ガラスとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 家屋 > ガラス > ガラスの意味・解説 

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。


ガラス [0]オランダ glas】

〔「硝子」とも書く〕
高温溶融状態にあったものが急速に冷却されて,結晶化せずに固化したもの。また,その状態。無定形状態の一つで,立体的網目状構造をとる。
ケイ酸塩ガラスのこと。二酸化ケイ素ケイ砂)・炭酸ナトリウム炭酸ソーダ)・炭酸カルシウム炭酸石灰)などを高温溶融冷却して作る。透明・硬質で,もろい。種々の器具建材などに用いる。玻璃(はり)。 「 -を割る」 「窓-」

ガラス

読み方:がらす
【英】:glass

高温溶融した物質結晶析出することなしに急激に温度降下させると、粘性増し硬い固体凝固する。この固化溶融物をガラスと呼ぶ。結晶固体とは異なり規則的原子配列をしていない非晶質高炉水砕スラグは、急冷により、結晶化せず、そのほとんどがガラス状態になっている

ガラス

ロート板ガラス溶融金属にガラス素地流してつくられた平滑でゆがみの少ない透明板ガラス)、安全ガラス(普通ガラスより強度が高く割れにくく、万一割れても飛散して人に重症を負わせないよう配慮されたガラス。強化ガラス合わせガラス製品に多い)、防音合わせガラスなど、さまざまな機能のガラスがある。→網入ガラス合わせガラス強化ガラス複層ガラスペアガラス)、防火ガラス

ガラス

作者多島斗志之

収載図書少年たちのおだやかな日々
出版社双葉社
刊行年月1994.4

収載図書少年たちのおだやかな日々
出版社双葉社
刊行年月1999.8
シリーズ名双葉文庫


ガラス

作者イヴリン・ロウ

収載図書直な肉体
出版社幻冬舎
刊行年月1994.12


ガラス

名前 GalasGallasGarasGarasse

硝子

読み方:ガラス(garasu)

作者 川端康成

初出 大正14年

ジャンル 小説


ガラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/29 04:28 UTC 版)

ガラスオランダ語: glas英語: glass)または硝子(しょうし)という語は、物質のある状態を指す場合と特定の物質の種類を指す場合がある。




[ヘルプ]
  1. ^ a b 日本化学会編「化学便覧応用化学編-第6版-第I分冊」丸善, 2002年平成14年), 13.5 汎用ガラス・ほうろう
  2. ^ 「琺瑯(グラスライニング)」『セラミックス』43(2008)No.9 P762[1]
  3. ^ 濱田利平「琺瑯の歴史について」『神鋼環境ソリューション労働組合-オープンハウスセミナー』Vol.43(2005/04/23)[2]
  4. ^ a b c 作咲済夫著 『ガラスの本』 日刊工業新聞 2004年平成16年)7月30日 初版一刷 ISBN 4-526-05310-4
  5. ^ W. H. Zachariasen, 1932:J. Am. Chem. Soc., 54, 3841-3851
  6. ^ B. E. Warrem, 1940, Chem. Rev., 35, 239-255.
  7. ^ Kuan-Han Sun, 1947, J. Am. Ceram. Soc., 30, 277-281.
  8. ^ J. T. Randall, H. P. Rooksby, B. S. Cooper, 1930, J. Soc. Glass Tech., 14, 219T.
  9. ^ E. A. Pporai-Koshits, 1959, Glastech. Ber., 32, 140-149.
  10. ^ H. Rawson, Inorganic Glass-Forming Systems. Academic Press, 1967.
  11. ^ 長倉三郎、他(編)「岩波理化学辞典-第5版」岩波書店, 1998年平成10年)2月
  12. ^ ガラス特性の定説、覆る可能性 ナショナルジオグラフィック日本語版サイト
  13. ^ 「理科年表第81冊」、P381 ISBN 978-4-621-07902-7
  14. ^ http://www.agc.com/kingdom/manu_process/history/ 「板ガラスの製造技術の歴史」内「古代ローマの鋳造法」 旭硝子 2015年6月14日閲覧
  15. ^ http://www.agc.com/kingdom/manu_process/history/ 「板ガラスの製造技術の歴史」内「クラウン法」 旭硝子 2015年6月14日閲覧
  16. ^ 黒川高明『ガラスの技術史』p227(アグネ技術センター, 2005年7月)
  17. ^ http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/31412/1/sk016009002.pdf 「平炉法の発明の経過」p245-246(「生産研究」第16巻第9号、1964年)中沢護人



ガラス

出典:『Wiktionary』 (2011/09/09 12:19 UTC 版)

名詞

ガラス 【硝, 玻璃

  1. 結晶のように原子規則正しく並んでいない、非晶質固体このような状態をガラス状態にあるという。
  2. ガラス状態の物質中でも特に珪酸塩ガラスを指し様々な組成ものがある通常透明割れやすい。建材食器などに広く使われている。

語源

類義語

関連語

翻訳






ガラスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ガラスに関連した本

「ガラス」に関係したコラム

  • 株式上場企業の業種分類

    日本の株式上場企業は、東京証券取引所(東証)をはじめとする証券取引所の独自の基準により、業種別に分類されています。例えば、東京証券取引所(東証)の場合、業種分類は「業種別分類に関する取扱い要領」により...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ガラス」の関連用語

ガラスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

孫次郎

銅藍

渕瀬真寿美

Escape

送り槓

田中 秀春

壱岐対馬国定公園

岩手山





ガラスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
鐵鋼スラグ協会鐵鋼スラグ協会
Copyright (C) 2017 Nippon Slag Association All Rights Reserved.
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2017 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのガラス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのガラス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS