バルブとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > バルブ > バルブの意味・解説 

バルブ [0] 【bulb】

球根
電球。特に,閃光電球

B

等級のうち A に次ぐもの。2 番目。
bahtタイの通貨単位バーツを表す記号Bt とも。
black鉛筆軟らかさを表す記号。 → FHHB
ABO 式血液型の一。B 型
bustバストを示す記号。 → HW
紙の大きさを表す記号B 判
〖bulb〗 カメラシャッターのバルブの記号
アメリカ・イギリス・ドイツの音名の一(ドイツ語読みベー)。アメリカ・イギリスでは「ロ」「シ」,ドイツでは「変ロ」「シ」の変音
basement建物地階を表す記号
blue色相で,青を表す記号
bomberアメリカ空軍機種識別記号の一で,爆撃機を表す。 → F
byte〗 → バイト

バルブ [0] 【valve】


バルブ

英語 valve

レシプロエンジンにおいて、吸排気を行わせるために用いる燃焼室壁面近くポート開閉する部品4ストロークエンジンにおいては、ポペット状(マッシュルーム形)の吸排気バルブにより、新気をシリンダー中に封じ込ませ、また排気はバルブが開くことにより排出される。このバルブはカムシャフト駆動されるが、閉じる方向への力はスプリングによる。吸排気通路内蔵した円筒状のバルブを、エンジン回転同期させるピストン状のスリーブバルブロータリー式のバルブが考案されているが、まだ実用化されていない2ストロークエンジンにおいてはピストン自身スリーブバルブ機能兼ね備え排気掃気を行う。また、高性能2ストロークエンジンでは、リードバルフや、一部を切り欠いたディスクバルブを回転させる方式もある。

バルブ

参照 ポペットバルブ

バルブ(タイヤ)

英語 valve

タイヤ空気を入れたり出したり、また充填した空気圧を保つ機構をいう。チューブ取り付けられるバルブと、チューブレスタイヤリム取り付けられるリムバルブがある。バルブはバルブステム、バルブコア、リムへの取付け用のボルトナット、バルブキャップで構成されている。バルブコアはバルブステム装着され、小さなばねと空気圧バルブステム押し付けられて、空気シールする。空気を入れたり抜いたりする場合は、バルブコアを押し込んで行う。バルブコアはムシとも呼ばれる

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

バルブ

【別称】弁
バイクに関して、バルブには二通りの意味がある一つは「弁」を意味するもので、 エンジンシリンダー上部には混合気吸い込むための入口排気ガス排出するた めの出口があり、その入口出口を閉じたり開けたりしているラッパ状の部品のこと だ。1つシリンダーにバルブが2個の2バルブ、4個の4バルブが一般的もう一つの 意味に「電球」があり、「ヘッドライトバルブ」「ウインカーバルブ(フラッシャーバルブ)」のように使う。
バルブ


関連用語】混合気 シリンダー

バルブ

読み方:バルブ
【英】:valve

配管内を流れ気体液体など、流体流れ制御する開閉装置のこと。日本語名は『弁』。
■ 関連技術

バルブ

電球外側ガラス管を指す。

バルブ

ガスなどの流体が通る空間配管)の開閉を行ったり、流れ制御ができる機能を持つ機器の事。流体種類液体気体)、性質可燃性毒性腐食性圧力温度)、特性さらには、バルブ本体材料金属非金属)により、豊富な種類構造ものがあるあらゆる産業設備使用されている。

バルブ

【英】:bulb

一般に球根のこと。洋ランでは,養分水分蓄えるためついている大きくふくらんでいるものをいう

バルブ

読み方:ばるぶ

長時間露出をするための、カメラにある機能。シャッターダイヤルにある「B」のマーク合わせると、シャッターボタン押している限りシャッター開き続ける。夜景天体撮影なくてはならないもの。

バルブ

卵形球形などに肥厚したのことで、ここに水分養分貯蔵されている。偽球茎ともいう。カトレアデンドロビュームなどのラン類に見られる

バルブ

空気入れの受けとなるパーツ内部に弁の機構があり、入った空気逆流ないようになっている
自転車には3種類のバルブが使われている。クルマと同じ米式(アメリカ式)はDHバイクなどのMTB多く使われ、 軽量空気圧力調整が行いやすい。仏式(フランス式)はロードバイク多く使われ。MTBではXC用で使われる事が多い。
英式(イギリス式)は軽快車タウン車、一般的にママチャリ呼ばれる自転車多く使われる。

バルブ

読み方:ばるぶ

BC排気バルブタンクのバルブなどダイビング器材には複数のバルブがある。単にバルブと言う時はタンクバルブを指す場合が多い。

バルブ

シュードバルブPseudobulb擬球茎偽鱗茎仮鱗茎)の通称水分養分貯蔵する多肉質棒状紡錘形)の組織。 Bulb(略してB)。
「バルブ」の種類
①最も新しいバルブを「トップバルブリードバルブ)」という。
②それ以外の古いバルブを「バックバルブ」という。
※「バブル」と誤記されることがあるので、注意要する

バルブ

名前 BarbeBarbu

バルブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/15 08:06 UTC 版)

バルブ: valve)は、液体気体配管など、流体が通る系統において設けられる流れの方向・圧力・流量の制御を行う機器の総称[1]。特に用途や種類などを表す修飾語が付く場合には「(べん)」という語が用いられる[1]。この「弁」の元の用字は“瓣”すなわち花弁・はなびらを意味する。




  1. ^ a b 石福昭監修・中井多喜雄著 『建築設備用語辞典』技報堂出版 p.563 1998年
  2. ^ a b c d e f 意匠分類定義カード(M2) 特許庁







バルブと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

バルブに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「バルブ」の関連用語

バルブのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ギャラン

アクスル

アラバスタ

セルフステア

コップ

トランクスルーシート

六角レンチ

エアクリーナーボックス





バルブのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ヤマハ発動機ヤマハ発動機
COPYRIGHT © 2016 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
ヤマハ発動機バイク用語辞典
イプロスイプロス
COPYRIGHT © 2001-2016 IPROS CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED
モノシリ
大光電機大光電機
Copylight 2016.DAIKO ELECTRIC CO.,LTD.All rights reserved.
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2016 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
社団法人日本造園組合連合会社団法人日本造園組合連合会
JAPAN FEDERATION OF LANDSCAPE CONTRACTORS 2016 All rights reserved
カメラマンWebカメラマンWeb
© 2005-2016 モーターマガジン社 All rights reserved.
園芸ネット園芸ネット
(c) copyright 1999-2016 engei.net all rights reserved.
Be.BIKEBe.BIKE
Copyright(C) 2001- 2016 CAR MATE MFG.CO.,LTD. All Rights Reserved.
Be.BIKE自転車用語集
ダイブネットダイブネット
COPYRIGHT©2016 DIVENET LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
Park TownPark Town
(C)ParkTown H&M
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバルブ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS