産経新聞とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 出版物 > 新聞 > 日本の新聞 > 産経新聞の意味・解説 

産経新聞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/13 06:37 UTC 版)

産経新聞(さんけいしんぶん、題字は産經新聞、英称:THE SANKEI SHIMBUN)は、産業経済新聞社が発行する日本の新聞




[ヘルプ]
  1. ^ a b 但し、欄外の題字や、一般的な呼称はこの当時から1988年5月に漢字の題字に戻すまで「サンケイ」(片仮名)を既に使用していた。また、1969年5月まで「時事新報合同」を題字下に明記していた。
  2. ^ 冷戦当時はソ連に対し特に批判的であった。
  3. ^ 朝日新聞デジタルが2013年10月に「皇室とっておき」を新設してこれに続いた。
  4. ^ 親会社であるフジテレビはFNN北京支局を東海テレビが設置。
  5. ^ 当時、日本の全国紙としては、最後まで中国内に残留していた朝日新聞北京特派員秋岡家栄は、林彪が死亡したのではないかとの報道を北京に変化なしとして否定していた。
  6. ^ 日経は系列にスポーツ新聞もない(ただし、印刷協定を結ぶ神戸新聞社発行のデイリースポーツ・東日本版は日経の印刷工場で印刷している)。
  7. ^ 一時期、分社化してそれぞれ「フジ新聞社」、「サンケイスポーツ新聞社」から発行していたが、1987年11月に再統合された。ブロック紙系列のスポーツ紙<道新スポーツ中日スポーツ東京中日スポーツ西日本スポーツ>も同様にそれぞれの各発行元の新聞社<北海道新聞社中日新聞社中日新聞東京本社東京新聞)、西日本新聞社>の発行である。スポーツニッポンは、毎日新聞グループホールディングスに経営統合されたが、現在もその傘下にある「スポーツニッポン新聞社」が発行している。またスポーツ報知発行元の報知新聞社読売新聞グループ本社系列であるが、グループ本社の直営ではない。
  8. ^ 水野はこの時点で既に文化放送社長でもあったため、新聞・テレビ・ラジオ全てを握ったことになり「マスコミ三冠王」と評される。
  9. ^ 紙面『正論』欄の第1回は当時防衛大学校校長だった猪木正道が執筆した。
  10. ^ 日垣の執筆分はのちに『敢闘言 さらば偽善者たち』にまとめられ、文春文庫から出版された。
  11. ^ ほとんどの新聞は“2011年(平成23年)1月1日”のように西暦を先頭に表記している。系列のサンケイスポーツ及び東京スポーツ静岡新聞熊本日日新聞は産経新聞と同様、平成23年(2011年)の表記となっている。
  12. ^ オイルショックの発生による製紙事情により、日本政府から日本新聞協会加盟の各新聞社に頁数の削減の要請を行ったことにより、それまでの二分冊をやめて、「ホームニュース」で別々に掲載していたテレビとラジオの番組表を一体化して最終頁の掲載にした[77]
  13. ^ 宮城県黒川郡大和町読売新聞仙台工場にて印刷。なお、2015年(平成27年)3月までは「仙台新聞印刷」で印刷していた。
  14. ^ 読売新聞坂出工場にて印刷。産経の岡山工場では読売新聞の岡山・広島県で販売する分も印刷していたが、読売新聞が広島県尾道市に建設していた新工場が稼動したことにより2008年(平成20年)10月で委託契約を解消した。
  15. ^ 2009年(平成21年)10月1日付より毎日新聞九州センターの工場(鳥栖と北九州のいずれかで調整していたが、最終的に鳥栖に決定)に委託しての現地印刷を開始。2012年(平成24年)9月1日付から毎日新聞九州センター北九州工場でも委託印刷が開始された。







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

産経新聞に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「産経新聞」の関連用語

産経新聞のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

シンラプトル・ドンギ

恵庭岳

Sculpt Touch Mouse

いろパッチ

頭頂骨

300C

ゲンコツ

リム





産経新聞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの産経新聞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS