衣服とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 衣服の意味・解説 

い ふく [1] 【衣服】

着る物。着物。 「 -をまとう」
身にまとうこと。 「飾装の為めに-する所の風土民約論


衣服

読み方:イフク(ifuku)

身にまとうもの


衣服

★1.衣服・衣装の力。

『形』菊池寛戦国時代中村新兵衛唐冠の兜と猩々緋の服折(はおり)姿でをふるい、「中村」と呼ばれ、恐れられた。初陣若侍新兵衛の兜と服折を借り、これを着て戦場に出る。敵は、唐冠猩々緋見ただけで、怖気(おじけ)づき浮き足立って、たやすく討たれる。その後に本物新兵衛が、普段異な南蛮鉄の兜と黒皮縅の冑(よろい)で出陣する。敵兵は少しも恐れ応戦し、新兵衛は討たれてしまう。

*王が、王衣を別の着物着替え戦場に出る→〔犠牲〕5の『ゲスタ・ロマノルム』41

正法眼蔵随聞記6-8 宇治の関白藤原頼通粗服宮中御湯殿行き、火を焚く所を見ていると、役人に「何者だ」と咎められ、追い出されてしまった。頼通は関白装束着替え、もう1度御湯殿へ行くと、役人はすっかり恐縮して逃げ去った。その時、頼通は装束を脱いで竿の先にかけ、拝礼して、「人が私を貴(たつと)ぶのは、我が徳にあらず。ただ、この装束ゆえなり」と言った

★2.人を焼き殺す衣服。

ギリシア神話アポロドロス)第1巻第9章 イアソンメデイア夫婦となり、コリントス10年間幸福に暮らした。しかしその後イアソンメディア離婚し、コリントスクレオンの娘グラウケと結婚する。メディアイアソン責め毒薬に浸(ひた)した衣を新婦グラウケに贈った。衣を着たグラウケは、助けに来た父王クレオンともども烈火によって焼き尽くされた〔*変身物語オヴィディウス)巻7に簡略記事〕。

変身物語巻9 ネッソスの血とヒュドラの毒で染められた衣(*→〔妻〕2)を、そうとは知らずに、ヘラクレスは肩にまとう。たちまち衣は恐ろしい熱を発して、ヘラクレス全身焼いた。衣を身体から剥ぎ取ろうとすると、肉もいっしょ剥がれ、骨が露出した。すさまじ責め苦から逃れるために、ヘラクレス木々を切り倒して積み上げ、そこに横たわって自らを火葬にした〔*ギリシア神話アポロドロス)第2巻第7章に簡略記事〕。

★3a.白い衣服が死を招き寄せる

夏の葬列山川方夫太平洋戦争末期小学校3年生の「彼」は、海岸の町に疎開していた。白昼米軍艦載機飛来して、町の人々を銃撃する。大人が「ひっこんでろ、その女の子。走っちゃだめ! 白い服は絶好目標になるんだ」と叫ぶ。真っ白なワンピースを着た5年生のヒロ子さんが、「彼」を防空壕連れて行こうと走って来る。「彼」は「向こうへ行け! 目立っちゃうじゃないかよ!」と叫んで、ヒロ子さんを突きとばす。ヒロ子さんの身体は、機銃掃射を受けて宙に浮いた

*王の衣裳を着て、死神招き寄せる→〔王〕3aの『文字禍』(中島敦)。

★3b.貴族装束おかげで、死を免れた。

宇治拾遺物語2-11 大学頭だいがくのかみ)明衡が、ある夜下賤の者の家の一部屋を借りて、愛人と寝た。下賤の者はそのことを知らず自分妻のもとへ情夫来ているものと誤解し、眠る明衡を、刀で突きそうとする。ところが月の光で身分高い貴族がはく指貫さしぬき)袴の括り紐見えたので、下賤の者は「我が妻のもとへ指貫袴はくよう高貴な人が来るはずがない人違いかもしれぬ」と察して、その場を退いた。明衡は、指貫袴おかげで命拾いした。

*女の着物おかげで、死を免れた→〔女装〕9の『続玄怪録』5「冥土大工」。

★4.衣服を腐らせる。

古事記中巻 稲城(いなき)にこもった后サホビメを連れ戻そうと、垂仁天皇力士ちからびと)たちに、「髪でも手でも、どこでもかまえて后を引きずり出せ」と命ずる。サホビメはこのことを前もって察知し、髪を剃ってその髪で頭を覆い玉の緒や衣服を酒で腐らせておいた。力士たちがサホビメをとらえようとすると、髪は抜け落ち玉の緒は切れ、衣服は破れて、サホビメを連れ戻すことはできなかった〔*日本書紀巻6垂仁天皇5年10月狭穂姫(=サホビメ)の物語には、衣服を腐らせる話はない〕。

着物を腐らせて、高台から投身する→〔投身自殺〕1の『捜神記』巻11-32(通巻294話)。

★5.衣服を取り替えて着る。

東海道四谷怪談鶴屋南北)「浅草田圃」 直助は、恋敵佐藤与茂七を殺すべく、彼の持つ提灯目当てに、闇の浅草田圃待ち伏せる。しかし、与茂七が非人姿の傍輩奥田三郎衣装取り替えたため、直助は誤って三郎刺し殺す

★6.衣服に触れるだけで病気治る

マルコによる福音書第5章 イエス取りまく群集中に12年間も出血の止まらない女がいた。女は癒し求めて後ろからイエスの服に触れる。すぐに出血止まり、女は病気が治ったことを身体感じた。イエス自分の内から力が出て行ったことに気づき、「わたしの服に触れたのは誰か?」と問う。女が進み出てひれ伏すと、イエスは「あなたの信仰があなたを救った。安心して、元気に暮らしなさい」と言った〔*マタイ第9章・ルカ第8章に類話〕。

★7.女の移り香がしみついた薄衣

源氏物語空蝉光源氏空蝉の寝所にしのび入るが、彼女は源氏気配察知し、夜着として掛けていた薄衣を残して、部屋の外へ逃れた。薄衣は、懐かし空蝉の移り香がしみついた小袿こうちき)だったので、源氏はそれをいつも身近に置き、御衣(おんぞ)の下に引き入れ寝たりもした。

*女の匂いが残る蒲団夜着→〔ふとん〕1の『蒲団』(田山花袋)。

★8.衣服と文化

ビルマの竪琴竹山道雄)第2話「青い鸚哥インコ)」 われわれ日本兵ビルマ捕虜収容所で、彼我文化違い議論した。ビルマでは、男は若い頃かならず1度は僧になって修行する。日本では若い人は皆軍服を着たのに、ビルマでは袈裟をつけるのだ。日本人も昔は袈裟に近い和服を着ていたが、近頃軍服に近い洋服を着る。これは生き方違いを表すのだろう。一方人間自力をたのんで、すべてを支配ようとする一方は我(が)を捨てて、人間上の広い深い天地にとけこもうとするのだ。

★9.衣服の袖。

袖もぎ様水木しげる図説日本妖怪大鑑』) 行路の安全を祈る旅人が、自分着物片袖取って、「袖もぎ様」の祠に捧げる慣わしがある。中国・四国地方の「袖もぎ」という地名の所では、そこで転んだりした時には着物片袖取って棄てなければならない兵庫県佐用郡では、薬師辻堂のある所で倒れたら、片袖をちぎって帰らないと死ぬ、とまで言われている。

妖怪談義柳田国男)「妖怪名彙(ソデヒキコゾウ)」 埼玉県西部では、「袖引小僧」の怪を説くが多い。夕方、路を通ると、後ろから袖を引く者がある。驚いて振り返っても、誰もいない歩き出すと、また引かれる

後ろから自転車引っ張る→〔自転車〕5の『現代民話考』(松谷みよ子)3「偽汽車ほか」第3章の1。

★10a.天女仙女)の衣を奪う。

農民の妻になった仙女沖縄の民話) 大昔のこと、大里宮城(みやあぐすく)の泉に仙女下り色とりどりの美し着物を脱いで木のにかけて、水浴した。1人農民着物取って隠したので、仙女は天へ昇ることができず、泣く泣くこの農民の妻になった。1男1女を産んで、後に男児宮城地頭になり、女児祝女(ぬうる)になった。仙女最後まで着物が見つからず、天へ帰れないまま亡くなった。そこで九場塘嶽(くばとうだき)という聖地大石中に葬った。

*衣を奪われた天女は、後に衣を取り戻し昇天するのが、一般的な展開である→〔水浴〕1a・〔天人降下1b記事

★10b.天女でなくとも、衣服を奪われては、たいへん困ったことになる。

弱味松本清張) R市都市計画課長北沢が、20年も歳の離れた若い愛人温泉旅館に泊まった夜、部屋泥棒が入って、2人洋服一式ポケット財布もろとも盗んで行った。愛人存在が公けになったら身の破滅なので、北沢市会議員赤堀電話して事情打ち明け2人分の衣服と金届けてもらう。おかげでその場は無事にすんだが、それ以後北沢は、赤堀利権のために、役所書類偽造せねばならなくなった。

★11.狂犬に咬(か)まれた衣服。

ほらふき男爵冒険ビュルガー)「ミュンヒハウゼン男爵自身の話」 ある時、「ワガハイミュンヒハウゼン男爵)」は狂犬に追われ、外套投げ捨てて家へ逃げ帰った。後から召使い外套取り行き衣裳戸棚にしまった。翌日召使いが「たいへんだ。外套の気がふれた」と叫ぶので、見に行くと、外套が「ワガハイ」の衣類襲いかかり、咬み裂いてズタズタにしていた〔*狂犬に咬まれた外套が、狂犬化したのである〕。

★12.人間にとっての衣服は、動物毛皮に相当する。

聊斎志異巻6-244「向杲」 急なに遭って、向杲は山神の祠に駆け込んだ。道士がおり、向杲の衣服がずぶぬれなのを見て木綿の袍(うわぎ)を渡してくれた。着替えると、にわかに毛や皮が生じ、向杲は虎に化した。抜け殻身体は、草むらに横たわっている。向杲は虎になったのをさいわい、兄の仇(かたき)である男を襲って、噛み殺した。その時護衛の男が矢を放ち、虎は死んだ。ハッと正気に返ると、向杲は自分身体の中に戻っていた。

*皮をはいだと思ったら、衣服を脱がせただけだった→〔宇宙人〕1aの『ねらわれた星』(星新一)。

★13.幽霊が衣服を身につけている理由

海岸のさわぎ』星新一たくさんのタブー』) 死者幽霊となってこの世出現することは、きわめて困難だ。だから、この世執念を残す死者は、生きている人に念力を送る。それを受けた人は、死者についての生前印象呼びさまされ、幻影を見る。それで幽霊(=実はただの幻影)は、生きていた時と同じ衣服を着ているように見えるのだ〔*1人美女が、死後本物幽霊としてこの世出現する技術開発し、全裸海水浴場あらわれた→〔裸〕7〕。

★14.もぬけのからの衣。

酉陽雑俎続集巻3-937 興元城固県に住む韋氏の娘は、2歳のとき話ができ、ひとりでに文字を知り、仏教経文好んで読んだ。5歳の年には、県内あらゆる経文に、残らず目を通していた。8歳のとき、ある朝早く、衣に香をたきこみ、化粧をして、窓の下にひかえていた。父母怪しんで見に行くと、衣はもぬけのからで、娘はいなくなっていた。どこへ行ったのか、わからずじまいだった。

殺人の際の返り血がついた衣服→〔寸断〕2の『砂の器』(松本清張)。

*ばか者には見えない衣裳→〔裸〕4の『はだかの王様皇帝の新しい着物)』(アンデルセン)。

恋情の念がこもった着物→〔火事〕1の『振袖』(小泉八雲)。

衣の裏の珠→〔玉(珠)〕2の『法華経』「五百弟子受記品」第8。


被服

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/03/11 02:12 UTC 版)

(衣服 から転送)

被服(ひふく)とは、身体に着用するものである。人体の保護装飾、社会的地位の表象等のために発展してきたもので、人間の文化の主要構成要素の一つである。もっとも典型的には、(布帛)を縫合して着用に適した形状に仕立てた繊維製品である。また物品の元の目的が着用にない場合でも、これを身につけることで被服と捉えられる場合がある。




脚注
  1. ^ 白衣が実用的な役割というよりも、むしろ心理操作のために使われている、ということ、そのカラクリについては、ロバート・S. メンデルソン 著『医者が患者をだますとき』(草思社、1999)で解説されている。
  2. ^ Kittler, R., Kayser, M. & Stoneking, M. : Molecular evolution of Pediculus humanus and the origin of clothing, Current Biology 13, 1414-1417 (2003)
  3. ^ "Of Lice And Men: Parasite Genes Reveal Modern & Archaic Humans Made Contact," University Of Utah. Retrieved on 2008-01-17.
  4. ^ http://news.nationalgeographic.com/news/2007/07/070718-african-origin.html Modern Humans Came Out of Africa, "Definitive" Study Says]. Christopher Stringer and Peter Andrews (1988) "Genetic and Fossil Evidence for the Origin of Modern Humans" in Science 239: 1263-1268.
  5. ^ なお、縄文式土器(狭義)の縄目文様は撚糸を土器表面で回転させてつけたもので、糸の存在を裏付けるものでもある。


「被服」の続きの解説一覧

衣服

出典:『Wiktionary』 (2012/05/07 04:54 UTC 版)

名詞

(いふく)

  1. 防寒制汗日除け害虫除け又は裸体を隠す目的等で身につける主に布でできている製品
  2. (古用)着物身にまとう

発音

い↘ふく

類義語

翻訳






衣服と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

衣服に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「衣服」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

衣服のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

渚滑川

木星

ケミカルウォッシュ

東西線50系車両

安徳水

吉田和晃

グラファイト シャフト

マルコーニ





衣服のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
物語要素事典物語要素事典
Copyright (C) 2016 物語要素事典 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの被服 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの衣服 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS