黒曜石とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 鉱物 > 火山岩 > 黒曜石の意味・解説 

こくよう せき こくえう- [3] 【黒曜石】

ガラス質火山岩黒色または暗灰色時に赤褐色割れ目貝殻状を示す。流紋岩質や安山岩質のマグマ冷えて固まったもの。先史時代には石器使用された。近年は焼いて粉末にし,断熱材利用する。十勝石など。黒曜岩

黒曜石(Obsidian)

黒曜石
Superior,Pinal Co.,Arizona,USA
SiO2(H2O) 標本の幅約5cm

古代人が石器を作った事で有名な石。
この標本は別名「アパッチの涙」と呼ばれる球形をした黒曜石です。


黒曜石
Glass Buttes,Oregon,USA 標本の幅約4.5cm

木目模様美しい黒曜石です。


黒曜石
埼玉県寄居町露梨子にて出土 標本の幅約2cm

黒曜石で作られた縄文時代石器(石鏃)です。

黒曜石(Obsidian)

黒曜石 黒曜石
北海道紋別郡遠軽町白滝(旧白滝)赤石
画像の幅約2.3cm、標本の幅約9cm

黒色中に赤茶色の部分が入った黒曜石です。
この産地では花十勝、紅十勝とも呼ばれています。
白色球状内包物はクリストバル石(Cristobalite)です。

黒曜石(Obsidian)

黒曜石 黒曜石
長野県諏訪郡下諏訪町
画像の幅約3.3cm、1.6cm

日本の黒曜石産地として有名な長野県産の標本です。
この産地の黒曜石は稀に虹色輝き見せるものがあります

黒曜石 (こくようせき)

火山噴火によって作られたガラス質の石です。かたい石ですが、われ目が貝がらのような形になります。そのため世界各地石器原材料として使われています。

関連項目

黒曜石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/05 23:50 UTC 版)

黒曜石(黒耀石)(こくようせき、: obsidian)は、火山岩の一種、及びそれを加工した宝石岩石名としては黒曜岩(こくようがん)という[1]。 英語名の「オブシディアン」は、エチオピアでオブシウス(Obsius)なる人物がこの石を発見した、という、大プリニウスの『博物誌』の記述による。




[ヘルプ]


「黒曜石」の続きの解説一覧





黒曜石と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

黒曜石に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「黒曜石」の関連用語

黒曜石のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

カファーサイト

ウォルフ石

トパーズ

ハウスマン鉱

デクロワゾー石

サポー石

褐錫鉱

苦土ホイト電気石





黒曜石のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
Kato's CollectionsKato's Collections
Copyright(C) 1996-2017 Shinichi KATO All rights reserved.
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2017,Hofu Virtual Site Museum,Japan
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの黒曜石 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS