購買力平価説とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 外国為替用語 > 購買力平価説の意味・解説 

こう ばいりょくへいか せつ [3]-[3] 【購買力平価説】 〔purchasing power parity〕


購買力平価説(Purchasing-Power-Parity Theory)

 2国間の為替レートは、各国通貨同一財の購買力比で決定されるという為替相場決定理論一つスウェーデン経済学者G・カッセル(1866-1945)が1921年唱えた。日本で1個100円ハンバーガー米国で1ドルであったとすれば為替レートは、1ドル100円釣り合うと考えられ、これを絶対的購買力平価説という。2国間のインフレ格差から為替レート決め方法相対的購買力平価説という。

購買力平価説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/05 09:16 UTC 版)

購買力平価説(こうばいりょくへいかせつ、: purchasing power parityPPP)とは、外国為替レートの決定要因を説明する概念の一つ。為替レートは自国通貨と外国通貨の購買力の比率によって決定されるという説である[1]1921年スウェーデン経済学者グスタフ・カッセルが『外国為替の購買力平価説』として発表した。




  1. ^ 高橋洋一 『高橋教授の経済超入門』 アスペクト、2011年、156頁。
  2. ^ 第一勧銀総合研究所編 『基本用語からはじめる日本経済』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2001年、77頁。
  3. ^ 円高は経済政策の失敗が原因だSYNODOS -シノドス- 2010年10月13日
  4. ^ 2012年インタビューFNホールディング
  5. ^ 国際比較プログラムへの参加(総務省統計局)
  6. ^ International Comparison Program(世界銀行)
  7. ^ Monthly comparative price levels” (英語). 経済協力開発機構 (2015年4月). 2015年7月6日閲覧。
  8. ^ 人口密度に起因する土地代の影響等
  9. ^ 2011年エコノミスト誌のビックマック指数(表)
  10. ^ The Starbucks index: Burgers or beans?The Economist 2004年1月15日
  11. ^ 円は割高か割安か、「バーガノミクス」という指標で探りました。FNNニュース 2013年2月19日


「購買力平価説」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「購買力平価説」の関連用語

購買力平価説のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

XL1200X

DINサイズ

LAVIE Hybrid ZERO

サイレントW

Vカット

円筒研削

薫陸

水平対向





購買力平価説のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
マネーパートナーズマネーパートナーズ
Copyright © 2017MONEY PARTNERS CO,LTD All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの購買力平価説 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS