腸内細菌とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 菌類 > > 腸内細菌の意味・解説 

ちょう ないさいきん ちやう- [5] 【腸内細菌】

腸管内に常時存在する細菌腸球菌連鎖球菌大腸菌など100種を超える多くは非病原性で,消化補助ある種ビタミン合成外来対す防御などの役割をしているが,ごく一部障害原因になることもある。

腸内細菌

英訳・(英)同義/類義語:entero-bacteria

動物腸内存在する細菌総称一過的に存在するものと、腸管内で増殖するものがあり、消化活動助けたり必要な養分合成するものも含まれる最近になり、メタゲノム解析対象になってきた。

腸内細菌(科) [Enterobacteria,Enterobacteriaceae]

 ヒトをはじめ多く動物腸管内や広く自然界常在している細菌である。その代表的細菌大腸菌であるが、赤痢菌サルモネラペスト菌エルシニア、シトロバクター、クレブシエラ、エンテロバクター、セラチア、ハフニア、エドワードジエラ、プロテウスなど22属が包含されている。腸内細菌科細菌全てグラム陰性菌で、通性嫌気性桿菌である。芽胞はつくらないが、莢膜鞭毛をもつ細菌ともたない細菌がある。その中にはヒトその他の動物腸管感染症原因も多い。これらの細菌腸内細菌科一括され分類上重要である。
ただし、腸内細菌科細菌と腸内細菌という語は誤解されやすい。腸内には上記のような腸内細菌科細菌のほかに分類的には全く異なった細菌生息しているので、腸内生息している細菌全て(腸内)が腸内細菌科ではないことに注意する必要がある

腸内細菌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/02/02 23:55 UTC 版)

腸内細菌(ちょうないさいきん)とは、ヒトや動物のの内部に生息している細菌のこと。


[ヘルプ]
  1. ^ 腸内細菌は創薬開発に有益なヒントを与える
  2. ^ 岡野哲也殺菌と界面活性剤の話『花王ハイジーンソリューション』No.7、 2004年7月発行、pp24-25
  3. ^ 研究・開発:研究概要:乳酸菌の免疫賦活作用に関する研究(カルピス)
  4. ^ 辨野義己 腸内細菌の全体像をつかみ、予防医学に役立てる (理研ニュース、February 2004)(独立行政法人 理化学研究所
  5. ^ 「健康食品」の安全性・有効性情報独立行政法人 国立健康・栄養研究所
  6. ^ 肝性脳症 135章 肝臓の病気でみられる症状 (メルクマニュアル家庭版)
  7. ^ 主な学会発表 (カルピス研究所)
  8. ^ http://www.dailytimes.jp/kenkou/kenkou/miraino.htm [リンク切れ]
  9. ^ 「日本人の食事摂取基準」(2010年版)厚生労働省
  10. ^ 2章ニューヨークのレストランから排除されたトランス脂肪酸」『 脂質栄養学の新方向とトピックス
  11. ^ トータルダイエット調査による東京都民のビオチン,ビタミンB6,ナイアシンの一日摂取量の推定齋東由紀、牛尾房雄、栄養学雑誌Vol.62 No.3 165〜169(2004)
  12. ^ 四訂日本食品標準成分表のフォローアップ「日本食品ビタミンK・B6・B12成分表」について前川昭男、日本食生活学会誌Vol.7No.1(1996)
  13. ^ 鷹觜テル「食生活と長寿に関する研究-2-長寿村棡原地区の食物繊維(D.F)の摂取を中心として」、『岩手大学教育学部研究年報』第41巻第1号、岩手大学教育学部、1981年10月、 109-137頁、 NAID 120001123398
  14. ^ 帝京科学大学生命環境学部生命科学科松岡研究室研究内容紹介
  15. ^ 山田惠子 ビタミンB12の栄養学 講座の紹介資料
  16. ^ http://micro.fhw.oka-pu.ac.jp/microbiology/infection/flora.html
  17. ^ 館内展示パネル - 自然がささえる草原の食卓 (キッコーマン国際食文化研究センター)
  18. ^ a b 石井智美「内陸アジアの遊牧民の製造する乳酒に関する微生物学的研究」『国立民族学博物館地域研』JCAS連携研究成果報告4、2002、pp103-123 
  19. ^ モンゴル遊牧民の乳利用〜健康維持の秘密〜
  20. ^ 中村宜司、佐藤克行、秋葉光雄「胆汁色素代謝物ウロビリノーゲンの抗酸化作用」中村宜司 『日本農芸化学会誌』2001年3月5日、75巻、144ページ。腸内細菌 - J-GLOBAL
  21. ^ NAKAMURA, Takashi; SATO, Katsuyuki; AKIBA, Mitsuo; OHNISHI, Masao (2006). “Urobilinogen, as a Bile Pigment Metabolite, Has an Antioxidant Function”. Journal of Oleo Science 55 (4): 191–197. doi:10.5650/jos.55.191. ISSN 1345-8957. 
  22. ^ News2u.net. “「腸内細菌」が「鉄分」の吸収を助けていることを発見 東京工科大学応用生物学部|学校法人片柳学園のニュースリリース -”. 2013年9月18日閲覧。
  23. ^ 食事成分による腸内細菌の二次胆汁酸生成酵素7α-デヒドロキシラーゼの制御」 1998年度〜1999年度 (科学研究費助成事業データベース)
  24. ^ Kozoni, V. (2000). “The effect of lithocholic acid on proliferation and apoptosis during the early stages of colon carcinogenesis: differential effect on apoptosis in the presence of a colon carcinogen”. Carcinogenesis 21 (5): 999–1005. doi:10.1093/carcin/21.5.999. ISSN 14602180. 
  25. ^ 寺沢なお子、荒納百恵「市販緑葉野菜の硝酸およびシュウ酸含有量」、『金沢大学人間科学系研究紀要』第3巻、金沢大学人間社会研究域人間科学系、2011年3月31日、 1-13頁、 NAID 120002924885
  26. ^ 三田村久吉「硝酸態窒素による地下水汚染とその対策法」2003年、日本原子力研究所。p51
  27. ^ 高屋むつ子、後藤美代子「市販漬物中の亜硝酸塩とニトロソアミンについて」、『調理科学』第20巻第1号、日本調理科学会、1987年3月20日、 54-59頁、 NAID 110001170844
  28. ^ International Agency for Research on Cancer (IARC) - Summaries & Evaluations Last updated 08/21/1997
  29. ^ アボット感染症アワー ラジオNIKKEI 2009年7月31日放送 腸内細菌と回腸嚢褒炎 広島大学病院消化器外科 診療講師 大毛宏喜
  30. ^ 硫化水素の細胞毒性の機構の解明」 2009年度〜2011年度 (科学研究費助成事業データベース)
  31. ^ 大腸機能と大腸細菌の話
  32. ^ オナラやゲップのメタンガスの話
  33. ^ 松田誠高木兼寛とその批判者たち-脚気の原因について展開されたわが国最初の医学論争発行日 28-Dec-2007
  34. ^ University of Michigan Germ Free Animal Facility - example facility for raising germ-free animals
  35. ^ 山本好男 実験動物概論及び動物実験法1996年度特別講習会
  36. ^ Chen TS, Chen PS. "Intestinal autointoxication: a medical leitmotif" ,J Clin Gastroenterol. 11(4), 1989 Aug, pp434-41. PMID 2668399
  37. ^ a b James C. Whorton「菜食主義」『ケンブリッジ世界の食物史大百科事典〈4〉栄養と健康・現代の課題』 朝倉書店、2005年3月。ISBN 978-4254435344。229〜244頁。The Cambridge world history of food, 2000
  38. ^ エリー・メチニコッフ 『不老長寿論』 大日本文明協会事務所、1912年。236頁。
  39. ^ John Harvey Kellogg Autointoxication ,1918
  40. ^ Daniel M. Lilly , Rosalie H. Stillwel "Probiotics: Growth-Promoting Factors Produced by Microorganisms" Science Vol.147. no.3659, 12 February 1965, pp.747-748.
  41. ^ Gibson GR, Roberfroid MB. "Dietary modulation of the human colonic microbiota: introducing the concept of prebiotics." J Nutr. 125(6), 1995 Jun, pp1401-12. PMID 7782892


「腸内細菌」の続きの解説一覧





腸内細菌と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

腸内細菌に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「腸内細菌」の関連用語

腸内細菌のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




腸内細菌のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2014 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
微生物管理機構微生物管理機構
Microbes Control Organization Ver 1.0 (C)1999-2014 Fumiaki Taguchi
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの腸内細菌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS