)


アメリカではアルファルファ、ヨーロッパではルーサンLucerne>と呼ばれます。 古くからペルシャ地方飼料とされました。日本には江戸時代末期伝来しましたが、牧草としての栽培明治以降で、主に北海道定着しました。マメ科多年草で、は3小葉からなり草丈は1m程になります。芽生えたばかりのものを、私たちは「アルファルファもやし」と呼びサラダおひたしにして食べますが、牛たちが食べる牧草とされるのは茎葉部です。


アルファルファ


アルファルファ

「紫花種」は、和名ムラサキウマゴヤシ紫色の花をつけ、温暖向き。ナツワカバはこの品種で 非休眠型と呼ばれ、刈り取り後の再生早いので、多回刈り利用に適します。「黄花種」は、黄色の花をつけ、寒さ強く北海道向きキタワカバがこの品種いづれも直根が数mの深さまで伸び乾燥強く日当たり水はけ良い土地好みます。


アルファルファ

紀元前ペルシャ攻め込んだアレキサンダー大王軍隊が、軍馬用のエサとして持ち歩いた、 というほど古くから使われてきた 乾草です。北米カナダからの輸入品多く人気が高い。 もっとも栄養価値の高い乾草


アルファルファ

牧草アルファルファを人工的火力乾燥して粉末固形したもの飼料加えると食欲増し乳量増加効果ありますアメリカから小型ペレット化して輸入され、濃厚飼料に混ぜて使用されています。良質のものは、タンパク質2023%を含みミネラルビタミン供給源として活用されています。

<ミルククラブ情報誌'93 SUMMER vol.8より>

アルファルファ

アルファルファは、草丈が1m程度豆科多年草です。中央アジア原産牧草で、日本名ムラサキウマゴヤシ種子発芽させてもやしにしたもので、このもやしを健康食品として使用します。

アルファルファ

豆科多年生牧草で、粗蛋白質多く含み牧草王様とも呼ばれる馬の飼料には欠かせない牧草品種により寒地暖地にも向くが日本に多い酸性土壌は嫌う。
アルファルファ

ムラサキウマゴヤシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/16 20:08 UTC 版)

(アルファルファ から転送)

ムラサキウマゴヤシ(紫馬肥やし、: AlfalfaMedicago sativa)は、マメ科ウマゴヤシ属多年草中央アジア原産。アルファルファルーサンとも呼ばれる。


[ヘルプ]
  1. ^ a b c 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)”. 2011年5月17日閲覧。


「ムラサキウマゴヤシ」の続きの解説一覧





アルファルファと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

アルファルファに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アルファルファ」の関連用語

アルファルファのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ゴール板

カウハッチ

配合飼料

決勝審判

馬の温泉

ナチュラルチーズ

鹿毛

出産





アルファルファのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
一般社団法人中央酪農会議一般社団法人中央酪農会議
(C) 2017 Japan Dairy Council All right reserved.
Supplement Kuchikomi RankingSupplement Kuchikomi Ranking
(C)2017 All Rights Reserved. 健康食品のあり方を考える日本サプリメント評議会の運営です。
JRAJRA
Copyright 2017 Japan Racing Association.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのムラサキウマゴヤシ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS