ポペットバルブとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > ポペットバルブの意味・解説 

ポペットバルブ

英語 poppet valve

きのこ形をしたバルブ総称。マッシュルームバルブ、きのこ弁ともいう。普通のエンジンの吸排気バルブはこのタイプ属する。傘部とステム部およびバルブスプリング結合する軸端部とで構成され、直線往復運動をして傘部で通路開閉を行う。これに対し、回転式のロータリー型や2ストロークエンジンのようなピストンスリーブ型のバルブ機構がある。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ポペットバルブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/18 21:36 UTC 版)

ポペットバルブ: Poppet Valve)は、JISにおいて「弁体が弁座シート面から直角方向に移動する形式のバルブ」と定義されている[1]レシプロエンジンの吸気、掃気、排気を制御するために多く用いられる機構であり、特に自動車用エンジンなどでは単にバルブと呼ばれることも多い。




  1. ^ (JIS B 0142)油圧及び空気圧用語による。
  2. ^ Poppet at Merriam-Webster
  3. ^ Puppet valve from 1913 Webster's dictionary
  4. ^ U.S. Patent No. 339809, "Puppet Valve", issued April 13, 1886
  5. ^ How Poppet Valves Work”. lexairinc.com (2007年). 2007年6月28日閲覧。


「ポペットバルブ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ポペットバルブ」の関連用語

ポペットバルブのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

治具

THS-C+E-Fourシステム

ハイマウントアッパーアームダブルウイッシュボーン

マークス・グロンホルム

走行性能曲線図

SRSウインドウエアバッグ

セレナ

テールランプ





ポペットバルブのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのポペットバルブ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS