バスとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 音声 > 男声 > バスの意味・解説 

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。


バス [1] 【bass】

低音域の男声
楽曲の中の最低声部。
同族楽器の中で最も低い音域を受け持つもの。 「 --クラリネット

ベース [1] 【bass】

ジャズ・ロック・ポップスなどで最低音部を担当する楽器総称一般にジャズではピッチカート奏法によるダブル-ベースロックポップスではエレクトリック-ベースを使う。
男声の最低音域。バス。

ば す [1] 【馬尾

馬の尾の毛。釣り糸・馬巣(ばす)織りなどに用いる。

バス [1] 【bath】

洋風浴槽浴室。 「 --ルーム

バス [1] 【bus】


馬尾毛

読み方:バス(basu

馬の尾の毛


バス [bus]

信号やり取りをする共通の経路のこと。ミキサーのバスは、任意のチャンネルまたは全てのチャンネル送信可能な出力部の配線を指す。バスの例としてステレオミックス、サブミックス、モニターバス、AUXセンド等がある。

バス

【英】bus

バスとは、システムモジュール間で、データ制御情報などをやり取りするための専用通信路のことである。

コンピュータにおける各装置は、バスを通じて結合され、バスを通じてデータやり取りしている。例えば、CPU中央処理装置)も、その他の周辺モジュールとの間はバスで結合され、情報やり取りしている。バスはその機能に応じてデータやり取りするタイプの「データバス」、制御情報やり取りする「制御バス」、アドレス情報やり取りする「アドレスバス」などと呼び分けられる。また、用いられる場所に応じてCPU内部にある「内部バス」、CPU外部にある「外部バス」、機器インターフェース増設することで接続される「拡張バス」などの区分呼ばれることもある。なお、特定モジュール間でもっぱら専用設けられている通信路は、バスとは呼ばない。

バスとは、乗り合いバスから来た用語で、信号伝達経路を、複数電子機器共有して利用している様から付けられたものである例えば、CPU主記憶装置グラフィックカードなどが接続された同じデータ伝送路がデータを運ぶ時、これをデータバスという呼び方をする。なお、速度電圧レベルなどが異な機器をつなぐ場合には、それぞれのバス間にインターフェース用のチップ仲立ちさせて結合する場合もある。バスには、データ複数の線を用いて並行伝送するパラレルバスと、単一の線を用いて直列伝送するシリアルバスがある。かつてはパラレル方式主流であったが、伝送速度が増すにつれて信号線間の干渉問題となり、高速場合は、シリアルバスが有利であると言われている。

情報システム分野で、SOAService Oriented Architecture)というサービス中心システム構築技法提唱されている。サービスをよりモジュラー構成にし、データバスあるいはサービスバスという概念疎結合するという方法論である。ここでは、バスとは、電気信号レベル通信路ではなく、より上位のシステムレベルでのデータサービス機能やり取りするための経路を意味する。このようなバスをESBEnterprise Service Bus)と呼んでいる。

接続インターフェースのほかの用語一覧
バス:  BSB  EISA  EISAバス  バス  バス幅  フロントサイドバス  ISAバス

バス[bass]

男声の中の最も低い声部のこと。コントラバスの意味で使われることもある。

バス[bus]

ミキサーなどで、さまざまな信号が入ってくるラインのこと。たいていのミキサースペックにはバス・ラインの数が表記されている。

チューバ(バス)[tuba(bass)]

ユーフォニウム同じくバルブ機構付き大型金管楽器考案される過程完成した楽器で、19世紀後半オーケストラ定席占めようになった低音を奏しやすいようにきわめて内径大きな円錐管で作られる。“チューバ”とは大きさ音域異なる数種類楽器総称で、チューバ奏者与えられた音楽要求に応じて楽器使い分けるオーケストラでは高音低音どちらも扱えるF管を用いるのが標準的だが、使用楽器かかわらず楽譜ヘ音記号による実音記譜である。吹奏楽ではこれより大型Eb管・Bb管・C管が用いられる。オーケストラでは金管セクションの最低音として、特に3本のトロンボーン組み合わせて用いられる。音色きわめて幅広く重厚で、オーケストラトゥッティに厚みを加えるだけでなく、広々とした表情的な低音旋律や、ドラマチックな強奏にも適している。また、意外なほど運動能力は高く、用例少ないが速いパッセージ跳躍にも効果的に用い得る。

バス

作者村上龍

収載図書トパーズ
出版社角川書店
刊行年月1988.10

収載図書トパーズ
出版社角川書店
刊行年月1991.11
シリーズ名角川文庫


バス

作者輝虎

収載図書思議幕の内弁当怪談特製恐い51
出版社文芸社
刊行年月2007.12


バス バスのりば Bus/Bus stop

バス (画像をクリックすると拡大します)  

バス

名前 BussBassBasBasuBathBazBus

バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/21 12:06 UTC 版)

バス(bass,bath,bus,buss)




「バス」の続きの解説一覧

バス

出典:『Wiktionary』 (2012/01/02 20:09 UTC 版)

名詞:車両

バス

  1. 一度多くの人を運ぶことを目的にした、移動用の乗合自動車

語源

  • 英語 bus より

複合語

翻訳

名詞:施設

バス

  1. 浴室浴槽

語源

  • 英語 bath より

翻訳

関連語

名詞:音楽

バス

  1. 男声低音パート
  2. 同種の楽器で、一番低い音域担当するもの。ベース

語源

  • 英語 bass より

翻訳

名詞:生物

バス

  1. スズキ目一部総称

語源

  • 英語 bass より

翻訳

関連語






バスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

バスに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「バス」の関連用語

バスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Windows Media Player 11

GALAXY Tab 7.0 Plus

Sun Fire T1000

Adobe FrameMaker

GALAXY S III SC-06D

EQUIUM

Xperia Z2 Tablet SO-05F

AQUOS PHONE EX SH-02F





バスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
音楽電子事業協会音楽電子事業協会
Copyright 2016 AMEI.OR.JP
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリバスの記事を利用しております。
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2016 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
交通エコロジー・モビリティ財団交通エコロジー・モビリティ財団
Copyright(c) EcoMo Foundation
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのバス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS