菩薩とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > > 菩薩 > 菩薩の意味・解説 

ぼ さつ [1] [0] 【菩

bodhisattva俗語 bot-sat の音写か〕
〘仏〙
最高の悟りを開いて,仏になろうと発心して,修行に励む人。初め前世修行者だった釈迦をさす名称であったが,のちに大乗仏教では自己の悟りのみを目指す声聞(しようもん縁覚えんがくに対し,自利利他両者目指す大乗修行者をいう。弥勒観世音地蔵などの高位の菩薩は仏に次ぐ存在として信仰される。菩提薩埵(ぼだいさつた)大士。覚有情
高徳の僧をたたえて付け尊称日本では行基菩薩のように朝廷から正式に与えられる場合もある。

菩薩

読み方:ボサツ(bosatsu)

仏陀となるため修業するもの


菩薩

作者佐藤洋二郎

収載図書河口へ
出版社小学館
刊行年月1999.4
シリーズ名小学館文庫


菩薩

作者宇江佐真理

収載図書深川にゃんにゃん横丁
出版社新潮社
刊行年月2008.9


菩薩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/09/16 08:56 UTC 版)

菩薩(ぼさつ)、梵名ボーディ・サットヴァ(बोधिसत्त्व [bodhisattva]) の音写は、仏教において一般的に成仏を求める(如来に成ろうとする)修行者のことを指す。菩提薩埵とも音写される。




  1. ^ 菩提は音訳だけではなく、それなりの意訳も含意されたと推定される。
  2. ^ 華厳教学では六波羅蜜に四波羅蜜を加えて十波羅蜜とする。
  3. ^ すべてを菩薩とすると経典として成り立たないため、阿羅漢、声聞、縁覚、如来などの用語も便宜的に残している。
  4. ^ 菩薩摩訶薩の表現は部派経典である阿含部や華厳経を含む、全ての経・論・律部に見られる。兜率天上生・下生の別等、何らかの別を設けて使い分けられていると考えるのが妥当な経典もあるが一定ではなく、単に丁寧語として慣例的に使用されたケースも含めて、今後の研究対象と成り得よう。
  5. ^ 大正大学名誉教授 真野龍海(現大本山清浄華院第82世 法主)『万人看過の心経「菩提-薩埵」のニルクティ』[1]
  6. ^ 修行者以外の在家信者も含めて、ついには衆生皆菩薩とする説も唱えられた。
  7. ^ 10相1組を4つとる教説は仏教だけでなく、他の宗教や祭祀に視野を広げても極めて稀である。他にはユダヤ教キリスト教の密教または異端とされるカバラが知られる程度である。
  8. ^ 大乗起信論と同様、華厳経は十地品・入法界品以外のサンスクリット語底本が発見されておらず、中央アジアで編纂されたとする説が有力だが、発祥期はカバラと大差ないと推定されることから、今後の比較研究などが期待される。


「菩薩」の続きの解説一覧

菩薩

出典:『Wiktionary』 (2010/09/04 16:06 UTC 版)

固有名詞

  1. 仏教において、如来仏陀)に次ぐ存在
    1. 成仏求め修行する存在弥勒菩薩等。
    2. 仏陀補助し、衆生救い利益与え存在観世音菩薩観音)、文殊菩薩地蔵菩薩
    3. 初期大乗仏教における、特にインド学僧尊称龍樹菩薩世親菩薩等。
  2. 日本において、朝廷高僧与えた号
  3. 日本における神の尊号八幡大菩薩

発音

ぼさつ
IPA: /??/
X-SAMPA: /??/

語源

翻訳

成語






菩薩と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

菩薩に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「菩薩」の関連用語

菩薩のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

立木観音

ピッグE 「BIG-E」

JR線以外

裏筋

山猪

ヘッジトリマー

UH-60J

バルーンスリーブ





菩薩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの菩薩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの菩薩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS