欧州連合とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 国家 > ヨーロッパ連合 > 欧州連合の意味・解説 

おう しゅうれんごう -しう -がふ 【欧州連合】


欧州連合

ヨーロッパ内において、既存国家そのままに、経済的社会的統合を進めている地域共同体のことです。2008年1月現在では27カ国が加盟しています。 経済統合一環として2002年1月統一通貨ユーロ導入しました。

欧州連合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/15 04:24 UTC 版)

欧州連合(おうしゅうれんごう、: European Union、略称:EU)は、欧州連合条約により設立されたヨーロッパの地域統合体。




欧州連合
欧州連合の旗
欧州連合旗
欧州連合の標語: In varietate concordia[2]
ラテン語: 多様性における統一)
欧州連合の歌: 交響曲第9番第4楽章歓喜の歌
欧州連合の範囲
公用語
拠点都市 ブリュッセル
ストラスブール
ルクセンブルク市
加盟国
欧州理事会議長
(欧州大統領)
ドナルド・トゥスク
欧州議会議長 アントニオ・タイヤーニ
欧州委員会委員長 ジャン=クロード・ユンケル
設立
- ローマ条約発効
- マーストリヒト条約発効

1958年1月1日
1993年11月1日
面積
- 総計
- 水面積率
世界第7位[4]
- 4,381,376km2
- 3.08%
人口
- 総計(2009年)
- 人口密度
世界第3位[4]
- 499,794,855人[5]
- 114人/km2[5]
GDP (PPP)
- 総計
- 1人あたり
2012年 (IMF)[6]
- 16兆0735億USドル[5]
- 32,028USドル[5]
GDP(名目)
- 総計
- 1人あたり
2012年 (IMF)[6]
- 16兆4144億USドル[5]
-
通貨
時間帯 UTC ±0 から +2
DST: +1 から +3)
ccTLD .eu
  1. ^ 公式の名称については欧州連合の各公用語のものがある。
  2. ^ 欧州連合の各公用語での表記があるが、ここではリングワ・フランカとされるラテン語による表記のみとした。
  3. ^ 欧州連合の公用語については欧州連合の言語を参照。
  4. ^ a b 欧州連合を単一の国として数えたときの順位。
  5. ^ a b c d e クロアチアを含まず。
  6. ^ a b IMF>Data and Statistics>World Economic Outlook Databases>By Country Groups>European Union>
[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 『中学社会 地理 地域にまなぶ』(文部科学省検定済教科書 中学校社会科用 発行所:教育出版株式会社。平成23年3月30日検定済。平成27年1月10日印刷。平成27年1月20日発行。17教出 地理722)p 10に「また, 逆にヨーロッパ連合(EU)のように, 地域統合を目ざしているところもあります。」と書かれ、『新しい社会 公民』(文部科学省検定済教科書 中学校社会科用 発行所:東京書籍株式会社。平成23年3月30日検定済。平成27年1月20日印刷。平成27年2月10日発行。2 東書 公民921)p 154に「1993年にはヨーロッパ連合(EU)が発足し, ヨーロッパ各国はたがいに結びつきを強めています。」と書かれていて、ヨーロッパ連合を使用している。ただ、『社会科 中学生の歴史 日本の歩みと世界の動き』(文部科学省検定済教科書 中学校社会科用 発行所:株式会社 帝国書院。平成23年3月30日検定済。平成27年1月10日印刷。平成27年1月20日発行。46 帝国 歴史724)p 245には「1993年に発足した欧州連合(EU)は, その国家の壁を低くして協力し合う試みを東ヨーロッパにまで広げています。」と書かれ、欧州連合を使用している。したがって、教科書では、ヨーロッパ連合、欧州連合のいずれを使用してもよいことになっている。
  2. ^ ただし、このように2005年をひとつの区切りとするのは田中俊郎(2007)p.17に従うものである。
  3. ^ リスボン条約の発効による暫定措置として、2009年6月の選挙では736名の議員と18名のオブザーバが選出された。18名のオブザーバは必要な措置を経て正式に議員となる。そのため王祝儀位階は、2014年の任期満了までは基本条約で定められる上限を超えて、754名で構成されることになる。

出典

  1. ^ 欧州連合を否定しつつEU(欧州同盟)は連邦主義的権限強化に向かう 上 金融財政部門でのリスボン条約改正の動き 児玉昌己 研究室
  2. ^ #日本語表記変更書簡
  3. ^ The Founding Fathers of the EU”. 欧州連合. 2015年1月12日閲覧。
  4. ^ 田中俊郎(2007)「EU統合の軌跡とベクトル」『日本EU学会年報』Vol. 2007、No. 27、pp.15-17。
  5. ^ europe magazine EU MAG「EUはどのように設立されたのですか?」2015年2月17日アクセス。
  6. ^ イギリスがEU国民投票で離脱を決断へ──疑問点をまとめてみた NEWSWEEK日本語版 2016年6月24日
  7. ^ IMF: World Economic Outlook Database
  8. ^ EUROPEAN UNION”. The World Factbook. CIA. 2011年10月21日閲覧。
  9. ^ CIA The World Factbook - Rank Order - GDP - per capita (PPP) 2008年9月6日閲覧
  10. ^ CIA The World Factbook - Rank Order - GDP - real growth rate 2008年9月6日閲覧
  11. ^ In European crisis, Iceland emerges as an iland of recovery The Wall Streat Journal, 21 May 2012
  12. ^ Falling Prices Are Bad For You B. Powell, News Week, 26 Jan 2015
  13. ^ Merkel Takes a Swipe at Japan Over YenH. Torry and W. Boston, The Wall Street Journal, Europe, 25 Jan 2013
  14. ^ Europeans and Their Languages, 2012 Report (PDF)”. 2013年6月3日閲覧。
  15. ^ European Commission (2012年). “Europeans and their Languages”. Special Eurobarometer 386. europa.eu. pp. 54–59. 2012年12月16日閲覧。
  16. ^ European Commission (2012年). “Europeans and their Languages”. Special Eurobarometer 386. europa.eu. pp. 78–83. 2012年12月16日閲覧。
  17. ^ EUROPA - The EU at a glance(英語ほか22言語)
  18. ^ セルビア、加盟候補国に 欧州委、EU拡大へ提言 産経新聞 2011年10月12日
  19. ^ アイスランド:EU加盟の是非めぐる国民投票、13年に実施-外相 Bloomberg.co.jp 2011年8月24日
  20. ^ a b モンテネグロとのEU加盟交渉開始を勧告 欧州委 日本経済新聞 2011年10月13日
  21. ^ “EU、セルビアの加盟候補国認定を見送り”. 読売新聞. (2011年12月9日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20111209-OYT1T00720.htm 2011年12月10日閲覧。 
  22. ^ セルビアがEU加盟候補国入り 首脳会議が承認 産経新聞 2012年3月2日
  23. ^ a b c European Union Reaches Deal With Turkey on MigrationL. Norman, The Wall Street Journal, 29 Nov 2015
  24. ^ Turkey wants more money from EU after €3bn migration deal, Turkish PM saysR. Akkoc, The Daily Telegraph, 22 Jan 2016
  25. ^ a b Dear Britain, there is life outside the EUT. Aeschi and G. Thor Thordarson, The Daily Telegraph, News, 10 Jul 2015
  26. ^ Iceland drops EU membership bid BBC, News, 12 Mar 2015
  27. ^ In European crisis, Iceland emerges as an iland of recovery Wall Streat Journal 2012年5月21日
  28. ^ Iceland starts torecover its voice after financial crisis The Guardian, World, 23 Nov 2012
  29. ^ a b Switzerland withdraws longstanding application to join EU RT, 16 Jun 2016
  30. ^ a b c d I fought for Britain and I know how the EU weakens our defencesM.G.J. Thompson, The Daily Telegraph, 29 Feb 2016
  31. ^ J. Meade, The Economic Journal, vol 88, No 351, (1978)
  32. ^ a b International Finantial Statistics, monthly Aug 2014, IMF
  33. ^ Bank of Spain says domestic demand surge likely to slow in Q3 Business recorder, Business and Economy, 24 Sep 2014
  34. ^ a b Eurozone unemployment unchanged at 11.5% in July Finfacts Ireland, EU economy, 29 Aug 2014
  35. ^ OECD Report: Greek Unemployment Will Remain at 27% D. Tsagari, GreekReporter, 4 Sep 2014
  36. ^ Joseph Stiglitz: Austerity not the way to go for Europe BBC News, 4 Oct 2011
  37. ^ Revenge of the Optimum Currency Area P. Krugman, The Conscience of a Liberal 24 Jun 2014
  38. ^ DNWR in the EAP. Krugman, The Concsience of a Liberal, 13 Apr 2014
  39. ^ Germany's sinP. Krugman, The Conscience of a Liberal, The New York Times, 29 Aug 2014
  40. ^ a b Jeremy Corbyn predicted that the Euro would lead to 'the imposition of a bankers' Europe'J. Stone, The Independent, 18 Sep 2015







欧州連合と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「欧州連合」の関連用語

欧州連合のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

骨材露出工法

小幡佳代子

高松和紙

ビーズ織り機

蝶結び

ケチョウセンアサガオ

アメリカドクトカゲ

越前堰





欧州連合のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
マネーパートナーズマネーパートナーズ
Copyright © 2017MONEY PARTNERS CO,LTD All rights reserved.
食品安全委員会食品安全委員会
Copyright © 2006 - 2017 Food Safety Commission. All Right Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの欧州連合 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS