慰安所とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 慰安所の意味・解説 

慰安所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/09/18 16:18 UTC 版)

慰安所(いあんじょ)とは、本来苦役に従事する人たちの為の福利厚生の為に設置された、飲食、娯楽、遊興などで慰安を供する為の施設のことである。従って、食堂やカフェや酒場等の飲食施設、遊戯設備(ゲーム器)等を備えた施設、舞台や音楽鑑賞やダンスの出来る施設などがあり、軍慰問団は軍用慰安施設のホールや部隊などを利用して将兵の慰問を行った。


  1. ^ [1]アジア女性基金
  2. ^ en:Brothel#Military brothelsから抄訳
  3. ^ 李娜榮 日本軍「慰安婦」と米軍基地村の「洋公主」 立命館言語文化研究 23(2), 209-228, 2011-10-00
  4. ^ a b 秦郁彦 1999, p. 145
  5. ^ a b c 藤目ゆき 1997, p. 51
  6. ^ a b c d 山田宏「売春」世界大百科事典平凡社、2007,p333
  7. ^ 山手茂「売春」日本大百科全書、小学館、1987
  8. ^ 齋藤茂「妓女と中国文人」(東方選書、2000年)p13
  9. ^ 梨花女子大学韓国女性史編纂委員会『韓国女性史』1,梨大出版部、1978年。p519-520
  10. ^ a b c d e 川村湊『妓生』作品社、2001年、p.40-43
  11. ^ ジョージ・ヒックス 1995, p. 23
  12. ^ 藤目ゆき 1997, p. 64
  13. ^ 川田文子「戦争と性 近代公娼制度・慰安所制度をめぐって」明石書店,1995年4月刊。
  14. ^ a b c 藤目ゆき 1997, p. 53
  15. ^ ブーロー「売春の社会史」筑摩書房、1991年,p300
  16. ^ ブーロー「売春の社会史」筑摩書房、1991年,p301
  17. ^ a b c 秦郁彦 1999, p. 171
  18. ^ 金貴玉「朝鮮戦争時の韓国軍「慰安婦」制度について」『軍隊と性暴力―朝鮮半島の20世紀』宋連玉, 金栄編、現代史料出版 2010年所収。
  19. ^ en:Bordel militaire de campagne参照
  20. ^ Mustapha El Qadéry, BNRM, Rabat「Femmes des Bordels Militaires de Campagne. Les BMC de l’armée coloniale française au Maroc」Publié in, M. Cheikh & M. Péraldi, Des femmes sur les routes. Voyage au féminin entre Afrique et Méditerranée, éd. CJB, le Fennec, Karthala, Cacablanca, 2009, pp. 229-244
  21. ^ Christelle Taraud, La prostitution coloniale. Algérie, Maroc, Tunisie (1830-1962), Paris, Éditions Payot & Rivages, 2009 [2003],
  22. ^ Bernard B.Fall, Street without Joy, Harrisburg, 1961.
  23. ^ a b 藤目ゆき 1997, pp. 54-55
  24. ^ バーン&ボニー・ブーロー『売春の社会史』筑摩書房 1991年ISBN 978-4480855732
  25. ^ The British Army’s fight against Venereal Disease in the ‘Heroic Age of Prostitution’”. University of Oxford. 2014年7月30日閲覧。
  26. ^ 秦郁彦 1999, p. 156
  27. ^ 小谷野敦『日本売春史』新潮社,p149,2007年
  28. ^ a b 秦郁彦 1999, p. 146
  29. ^ a b c d e ジョージ・ヒックス 1995, p. 24
  30. ^ a b c 藤目ゆき 1997, p. 56
  31. ^ 藤目ゆき 1997, p. 79
  32. ^ 秦郁彦 1999, p. 148
  33. ^ 秦郁彦 1999, p. 149
  34. ^ クリスタ・パウル『ナチズムと強制売春』明石書店1996
  35. ^ 1992年9月号。[要ページ番号]
  36. ^ Franz Seidler,Prostitution,Homosexualitat,Selbstvertummelung-Probleme der deutschen Sanitatsfuhrung 1939-45,Neckargemund,1977,Kurt Vowinkel Verlag.
  37. ^ 朝日新聞1992年9月7日記事
  38. ^ a b c 秦郁彦 1999, p. 150
  39. ^ a b c d e f g h i j 梶村太一郎「ついに解明されたナチスの囚人用強制売春制度の全体像『強制収容所の売春施設』(ロベルト・ゾンマー 著)」『インパクション』インパクト出版会、172号、2010年、pp163-166
  40. ^ 秦郁彦 1999, p. 151
  41. ^ “Army sex and military brothels contributed to victories in major wars”. Pravda プラウダ. (2007年2月4日). http://english.pravda.ru/society/sex/02-04-2007/88868-army_sex-0/ 2013年7月12日閲覧。 
  42. ^ John C.Burnham:Medical Inspection of Prostitutes in America in the 19th Century,Bulletin of the History of Medicine,45,May-June 1971
  43. ^ a b c d 藤目ゆき 1997 [要ページ番号] 第一章
  44. ^ a b 藤目ゆき 1997, p. 70
  45. ^ 藤目ゆき 1997, pp. 73-74
  46. ^ Lucie Cheng Hirata,Free,Indentured,Enslaved:Chinese Prostitute in 19th Century America,Journal of women in culture and socaiety,vol,5.no1,1979
  47. ^ Judy Yung,Chinese Women of America,University of Washington Press,1986
  48. ^ 藤目ゆき 1997, p. 75
  49. ^ a b 藤目ゆき 1997, p. 76
  50. ^ 藤目ゆき 1997, pp. 76-77
  51. ^ 藤目ゆき 1997, p. 77
  52. ^ David J.Piver,Cleansing the Nation:The War on Prostitution 1917-1921,Prolougue:The Journal of the National Archives,No.12,Spring,1980.,pp.24-30
  53. ^ a b c 藤目ゆき 1997, p. 78
  54. ^ Carol Anonueva,Prostitution in Philippines,in Cast the First Stone,pp64-89
  55. ^ 藤目ゆき 1997, p. 59
  56. ^ 『いわゆる従軍慰安婦問題について』 東京大学東洋文化研究所 田中明彦研究室
  57. ^ 『岡村寧次大将資料』について[2] [出典無効]
  58. ^ クマラスワミ報告 (P7)[3]
  59. ^ 1992年7月6日、宮沢内閣加藤紘一 内閣官房長官が「私から要点をかいつまんで申し上げると、慰安所の設置、慰安婦の募集に当たる者の取締り、慰安施設の築造・増強、慰安所の経営・監督、慰安所・慰安婦の街生管理、慰安所関係者への身分証明書等の発給等につき、政府の関与があったことが認められた」との談話を発表した(「朝鮮半島出身者のいわゆる従軍慰安婦問題に関する加藤内閣官房長官発表」
  60. ^ a b c 「女性のためのアジア平和国民基金」(編)『政府調査「従軍慰安婦」関係資料集成』 龍溪書舎 1997年3月20日
  61. ^ 戸塚悦朗著『国連人権理事会』日本評論社 2009年 ISBN 4535517215
    「1992年2月には、東アジアにおける日本軍性奴隷問題等に焦点をあて、国連人権委員会にこの問題の解決のための調停機関を設置するよう要請した。それ以降、軍性奴隷・組織的強姦問題に国際的な関心が集まるようになり」P.30
    「著者は、1992年2月17日国連人権委員会に対して、日本軍性奴隷を"sex slaves"として報告し、国連への問題提起を始めたが、これは、のちにILO専門家委員会報告書による対日勧告の基礎となった」P.34
  62. ^ 秦郁彦 1999, p. 259 「一九九二年二月に韓国挺対協が李効再代表を国連本部へ...牧師の崔昌花をジュネーブの人権委員会に送ってアピールしたのが最初であろう。...裏では日本弁護士連合会の戸塚悦朗弁護士の画策があった」
  63. ^ 秦郁彦 1999, p. 391
  64. ^ 吉見義明・林博史 1995 [要ページ番号]
  65. ^ Continuing controversy of 'comfort women' The Japan Times May 10, 2009
  66. ^ 日本軍慰安婦歴史館 韓国政府女性家族部
  67. ^ 小野田寛郎による「私が見た『従軍慰安婦』の正体」(『正論』2005年1月号) [要ページ番号]
  68. ^ 関東局(編)の『関東局施政三十年史』(原書房 1974年[要ページ番号]
  69. ^ 韓国の陸軍本部が1956年に編纂した公文書『後方戦史(人事編)』に「固定式慰安所-特殊慰安隊」「[4]」(asahi.com韓国語版)
  70. ^ 西野瑠美子 『日本軍「慰安婦」を追って---元「慰安婦」元軍人の証言録』(マスコミ情報センター 1995年2月) [要ページ番号]
  71. ^ 大沼保昭, 和田春樹 , 下村満子(編)『「慰安婦」問題とアジア女性基金』 東信堂 1998年10月 [要ページ番号]
  72. ^ 吉見義明・林博史 1995 [要ページ番号]
  73. ^ アジア女性基金 [5]p39-p123[6][7]
  74. ^ a b c 吉見義明 『従軍慰安婦』 岩波新書 1995年 4月 ISBN 4004303842 [要ページ番号]
  75. ^ 朝日新聞東京裁判記者団『東京裁判(上)』朝日文庫1995,p310
  76. ^ 秦郁彦 1999 [要ページ番号]
  77. ^ 「女性の為のアジア平和基金」による復刻版『政府調査 従軍慰安婦関係資料集成』第5巻(31~35頁)
  78. ^ a b c d e f 吉見義明(編)『従軍慰安婦資料集』I大月書店 1992年12月
  79. ^ 秦郁彦 1999 [要ページ番号]
  80. ^ 日本軍の慰安所政策について 永井和京都大学文学研究科教授)(永井和のホームページ)
  81. ^ 陸軍慰安所の設置と慰安婦募集に関する警察史料 永井和 (永井和のホームページ)
  82. ^ 軍慰安所従業婦等募集に関する件ノート:軍慰安所従業婦等募集に関する件
  83. ^ 斎藤良衛『外国人ノ対支経済活動ノ法的根拠』(外務省通商局、文生書院 1937年) [要ページ番号]
  84. ^ 尹 明淑 (Yun, Myoung Suk)「日本の軍隊慰安所制度及び朝鮮人軍隊慰安婦形成に関する研究」一橋大学 大学院社会学研究科・社会部)
  85. ^ 秦郁彦 1999 [要ページ番号]
  86. ^ 中国だけで60万の兵士[8] あるいは、「慰安婦と戦場の性」p401からは、中国・南方の陸軍軍人軍属などを合わせて、太平洋戦争の初期に90万、後期に180万。
  87. ^ 岡部直三郎 『岡部直三郎大将の日記』 芙蓉書房 1982年3月
  88. ^ 岡村寧次(著)、稲葉正夫(編) 『岡村寧次大将資料』 原書房 1970年
  89. ^ a b 南京戦史編集委員会(編)『南京戦史資料集』(非売品) 偕行社 1993年 [要ページ番号]
  90. ^ 内務省警保局事務官「支那渡航婦女に関する件」昭和13年(1938年)11月4日, アジア歴史資料センター リファレンスコード A05032044800.
  91. ^ 日本海軍風流譚〈4〉―短篇逸話集 (1981年) 海軍思潮研究会)[要ページ番号]
  92. ^ 秦郁彦 1999, p. 12
  93. ^ 出典:慰安婦戦時性暴力の実態1&2、緑風出版 2000 [要ページ番号]
  94. ^ 日本の軍隊慰安所制度と朝鮮人軍隊慰安婦 明石書店 2003 [要ページ番号]
  95. ^ 内務省警保局警保局長「支那渡航婦女の取扱に関する件(庁府県)」昭和13年(1938年)2月18日, アジア歴史資料センター リファレンスコード A05032040800
  96. ^ クマラスワミ報告 (P10)[9]
  97. ^ a b 韓国挺身隊問題対策協議会(編)従軍慰安婦問題ウリヨソンネットワーク (訳) 『証言強制連行された朝鮮人軍慰安婦たち』 明石書店 1993年11月 [要ページ番号]
  98. ^ アジア女性基金 慰安婦関係資料集成pp.39-123慰安婦関係資料集成慰安婦関係資料集成慰安婦関係資料集成慰安婦関係資料集成
  99. ^ 吉見義明(編著)・林博史他(編著)『共同研究日本軍慰安婦』大月書店 1995年8月 [要ページ番号]
  100. ^ 「私が見た従軍慰安婦の正体」(小野田寛郎)『正論』平成16年(2004年)1月号(漢口を日本が占領して5ヶ月後) [要ページ番号]
  101. ^ UNITED STATES OFFICE OF WAR INFORMATION Psychological Warfare Team Attached to U.S. Army Forces India-Burma Theater米国戦争情報局心理作戦班報告
  102. ^ アジア女性基金 慰安婦関係資料集成 pp.39-123慰安婦関係資料集成
  103. ^ 出典:証言未来への記憶 明石書店 2006の金冨子論考 [要ページ番号]
  104. ^ 上野千鶴子『ナショナリズムとジェンダー』 青土社 1998年3月 [要ページ番号]
  105. ^ アジア女性基金 慰安婦関係資料集成 pp.39-123慰安婦関係資料集成
  106. ^ 出典:証言未来への記憶 証書店 2006から金冨子の論考
  107. ^ 吉見義明「世界」2007年5月号 [要ページ番号]
  108. ^ 秦郁彦 1999 [要ページ番号]
  109. ^ からゆきの労働条件
    からゆきさんとして有名な北川サキの、大正中期から昭和前期のボルネオ島の例では、一人2円の内、娼婦の取り分は2分の1、その内で借金返済分が4分の1、残りから着物・衣装などの雑費月10円を出すのに、20人の客を取る必要があった。「返す気になってせっせと働けば、そっでも(それでも)毎月百円ぐらいずつは返せたよ」 というから、最少で月110人に相当する(フィリピン政府の衛生局での検査の場合、週一回の淋病検査、月1回の梅毒検査を合わせると、約24円が娼婦負担にさせられていた)。普段の客はさほど多くないが港に船が入ったときが、どこの娼館も満員で、一番ひどいときは一晩に30人の客を取ったという。泊まり無しで2円。客の一人あたりの時間は、3分か5分、それよりかかるときは割り増し料金の規定だった(接待時間ではなく、性交労働時間だったと思われる)。現地人を客にすることは好まれず、かなり接客拒否ができたと見られる。しかし、月に一度は死にたくなると感想を語り、そんなときに休みたくても休みはなかったという[要出典]。 日本の円の価値は、この時期は安定していたが、ブロック経済(又は満州事変)と前後して急低下して日華事変の頃まで6割のレベルが続き、欧州戦争開始以後さらに低下している。 「国際金融」第9回 「円の歴史、PPP」 p13
    また、当時日本の大正中期から昭和の第二次大戦前までの物価はほぼ同じレベルにあり、米価は上下変動があり、第二次上海事変からとくに欧州戦争が始まってから大きく上昇が始まる。
  110. ^ [10]2巻 185、331、257頁、4巻 286頁]
  111. ^ 『従軍慰安婦』p228
  112. ^ 長沢健一 『漢口慰安所』 (図書出版社 1983年) [要ページ番号]
  113. ^ マレー軍 慰安所規定1943年
  114. ^ 「従軍慰安婦」関係資料集成」2 p195等
  115. ^ 伊藤隆敏「国際金融」第9回 「円の歴史、PPP」p13
  116. ^ 軍票(中国情報局 「時事用語ニュース」)
  117. ^ アジア女性基金 慰安婦関係資料集成 pp.39-123慰安婦関係資料集成
  118. ^ http://web.archive.org/web/20020223225519/http://www.asahi.com/national/update/0223/028.html 朝鮮戦争時の韓国軍の慰安婦制度 韓国の研究者発表] 朝日新聞 2002/02/23
  119. ^ a b 大韓民国の物語 李榮薫著 永島広紀訳 文藝春秋 2009/02 ISBN 4163703101
  120. ^ ‘皆さんはドルを稼いでくれる愛国者です’証言を通じて “基地村の隠された真実” 続々と明らかに(‘여러분은 달러를 벌어주는 애국자입니다’증언 통해 “기지촌의 숨겨진 진실” 속속 드러나 Ilda 2008/12/15(韓国語)
  121. ^ 朝鮮戦争時の韓国軍にも慰安婦制度 韓国の研究者発表 朝日新聞 2002/02/23
  122. ^ 「朝鮮戦争時に韓国軍の慰安婦存在」(中央日報)
  123. ^ “李栄薫ソウル大教授「従軍慰安婦は売春業」”. 朝鮮日報. (2004年9月3日). http://web.archive.org/web/20080201100354/http://www.chosunonline.com/article/20040903000051 2010年3月9日閲覧。 
  124. ^ 한국군 '특수위안대'는 사실상의 공창 창간 2주년 기념 발굴특종 한국군도 '위안부' 운용했다 (2)(韓国軍'特殊慰安隊'は事実上の公娼 創刊2周年記念発掘特集 韓国軍も'慰安婦'運用した (2))” (韓国語). オーマイニュース. (2002年2月26日). http://www.ohmynews.com/NWS_Web/View/at_pg.aspx?CNTN_CD=A0000067635 2010年3月9日閲覧。 
  125. ^ a b c d 金貴玉「朝鮮戦争時の韓国軍「慰安婦」制度について」『軍隊と性暴力―朝鮮半島の20世紀』宋連玉, 金栄編、現代史料出版 2010年所収
  126. ^ 李榮薫 2009, pp. 156-158
  127. ^ “韓国人元慰安婦、韓国政府と米軍を告発 NYタイムズ紙”. 産経新聞 (Yahoo!ニュース). (2009年1月8日). オリジナル2009年1月8日時点によるアーカイブ。. http://s04.megalodon.jp/2009-0108-1940-39/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090108-00000542-san-int 
  128. ^ Donna Hughes, Katherine Chon, Ellerman Ellerman (2007). Modern-Day Comfort Women:The U.S. Military, Transnational Crime, and the Trafficking of Women.






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「慰安所」の関連用語

慰安所のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




慰安所のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの慰安所 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS