ビルマとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > ビルマ > ビルマの意味・解説 

ビルマ


ビルマ

名前 Vilma

ミャンマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/15 00:34 UTC 版)

(ビルマ から転送)

ミャンマー連邦共和国(ミャンマーれんぽうきょうわこく)、通称ミャンマーは、東南アジアインドシナ半島西部に位置する共和制国家。独立した1948年から1989年までの国名はビルマ連邦ASEAN加盟国、通貨はチャット2014年現在の人口は 5,142万人[2]首都ネピドー2006年まではヤンゴン)。




[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f World Economic Outlook Database, April 2014” (英語). IMF (2014年4月). 2014年10月4日閲覧。
  2. ^ 大和総研
  3. ^ 原田正春・大野 徹編 「ビルマ語辞典」 日本ビルマ文化協会 1979 (1990改訂版)
  4. ^  http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2015/03/post-3571.php
  5. ^ Myanmar gets new flag, official name, anthem | Reuters (Thu Oct 21, 2010 9:25am EDT)
  6. ^ 乾隆帝による十全武功のひとつ。
  7. ^ 当時、ベンガル管区英語版1765年-1919年)にはベンガル地方メーガーラヤ州ビハール州オリッサ州が含まれていた。
  8. ^ 当時のアッサムには現在のメーガーラヤ州ナガランド州ミゾラム州アルナーチャル・プラデーシュ州が含まれていた。後に各州は分離され、北東部はマクマホンラインで知られる中国(北京政府)との係争地となり、1954年東北辺境地区英語版として分離され、1987年アルナーチャル・プラデーシュ州となった。
  9. ^ 後にBurma Socialist Partyになった。
  10. ^ Ka Kwe Ye means "defence" in Burmese, and is used as the name for regional defence forces. Smith, Martin (1991) Burma - Insurgency and the Politics of Ethnicity Zed Books, London, p. 221
  11. ^ a b Bertil Lintner. “The Golden Triangle Opium Trade: An Overview”. Asia Pacific Media Services, March 2000. 2009年1月6日閲覧。
  12. ^ ミャンマー新国旗を公表 市庁舎などで一斉付け替え”. MSN産経ニュース (2010年10月22日). 2011年1月9日閲覧。
  13. ^ ティン・チョー氏、ミャンマー大統領に正式就任”. 読売新聞. 2016年3月30日閲覧。
  14. ^ 『黄金色の光を放つ宗教』ミャンマー政府・情報省1997年刊
  15. ^ “ミャンマー中部で仏教徒とイスラム教徒が衝突、非常事態を宣言”. AFPBB News (フランス通信社). (2013年3月22日). http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2935184/10478177 2013年3月24日閲覧。 
  16. ^ “UN gains leverage over Myanmar”. Asia Times Online. (2009年7月15日). http://www.atimes.com/atimes/Southeast_Asia/KG15Ae01.html 2012年1月2日閲覧。 (英語)
    "I will be an ordinary citizen, a lay person, and my colleagues will too because it will be a civilian government."
  17. ^ 野党副議長の軟禁解除 ミャンマー軍政、7年ぶり”. MSN産経ニュース (2010年2月14日). 2011年1月9日閲覧。
  18. ^ 国連人権報告者が1年ぶりにミャンマー訪問”. MSN産経ニュース (2010年2月15日). 2011年1月9日閲覧。
  19. ^ ミャンマー新国旗を公表 市庁舎などで一斉付け替え”. MSN産経ニュース (2010年10月22日). 2011年1月9日閲覧。
  20. ^ スー・チーさん、民主化勢力の再結集訴え 解放後初演説 2010年11月15日]
  21. ^ “ミャンマー新政府が発足=軍政解散、「民政移管」完了”. asahi.com (朝日新聞社). (2011年3月30日). http://www.asahi.com/international/jiji/JJT201103300096.html 2011年4月3日閲覧。 
  22. ^ “ミャンマー新政府が発足 大統領就任、軍政に終止符”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2011年3月30日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/110330/asi11033016100002-n1.htm 2011年4月3日閲覧。 
  23. ^ “「国の発展に協力」スー・チーさんと政権が共同声明”. 朝日新聞. (2011年8月12日). http://www.asahi.com/international/update/0812/TKY201108120547.html 2011年8月17日閲覧。 
  24. ^ “ミャンマーで政治犯釈放開始、民主化デモ指揮の僧侶も”. ロイター. (2011年10月12日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-23585520111012 2011年10月13日閲覧。 
  25. ^ “スー・チーさん政党参加可能に ミャンマーで改正政党登録法が成立”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2011年11月5日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/111105/asi11110500550000-n1.htm 2011年11月7日閲覧。 
  26. ^ ミャンマー総選挙:立候補者名簿、届け出締め切り 毎日新聞 2010年8月31日
  27. ^ 最近のミャンマー政治情勢”. 在ミャンマー日本国大使館. 2012年1月2日閲覧。
    2010年11月には複数政党制民主主義制度に基づく総選挙を20年ぶりに実施した結果、連邦連帯開発党 (USDP) が連邦及び地方議会の双方で8割近くの議席を獲得して圧勝しました。
  28. ^ ミャンマー議会開幕 上下両院議長に退役将軍
  29. ^ スー・チーさんのNLD、40人当選と選管発表(読売新聞 2012年4月2日)
  30. ^ 後発開発途上国”. 外務省 (2012年12月). 2014年10月4日閲覧。
  31. ^ Graeme Jenkins. Burmese junta profits from Chinese pipeline, Telegraph, 2008年1月14日(2010年6月20日閲覧)
  32. ^ www.irrawaddy.org/article.php?art_id=21748
  33. ^ a b 工藤年博. “テイン・セイン政権の3年:改革の成果とポスト2015年 (PDF)”. 一般社団法人日本貿易会. 2016年4月27日閲覧。
  34. ^ CIA The World Factbook
  35. ^ “ミャンマー:「民政移管」 アジア最後のフロンティア、経済成長なるか”. 毎日新聞. (2011年2月7日). http://mainichi.jp/select/world/news/20110207ddm012030048000c.html 2011年2月8日閲覧。 
  36. ^ “ミャンマー、外銀9行に免許 邦銀は最多の3行円借款や工業団地造成… 経済成長へ日本重視”. 日本経済新聞. (2014年10月1日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF01H18_R01C14A0EE8000/ 2014年10月25日閲覧。 
  37. ^ “【経済インサイド】ミャンマー銀行免許「日本完勝・韓国全敗」の凄まじき明暗の理由”. 夕刊フジ. (2014年10月22日). http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20141022/frn1410221540006-n1.htm/ 2014年10月25日閲覧。 
  38. ^ 藤井厳喜「教科書が教えない歴史 ミャンマー、インドネシア独立に尽力した日本人に勲章」夕刊フジ 2014年2月26日
  39. ^ “ミャンマーに最先端スマートシティ 日本政府が全面協力、インフラ輸出促進”. 産経新聞. (2012年2月29日). オリジナル2012年2月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120301122623/http://sankei.jp.msn.com/world/news/120229/asi12022900590001-n1.htm 2015年8月25日閲覧。 
  40. ^ International Institute for Strategic Studies(IISS),The Military Balance 2008
  41. ^ “ミャンマー、核兵器開発に着手か=反軍政メディアが証拠放映”. 時事通信. (2010年6月4日). http://jiji.com/jc/c?g=int_date2&k=2010060400804 2010年6月5日閲覧。 
  42. ^ “Myanmar 'nuclear plans' exposed”. アル・ジャジーラ. (2010年6月4日). http://english.aljazeera.net/news/asia-pacific/2010/06/2010642542469132.html 2010年6月5日閲覧。 
  43. ^ “【米公電流出】ミャンマーが秘密の地下核施設? 北朝鮮関与も”. 産経新聞. (2010年12月10日). http://sankei.jp.msn.com/world/asia/101210/asi1012101256002-n1.htm 2010年12月11日閲覧。 
  44. ^ メルグイとも
  45. ^ “ミャンマーへの直行便を開設。成田=ヤンゴン線就航セレモニーレポート”. ANA NEWS. (2012年10月15日). http://www.ana-pr.jp/2012/10/1015/ 2012年10月15日閲覧。 
  46. ^ “月末から、毎日ミャンマーへの直行便 ANA”. ミャンマーニュース. (2013年9月3日). http://www.myanmar-news.asia/news_mKvE6OwFZ.html 2013年9月3日閲覧。 
  47. ^ “ミャンマー国際航空、茨城発着のチャーター便の運航計画を発表”. FlyTeam ニュース. (2013年10月31日). http://flyteam.jp/airline/myanmar-airways-international/news/article/28439 2013年10月31日閲覧。 
  48. ^ http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM30H0Y_Q4A830C1FF8000/
  49. ^ 英語版(en)の数値
  50. ^ 根本敬『物語 ビルマの歴史 王朝時代から現代まで』中央公論新社、2014年







ビルマと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ビルマに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ビルマ」の関連用語

ビルマのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

3000系 改造車

プロサウロロフス・ブラックフィテンシス

FOMA SO705i

Franklin Pierce

おけさ丸

間四ケン

方面及び方向

コルト プラス





ビルマのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2016 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのミャンマー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS