ベルとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 音楽用語 > ベルの意味・解説 

ベル 【Heinrich Böll】 ○

1917~1985西ドイツ小説家社会への批判視野におき庶民の生活を描く。作「アダムよ,お前はどこにいた」「九時半の玉突き」「道化告白」「カタリナブルーム失われた名誉」など。

ベル [1] 【bell】

電磁作用利用して音を発生させる装置電気回路電流通じて回路中のコイル電磁石とし,ばねのついた打撃(つち)の柄を引きつけて発音体打ちあてる。電鈴呼び鈴(りん)。 「 -を押す」 「電話の-が鳴る」
手で作動するりん。
教会などの)鐘。 「ウエディング--」

ベル 【Bell】 ○


ベル

ベルには、鈴を使ったものと小型の鐘を使ったものの2種類がある。鈴を使ったものはスレイ・ベルジングル・ベルがあるが、いずれもがたくさん集まったものなので、これを振って鈴の音響かせるものだ。このほかの演奏法としては、ベルを片手持ちその手をもう片方の手で叩く方法がある。これはアクセントのはっきりした歯切れよい音を出すことができる。鐘を使ったものはペルシャ・ベルやトゥリー・ベルがある。どちらも小さい鐘を重ねるように並べてセットしたもので、金属棒で叩いたり金属製のマレット叩いて音を出す。このほかに、並べられた鐘をこするようにして音を出すグリッサンド奏法もある。

ベル

作者大沢在昌

収載図書やっぱりミステリーが好き
出版社新潮社
刊行年月1990.6

収載図書やっぱりミステリーが好き
出版社講談社
刊行年月1995.3
シリーズ名講談社文庫


ベル

作者矢作俊彦

収載図書仕事が俺を呼んでいる
出版社新潮社
刊行年月1993.5


ベル

作者バーリント・アーグネシュ

収載図書とんぼの島のいたずら子やぎ
出版社偕成社
刊行年月2007.10


ベル

名前 BöllBelBellBelleBēlBeluBerBerrBertBeyleBoellBoll

ベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/02/25 01:23 UTC 版)

ベル

単位

  • ベル (bel, B) - ある基準値に対する比の常用対数の値を元にした単位。
    アレクサンダー・グラハム・ベルに由来する。通常はその10分の1のデシベルが用いられる。

一般名詞

固有名詞

人名

グループ名

  • Belle - 日本のフォークグループ。 代表曲は「電話」。

地名

企業・施設名

作品名

フィクションのことがら

架空の人名




「ベル」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ベルに関連した本

「ベル」に関係したコラム

  • FXのチャート分析ソフトMT4のアラームの設定方法

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)では、テクニカル指標でサインが発生した時や売買が約定した時などにアラームが鳴ります。アラームは、ユーザーが自由に設定で...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ベル」の関連用語

ベルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

フェランティ

スプレーグ

ゼーマン

ヘンリー

ワット

ボルタ

ゴーラール

ダニエル





ベルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2016 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのベル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS