温泉とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > 温泉の意味・解説 

おん せん をん- [0] 【温泉】

その地方年平均気温より高い温度わき水日本温泉法では湯温が摂氏25度以上か,または規定された物質を溶存するものと定められている。地下水火山起源の熱で熱せられたものが多い。含有成分によって,単純泉二酸化炭素泉硫黄泉などに分ける。いでゆ。 ↔ 冷泉鉱泉
利用した浴場。また,その浴場のある地域温泉場。 「鄙(ひな)びた-」


温泉

読み方:オンセンonsen

その地方年平均気温より高い温度わき水


温泉(おんせん)

【英】hot spring

日本温泉法では「地中から湧出する温水鉱水および水蒸気その他のガス」で、湧出温度25以上あるいはその溶存物質いずれか成分もしくはその総量規定値より多く含むものをいう

温 泉

温泉
温泉の記号は、温泉法という法律決められている温泉や鉱泉こうせん)をあらわします。記号は、主な温泉のでているところの場所をあらわしますが、温泉のでている場所と浴場離れている場合には、浴場の場所にも表示することがあります
1:25,000地形図定山溪
埼玉県飯能市付近の地形図


おんせん 【温泉】

温泉を聖水・聖泉として信仰的に扱う風は世界各地にある。中国では温泉の湧く谷(温谷・湯谷)は太陽昇る所だとし、西欧では温泉水蘇りとする。インドでは温泉は心を浄める所とし、日本には神仏恵みによって湧出したとの考えがあり、湯の神祀る

温泉

作者梶井基次郎

収載図書梶井基次郎全集 全1巻
出版社筑摩書房
刊行年月1986.8
シリーズ名ちくま文庫

収載図書ちくま日本文学全集 024 梶井基次郎
出版社筑摩書房
刊行年月1992.1

収載図書梶井基次郎全集 第2巻 草稿ノート
出版社筑摩書房
刊行年月1999.12


温泉―抄

作者梶井基次郎

収載図書梶井基次郎
出版社筑摩書房
刊行年月2008.11
シリーズ名ちくま日本文学


温泉 Hot spring

温泉 (画像をクリックすると拡大します)  

温泉


温泉

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

温泉

読み方
温泉おんせん

温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/18 05:15 UTC 版)

温泉(おんせん)は、地中からが湧き出す現象や湯となっている状態、またはその場所を示す用語である。その湯を用いた入浴施設も一般に温泉と呼ばれる。人工温泉と対比して「天然温泉」と呼ぶ場合もある。




[ヘルプ]
  1. ^ “テルマエ・ニッポン:温泉と遺跡の関係…考古学的研究進む”. 毎日新聞. (2014年2月19日). http://mainichi.jp/select/news/20140219k0000e040245000c.html 2014年2月23日閲覧。 [リンク切れ]
  2. ^ “妊婦の温泉入浴OKに 「禁忌症」から32年ぶり削除 環境省”. 産経新聞. (2014年4月3日). http://sankei.jp.msn.com/life/news/140403/trd14040321200022-n1.htm 2014年4月4日閲覧。 [リンク切れ]
  3. ^ メディア・イベントと温泉―「国民新聞」主催 - 群馬大学教育学部紀要 人文・社会科学編 第 54巻 67―83頁 2005 関戸明子
  4. ^ a b c d e フランス温泉療養リゾート沿革成沢広幸、『経済学論集』第9巻第1号、宮崎産業経営大学経済学会、2000年
  5. ^ 地球の歩き方 セーチェニ温泉 「プールだけでなく温泉も混浴なので水着着用」
  6. ^ 現代フランスの温泉事情成沢広幸、『経済学論集』第9巻第2号、宮崎産業経営大学経済学会、2001年
  7. ^ Paige, John C. and Laura Woulliere Harrison. Out of the Vapors: A Social and Architectural History of Bathhouse Row, Hot Springs National Park. p.24. U.S. Department of the Interior. 1987年. (PDFファイル)[リンク切れ]
  8. ^ 日経BP「旅名人ブックス 台湾の温泉&スパ」



温泉

出典:『Wiktionary』 (2012/04/03 14:20 UTC 版)

名詞

おんせん

  1. 一定以上温度で、かつ鉱物く溶けんだす泉。日本場合は、w:温泉法参照
  2. 共同浴場のこと。(共同浴場を温泉と呼ぶ例 - 東大阪市[1]2011年7月17日閲覧

発音

お↗んせん

翻訳

関連語





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「温泉」の関連用語

温泉のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

比高

軽車道

高塔

電波塔

荒地

気象台

博物館

郵便局





温泉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本地熱学会日本地熱学会
Copyright 2016 GRSJ
地熱発電用語集
国土交通省国土地理院国土交通省国土地理院
Copyright. Geographical Survey Institute. ALL RIGHTS RESERVED.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2016 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
交通エコロジー・モビリティ財団交通エコロジー・モビリティ財団
Copyright(c) EcoMo Foundation
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの温泉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの温泉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS