法華経とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 経典 > 法華経 > 法華経の意味・解説 

ほけ きょう -きやう 【法華経】 〔 Saddharmapundarīka-sūtra〕

代表的大乗仏教経典漢訳6種(3種現存)のうち,二八品より成る鳩摩羅什(くまらじゆう)訳の「妙法蓮華経八巻が最も広く流布三乗一乗帰すること,釈迦永遠の仏であることなどを説く天台宗日蓮宗所依経典ほっけきょう

ほっ けきょう -きやう 【法華経】

ほけきょう(法華経)

法華経

読み方:ホケキョウ(hokekyou)

大乗仏教経典の一。


法華経〈巻第六(色紙)/〉

主名称: 法華経〈巻第六色紙)/〉
指定番号 151
枝番 00
指定年月日 1952.11.02(昭和27.11.02)
国宝重文区分 国宝
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 1巻
時代区分 平安
年代
検索年代
解説文: 平安時代作品

法華経〈常子内親王筆/天和三年九月十四日御奉納奥書〉


法華経〈(開結共)/〉

主名称: 法華経〈(開結共)/〉
指定番号 578
枝番 00
指定年月日 1923.03.28(大正12.03.28)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書 各巻ニ正中年三月奉施入奥書アリ
員数 10
時代区分 平安
年代
検索年代
解説文: 平安時代作品

法華経〈常子内親王筆/〉


法華経〈(開結共)/〉

主名称: 法華経〈(開結共)/〉
指定番号 638
枝番 00
指定年月日 1949.02.18(昭和24.02.18)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書 金銀箔散料紙
員数 10
時代区分 平安
年代
検索年代
解説文: 平安時代作品

法華経〈法師品/〉

主名称: 法華経〈法師品/〉
指定番号 674
枝番 00
指定年月日 1936.05.06(昭和11.05.06)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 1巻
時代区分 奈良
年代
検索年代
解説文: 奈良時代作品

法華経


法華経〈化城喩品/〉

主名称: 法華経〈化城喩品/〉
指定番号 838
枝番 00
指定年月日 1935.04.30(昭和10.04.30)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 1巻
時代区分 奈良
年代
検索年代
解説文: 奈良時代作品

法華経〈巻第六残巻/〉


法華経〈巻第二、第四/〉

主名称: 法華経〈巻第二第四/〉
指定番号 948
枝番 00
指定年月日 1937.05.25(昭和12.05.25)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書 延長三年四年宗覚点了ノ奥書アリ
員数 2巻
時代区分 平安
年代
検索年代
解説文: 平安時代作品

法華経〈(色紙経)/〉

主名称: 法華経〈(色紙経)/〉
指定番号 1115
枝番 00
指定年月日 1944.09.05(昭和19.09.05)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 8巻
時代区分 平安
年代
検索年代
解説文: 平安時代作品

法華経〈(開結共)/〉

主名称: 法華経〈(開結共)/〉
指定番号 7
枝番 00
指定年月日 1951.06.09(昭和26.06.09)
国宝重文区分 国宝
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 10
時代区分 平安
年代
検索年代
解説文: 平安時代作品

法華経(久能寺経)

主名称: 法華経(久能寺経)
指定番号 1191
枝番 00
指定年月日 1934.01.30(昭和9.01.30)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書 薬草喩品ニ右衛門尉資経、湧出品ニ女御殿女房伯耆殿、随喜功徳品ニ故入道右府之尼姫君、勧発品ニ大皇大后宮等トアリ
員数 4巻
時代区分 平安
年代
検索年代
解説文: 平安時代作品

法華経〈(開結共)/覚盛筆〉

主名称: 法華経〈(開結共)/覚盛筆〉
指定番号 1266
枝番 00
指定年月日 1930.05.23(昭和5.05.23)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書 寛元元年、二年書写
員数 10
時代区分 鎌倉
年代 1243・44
検索年代
解説文: 鎌倉時代作品

法華経〈(開結共)/〉

主名称: 法華経〈(開結共)/〉
指定番号 1390
枝番 01
指定年月日 1911.04.17(明治44.04.17)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書 元暦建久奥書アリ
員数 10
時代区分 平安鎌倉
年代 1185 1192
検索年代
解説文: 平安鎌倉時代作品

法華経

主名称: 法華経
指定番号 1390
枝番 03
指定年月日 1911.04.17(明治44.04.17)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 1巻
時代区分 平安鎌倉
年代 1185 1192
検索年代
解説文: 平安鎌倉時代作品

法華経〈法師品、安楽行品/無量義経(久能寺経)〉

主名称: 法華経〈法師品、安楽行品/無量義経久能寺経)〉
指定番号 1503
枝番 00
指定年月日 1952.03.29(昭和27.03.29)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 3巻
時代区分 平安
年代
検索年代
解説文: 平安時代作品

法華経〈序品/法師功徳品〉(久能寺経)

主名称: 法華経〈序品法師功徳品〉(久能寺経)
指定番号 1511
枝番 00
指定年月日 1952.03.29(昭和27.03.29)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 2巻
時代区分 平安
年代
検索年代
解説文: 平安時代作品

法華経〈高山寺恵琳筆/〉


法華経〈巻第一(白点本)/〉

主名称: 法華経〈巻第一白点本)/〉
指定番号 1707
枝番 00
指定年月日 1955.02.02(昭和30.02.02)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 1巻
時代区分 奈良
年代
検索年代
解説文: 奈良時代作品

法華経〈(開結共)/〉

主名称: 法華経〈(開結共)/〉
指定番号 1739
枝番 00
指定年月日 1955.06.22(昭和30.06.22)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書 第八後奈良天皇宸翰御跋
員数 10
時代区分 鎌倉
年代
検索年代
解説文: 鎌倉時代作品

法華経〈巻第八(色紙)/〉

主名称: 法華経〈巻第八色紙)/〉
指定番号 1745
枝番 00
指定年月日 1955.06.22(昭和30.06.22)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 1巻
時代区分 平安
年代
検索年代
解説文: 平安時代作品

法華経〈(久能寺経)/〉

主名称: 法華経〈(久能寺経)/〉
指定番号 129
枝番 00
指定年月日 1952.11.22(昭和27.11.22)
国宝重文区分 国宝
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 19
時代区分 平安
年代
検索年代
解説文: 平安時代作品

法華経

主名称: 法華経
指定番号 1841
枝番 00
指定年月日 1957.06.18(昭和32.06.18)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 8巻
時代区分 奈良
年代
検索年代
解説文: 奈良時代作品

法華経〈懐良親王筆/〉


法華経〈巻第六万里小路宣房筆/〉


法華経(装飾経)

主名称: 法華経(装飾経
指定番号 2064
枝番 00
指定年月日 1962.02.02(昭和37.02.02)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 8巻
時代区分 平安
年代
検索年代
解説文: 平安時代作品

法華経(装飾経)


法華経

主名称: 法華経
指定番号 2137
枝番 00
指定年月日 1964.05.26(昭和39.05.26)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 8巻
時代区分 平安
年代
検索年代
解説文: 平安時代作品

法華経〈(色紙金銀箔散)/〉

主名称: 法華経〈(色紙金銀箔散)/〉
指定番号 2332
枝番 00
指定年月日 1977.06.11(昭和52.06.11)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 8帖
時代区分 平安
年代
検索年代
解説文:  旧巻子装【かんすそう】を折本おりほん】に改装した法華経八巻で、料紙金銀箔を散らし薄紫・濃萠黄・朽葉【くちば】・白茶・白の各色変り斐紙(裏濃色)を順に継ぎ合わせ淡墨中に一紙二十七行、一行十七字に書写している。筆者は詳かにしないが別巻寄合書書写されたその書風平安時代末期のものと考えられ、この種の装飾経としては全巻完存した遺品として稀有のものである

法華経(藍紙)

主名称: 法華経(藍紙
指定番号 2496
枝番 00
指定年月日 1996.06.27(平成8.06.27)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書 保安二年移点奥書
員数 7巻
時代区分 平安
年代
検索年代
解説文:  平安時代後期、漉返し藍紙書写された法華経である。藍紙銀泥淡墨界(界巾一・八)を施し料紙に用い、一紙二八行、一行一七字に、和様端正な文字書写される。巻第四を欠き、巻第一巻首と巻第二第六巻末欠失する点は惜しまれるが、本文は、各巻とも一筆で、全文わたって白点朱点・墨点が稠密に施され、紙背にも、墨注記多く加えられている。奥書によれば本経保安二年(一一二二)覚澄の所持本として、僧秀覚らの助力により、同じく藍紙本の法華経(重要文化財 立本寺をもって移点が行われたことが判明する。
 本経は、体裁および書風等からみて、保安二年をさかのぼるに程遠くない院政期初期八巻本として書写されたものと考えられる移点底本となった立本寺本は、十一世紀中ころの書写本で、その訓点は、寛治元年(一〇八七)より承徳三年(一〇九九)にかけて興福寺僧経朝が加点したもので、『法華経』の古訓資料として知られているが、開結共十巻のうち、巻第二第六開経の三巻および巻第八前半を欠している。これに対し、千手寺本は、立本寺本の巻第二、六、八などの欠を補うもので、とくに立本寺本の喜多院点等をそのまま写し取った点は国語学上にも注目される。奥書中の覚澄・秀覚についてはつまびらかではないが、永治元年一一四一)十月二十九日付東大寺牒案に名を連ねる人物該当すると考えられ、本書南都において移点された事実伝えている。
 ところで、本文料紙藍紙には明瞭に墨の痕跡認められ、これが故人書状等に藍染め繊維加えて返し料紙を用いた供養経であることを明らかにしている。このように千手寺本は、『法華経』の貴重な訓点資料であり、漉返し藍紙を用いた現存希な供養遺品としても珍しい。

法華経〈自巻第二/至巻第七〉

主名称: 法華経〈自巻第二/至巻第七
指定番号 138
枝番 00
指定年月日 1952.11.22(昭和27.11.22)
国宝重文区分 国宝
部門種別 書跡典籍
ト書 寿永二年運慶願経
員数 6巻
時代区分 平安
年代 1183
検索年代
解説文: 平安時代作品

法華経

主名称: 法華経
指定番号 230
枝番 01
指定年月日 1956.06.28(昭和31.06.28)
国宝重文区分 国宝
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 28
時代区分 鎌倉
年代
検索年代
解説文: 鎌倉時代作品

法華経〈五百弟子受記品/〉


法華経〈巻第三/〉

主名称: 法華経〈巻第三/〉
指定番号 173
枝番 00
指定年月日 1935.04.30(昭和10.04.30)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書 奥ニ南家トアリ
員数 1巻
時代区分 奈良
年代
検索年代
解説文: 奈良時代作品

法華経

主名称: 法華経
指定番号 220
枝番 00
指定年月日 1944.09.05(昭和19.09.05)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書 各巻見返ニ絵アリ
員数 8巻
時代区分 平安
年代
検索年代
解説文: 平安時代作品

法華経〈巻第八残巻/万里小路宣房筆〉

重要文化財のほかの用語一覧
書跡・典籍:  法華経  法華経  法華経  法華経  法華経分別功徳品  法華経勧発品  法華経化城喩品

法華経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/12 12:35 UTC 版)

法華経』(ほけきょう、ほっけきょうとも)は、初期大乗仏教経典の1つである『サッダルマ・プンダリーカ・スートラ』(: सद्धर्मपुण्डरीक सूत्र, Saddharma Puṇḍarīka Sūtra、「正しい教えである白い蓮の花の経典」の意)の漢訳での総称。[2]




[ヘルプ]
  1. ^ 法華経の 現代の解説書にはしばしば、このような写真とこのような主旨の解説が添えられている。
  2. ^ 経の字をはずすと「法華」になるが、これは一般に「ほっけ」と発音する。
  3. ^ 原題については記事のように説明されてきたが、「プンダリーカ」が複合語の後半にきて、前半の語を譬喩的に修飾するというサンスクリット文法に照らしても、欧米語の訳し方からしても「白蓮のように最も優れた正しい教え」と訳すべきで、白蓮華が象徴する「最も勝れた」と「正しい」という意味を「妙」にこめて鳩摩羅什が「妙法蓮華」と漢訳したということが植木雅俊によって詳細に論じられている。(『Saddharmapundarika の意味』日本印度学仏教学会 印度學佛教學研究 第49巻第1号 2000年12月
  4. ^ 中文维基文库『妙法蓮華経』
  5. ^ 優れたといっても、サンスクリット語原本に忠実な訳というわけではなく、漢文として読みやすいという方がより正確であろう。方便品末尾の十如是など、鳩摩羅什の創意により原本にない文章が付け加えられた所もある。岩本・坂本1976
  6. ^ この28品が法華経成立当初から全て揃っていたかどうかは後述の成立年代についての議論の通り、疑問だが、少なくとも智顗の説は28品全てがはじめから揃っていたことを前提として展開されている。岩本・坂本1976
  7. ^ 観世音菩薩の救済を説いた章だが、法華経との関連性は薄い。元々は別の経典だったとする説が根強い。詳細は観音菩薩の項目参照。
  8. ^ 妙法蓮華經廣量天地品第二十九 (No. 2872 ) in Vol. 85
  9. ^ 妙法蓮華經馬明菩薩品第三十 (No. 2899 ) in Vol. 85
  10. ^ a b c d 『哲学 思想事典』岩波書店、1998年、pp.1485-1486 【法華経】
  11. ^ 苅谷定彦『法華経一仏乗の研究』1983
  12. ^ 『法華経の成立と思想』1993
  13. ^ 宮本正尊 編『大乗仏教の成立史的研究』(昭和29年) 附録第一「大乗経典の成立年代」
  14. ^ 渡辺照宏 『日本の仏教』 岩波書店、2002年6月12日、188頁。ISBN 978-4004121510
  15. ^ チベット仏教書籍のご紹介
  16. ^ CiNii 論文 - 金光明経の教学史的展開について14頁


「法華経」の続きの解説一覧





法華経と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「法華経」の関連用語

法華経のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ホットブラックチョコミルク

甲突池

クリスマスローズ

ジョオウミノウミウシ

イタドリ

どんずり

輿

モハ1形





法華経のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2016 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの法華経 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS