乳酸菌とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 菌類 > > 乳酸菌の意味・解説 

乳酸菌


乳酸菌は、糖質分解して乳酸生成する微生物のことで、この乳酸菌を利用した食品の中で、最も代表的なものがヨーグルトです。乳酸菌にはブルガリア、サーモフィルスビフィズス菌アシドフィルス菌など様々なものがあります
最近では乳酸菌が人の健康に果たす役割注目されています。

1)コレステロール抑制作用
血液中のコレステロール値が1%高くなると、心筋コウソク心不全のような心臓病になる危険性2%高くなることが分かっています。これを乳酸菌が抑制してくれます。

2)抗変異原性作用
変異原性とは、発ガンにつながる恐れのある毒性のひとつです。焼き魚焦げなどに変異原性がみとめられていますが 、乳酸菌はこの毒性抑えることができるといわれています。

3)免疫増強作用
私たち毎日有害なウイルス病原菌にさらされています。そんな状況でも病気ならないのは免疫機能のおかげなのです

4)整腸作用
ヨーグルト便秘改善したり、下痢やわらげたり、おなかを元気にする食品として定着していますが、乳酸菌がそれに大きく役立っているのです。




乳酸菌

読み方にゅうさんきん

発酵によって糖から乳酸をつくる嫌気性微生物総称腸内悪玉菌繁殖抑え腸内環境を整える。

 発酵によって糖類から乳酸作り出す性質を持つ微生物のこと。人体有益なのため「善玉菌」とも呼ばれます。食品としては、ヨーグルトチーズ漬け物日本酒など発酵食品製造に使われています。ヨーグルトなどでよく知られているビフィズス菌も乳酸菌の一種です。
 乳酸菌は、腸内大腸菌など悪玉菌繁殖抑え腸内バランスをとる役割を果たしています。そして、便通改善だけではなくコレステロール低下や、免疫力高めがんを予防するなど、さまざまな働きがあると言われています。最近では、ピロリ菌排除するなど、特徴のある機能を持つ乳酸菌も研究されています。
 乳酸菌などの腸内環境を整える微生物のうち、生きて腸に到達できる有用な微生物を特にプロバイオティクスといいます。また、オリゴ糖などその栄養源となりプロバイオティクス増殖助けるものをプレバイオティクスといいます。


乳酸菌

乳酸菌は乳糖ブドウ糖などの糖類代謝し、乳酸多量作る細菌総称です。種類多く代表的なものとしては、ラクトバチルス属、ビフィドバクテリウム属ラクトコッカス属ペディオコッカス属エンテロコッカス属、ロイコノストック属などのが知られています。乳酸菌は、ヒト動物腸管自然界色々な場所から見つかりますが、古くから発酵乳チーズ味噌しょうゆ漬物等の発酵にも利用されて来ました。また、生きて腸にとどくは、腸内乳酸などの有機酸を出すため、この有機酸により腸管運動食物消化吸収促進されるだけでなく、有害増殖抑制することが分かっています。更に、ヒト免疫機能調節する作用などが一部で明らかとなり、ヒトの健康に対する乳酸菌の機能についてはますます期待がもたれています。


乳酸菌 [lactic acid producing bacteria]

 ブドウ糖などの糖を分解して乳酸産生する総称である。代表的な乳酸菌は、ヨーグルト作るアシドフィルス菌人間誕生して最初に母親産道内で貰うビフィズス菌などが有名。腸管内で増殖して酢酸乳酸産生すると、腸管内に生息している病原性有機酸により増殖抑制される。このような作用整腸作用という。酢は化学的には酢酸と呼ばれ、健康に良いと昔から言い伝えられている。

乳酸菌

乳酸菌とは、糖類分解して乳酸変える性質をもった細菌総称乳酸をつくるという意味では「乳酸産生」というのが正確な呼び方です。乳酸菌にはいろいろな種類があり、ビフィズス菌もその一種。(ビフィズス菌母乳栄養児の腸内多く見られ人工栄養児に比べ病気にかかりにくい理由一つとされており、最近特に関心を呼んでいます)
人間腸内増殖した乳酸は、有害増えるのを抑えたり腸内環境を整える、いわゆる整腸作用あります

乳酸菌を使った食べ物としては、味噌しょうゆ漬物ヨーグルト乳酸菌飲料チーズバターなどがあります

乳酸菌(にゅうさんきん)

炭水化物分解して乳酸をつくる細菌総称

乳酸菌

糖類発酵して乳酸作る菌類総称。乳酸菌の種類多く、乳酸菌の自身作るホモ発酵菌>と、乳酸の他、アルコ-ル炭酸ガス作るヘテロ発酵菌>がある。

乳酸菌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/07 06:48 UTC 版)

乳酸菌(にゅうさんきん)は、代謝により乳酸を産生する細菌類の総称。生育の為には糖類アミノ酸ビタミンB群、ミネラル(Mn , Mg , Fe等の金属)が必要な細菌類[1]ヨーグルト乳酸菌飲料漬け物など食品の発酵に寄与する。一部の乳酸菌はなどの消化管腸内細菌)やの内に常在して、他の病原微生物と拮抗することによって腸内環境の恒常性維持に役立っていると考えられている。


[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 岡田早苗、乳酸菌の同定の考え方とその手法 乳酸菌研究集談会誌 Vol.1 (1990-1991) No.2 p.41-47, doi:10.14873/jslab1990.1.2_41
  2. ^ 越智猛夫;「乳酒の研究」p206-211, 八坂書房, 東京 (1997/2), ISBN 978-4896946932
  3. ^ a b c 森地敏樹、乳酸菌の特性と利用について 日本乳酸菌学会誌 Vol.8 (1997-1998) No.2 p.71-75, doi:10.4109/jslab1997.8.71
  4. ^ 児玉 礼次郎 「乳酸菌の栄養に関する研究(第9報)ヘテロ型桿状乳酸菌の栄養」 『日本農芸化学会誌』Vol.31 (1957) No.10 P.775-779
  5. ^ 田村 善藏 「ビフィズス菌」 『ビフィズス』Vol. 2 (1988-1989) No. 1 P 19-21
  6. ^ 寺口 進ほか 「ヒト由来Bifidobacteriumによるビタミン産生」 『日本栄養・食糧学会誌』Vol. 37 (1984) No. 2 P 157-164
  7. ^ Gille, D; Schmid, A (February 2015). “Vitamin B12 in meat and dairy products.”. Nutrition reviews 73 (2): 106–15. doi:10.1093/nutrit/nuu011. PMID 26024497. 
  8. ^ a b c d e 熊谷武久、瀬野公子、川村博幸 ほか、植物性乳酸菌の食品発酵性と食餌モデル培地における生育 日本食品科学工学会誌 Vol.48 (2001) No.9 P.677-683, doi:10.3136/nskkk.48.677
  9. ^ 上野川修一 『からだの中の外界 腸のふしぎ』 p159、2013年4月20日、講談社、ISBN978-4-06-257812-7
  10. ^ 辨野義己 『見た目の若さは、腸年齢で決まる』 p109、PHP Science World、2009年12月4日、ISBN978-4-569-77379-7
  11. ^ 岡田早苗、"場を浄める乳酸菌" 微生物, 4, 151-166(1988), NAID 80003721314
  12. ^ 岡田早苗、パン生地発酵と乳酸菌[前編] 日本乳酸菌学会誌 Vol.9 (1998-1999) No.1 p.5-8, doi:10.4109/jslab1997.9.5
  13. ^ 岡田早苗、パン生地発酵と乳酸菌[後編] 日本乳酸菌学会誌 Vol.9 (1998-1999) No.2 p.82-86, doi:10.4109/jslab1997.9.82
  14. ^ 津田洋子、内山隆文、塚原嘉子 ほか、『木曽地域で食される“すんき漬”の抗アレルギー効果に関する疫学的検討』 信州公衆衛生雑誌 2(1): 64-65(2007), hdl:10091/3468
  15. ^ a b 石川森夫、「好塩性・好アルカリ性乳酸菌の多様性と特性」 日本食品微生物学会雑誌 Vol.26 (2009) No.2 P49-59, doi:10.5803/jsfm.26.49
  16. ^ a b 柳田藤寿、篠原隆、後藤昭二「品種別赤ワイン仕込経過中の乳酸菌の分布と分離同定」『山梨大学醗酵研究所研究報告』32, 1997, pp5-13 NAID 110000359820
  17. ^ 古田吉史、丸岡生行、中村彰宏ほか、大麦焼酎粕由来発酵大麦エキス(FBE)からのナイシン生産 日本醸造協会誌 Vol.104 (2009) No.8 p.579-586, doi:10.6013/jbrewsocjapan.104.579
  18. ^ 益田時光、善藤威史、園元謙二、ナイシン―類稀な抗菌物質― ミルクサイエンス Vol.59 (2010) No.1 p.59-65, doi:10.11465/milk.59.59
  19. ^ Courtin, P.; Rul, F. O. (2003). “Interactions between microorganisms in a simple ecosystem: yogurt bacteria as a study model”. Le Lait 84: 125–134. doi:10.1051/lait:2003031. 
  20. ^ Kiliç, AO; Pavlova, SI; Ma, WG; Tao, L (1996). “Analysis of Lactobacillus phages and bacteriocins in American dairy products and characterization of a phage isolated from yogurt”. Applied and Environmental Microbiology 62 (6): 2111–6. PMC 167989. PMID 8787408. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=167989. 
  21. ^ 石井智美「内陸アジアの遊牧民の製造する乳酒に関する微生物学的研究」『国立民族学博物館地域研』JCAS連携研究成果報告4、2002、pp103-123
  22. ^ 野白喜久雄ほか 『改訂醸造学』 1993年3月。ISBN 978-4-06-153706-4
  23. ^ エリー・メチニコッフ 『不老長寿論』 大日本文明協会事務所、1912年。236頁。
  24. ^ 辨野義己 腸内細菌の全体像をつかみ、予防医学に役立てる (理研ニュース、February 2004)(独立行政法人 理化学研究所
  25. ^ 「健康食品」の安全性・有効性情報独立行政法人 国立健康・栄養研究所
  26. ^ 主な学会発表 (カルピス研究所)
  27. ^ 坂田隆、市川宏文、短鎖脂肪酸の生理活性 日本油化学会誌 Vol.46 (1997) No.10 P1205-1212
  28. ^ 小泉幸道、羽鳥久志、柳田藤治 ほか、味噌熟成中の酵母と乳酸菌に関する研究 日本釀造協會雜誌 Vol.76 (1981) No.3 P.206-210, doi:10.6013/jbrewsocjapan1915.76.206
  29. ^ 好井久雄、みそ, しょうゆ醸造と微生物 化学と生物 Vol.8 (1970) No.11 P.674-681, doi:10.1271/kagakutoseibutsu1962.8.674
  30. ^ 末澤保彦、田村章、耐塩性乳酸菌による食品の変敗とその防止 日本醸造協会誌 Vol.103 (2008) No.2 P.94-99, doi:10.6013/jbrewsocjapan1988.103.94
  31. ^ 堀口健一、松田朗海、高橋敏能ほか「サイレージ抽出培養液および原材料由来乳酸菌培養液を添加したイネ「チネリア・ママ」サイレージの発酵品質」『山形大學紀要』農學 15(3), 2008-02-15, 111-117 NAID 110007121493







乳酸菌と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

乳酸菌に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「乳酸菌」の関連用語

乳酸菌のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

貯乳タンク

材質表示マーク

コーヒー豆の産地

体型

脱脂乳

JAS規格

イタリアンライグラス

ビールの賞味期限





乳酸菌のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
一般社団法人中央酪農会議一般社団法人中央酪農会議
(C) 2017 Japan Dairy Council All right reserved.
厚生労働省厚生労働省
(C)2017 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
ヤクルトヤクルト
Copyright © Yakult Honsha Co.,Ltd.All Rights Reserved.Produced by Yakult Honsha Co.,Ltd.
微生物管理機構微生物管理機構
Microbes Control Organization Ver 1.0 (C)1999-2017 Fumiaki Taguchi
サントリーサントリー
COPYRIGHT © 1995-2017 SUNTORY LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
サントリー株式会社お酒・飲料大事典
日本酒日本酒
(c)Copyright 1999-2017 Japan Sake Brewers Association
イシハライシハラ
Copyright (C) 2017 Ishihara Co.,Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの乳酸菌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS