ドラゴンボールとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 漫画 > 漫画作品 > 漫画作品 と > ドラゴンボールの意味・解説 

DragonBall

読み方:ドラゴンボール

DragonBallとは、Motorolaによって製造されている、携帯情報端末向け統合マイクロプロセッサシリーズ名である。

DragonBallは、16ビットマイクロプロセッサ1つである68000ベース改良されたもので、Palm搭載端末はじめとする各種携帯情報端末採用されている。

なお、2011年1月現在のDragonBallには68000コア使用した製品以外に、ARMコア使用した製品登場している。そのいずれもが、各種インターフェースやメモリーコントローラーを統合したものとなっている。

マイクロプロセッサのほかの用語一覧
RISC:  AltiVec  ARM版  ARMアーキテクチャ  DragonBall  hyperSPARC  microSPARC  microSPARC II

ドラゴンボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/17 11:32 UTC 版)

ドラゴンボール』(DRAGON BALL)は、鳥山明(BIRD STUDIO)による日本漫画作品とその作中に登場するアイテムの名称。略称は『DB』。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 連載終了後の2009年に発売された「Heroes Collection」『DRAGON BALL 超エキサイティングガイド キャラクター編』23頁には亀仙人の趣味に「インターネット」があり、2013年に劇場公開された『ドラゴンボールZ 神と神』では携帯電話について言及されている。
  2. ^ 完全版コミックでは「5の26日」と月名が数字に修正されている。
  3. ^ 犬マユゲでいこう』より。
  4. ^ アニメツアー08版公式サイトでは2008年11月24日から2009年1月31日まで無料配信されていた。
  5. ^ 2017年現在。

出典

  1. ^ 【出版】本当の出版不況は、まだ来ていないasahi.com 2009年2月10日
  2. ^ a b ドラクエミュージアム
  3. ^ a b ドラゴンボール室
  4. ^ 『ギネス世界記録2013』J-06頁。
  5. ^ 鳥山明『DRAGON BALL 第3巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1986年6月15日、39頁
  6. ^ 週刊少年ジャンプ特別編集「巻頭特別袋とじ企画 鳥山明スペシャル」『ドラゴンボールZ アニメ・スペシャル』9頁。
  7. ^ 『DRAGON BALL 超エキサイティングガイド キャラクター編』集英社、2009年4月3日、93頁。
  8. ^ 「ドラゴンボール 世界観用語解説」『ドラゴンボール大全集7巻』集英社、ISBN 4-08-782757-7、44頁、46頁
  9. ^ 「其之十七 次期第10宇宙界王神候補ザマス」『DRAGON BALL超 第3巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2017年6月2日、ISBN 978-4-08-881084-3、52頁。
  10. ^ 「マンガDRAGONBALLの真実〜トリヤマはこう考えていたよスペシャル」『ドラゴンボール超エキサイティングガイド ストーリー編』集英社、2009年3月9日、ISBN 978-4-08-874803-0、63頁、92頁。
  11. ^ 渡辺彰則編「孫悟空戦闘力成長の軌跡」『ドラゴンボール大全集 7巻』集英社、1996年2月25日、ISBN 4-08-782757-7、83頁。
  12. ^ a b c d 『30th Anniversary ドラゴンボール超史集』54-55頁。
  13. ^ 渡辺彰則編「ドラゴンボール世界観用語解説」『ドラゴンボール大全集 7巻』集英社、1996年2月25日、44頁。
  14. ^ a b c d ジャンプ・コミック出版編集部編「鳥山明 ON THE ROAD」『ドラゴンボール完全版公式ガイド Dragonball LANDMARK 少年編〜フリーザ編』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2003年12月24日、ISBN 4-08-873478-5、146-157頁
  15. ^ a b 「スペシャル座談会プロジェクトZ アニメ『ドラゴンボールZ』の過去・現在・未来」『DRAGON BALL Z DVD BOX Z VOLUME 1 Dragonbook』、100-107頁。
  16. ^ a b 週刊少年ジャンプ特別編集「ドラゴンボール誕生秘話」『DRAGON BALL 冒険SPECIAL』集英社、1987年12月1日、雑誌29939-12/11、136-137頁。
  17. ^ 『アメリカ版『SHONEN JUMP』創刊号 鳥山明インタビューより
  18. ^ 「なるほど!?ザ・ドラゴンボール」『DRAGON BALL 冒険SPECIAL』138頁。
  19. ^ a b c d ジャンプ・コミック出版編集部編「鳥山明×中鶴勝祥対談」『テレビアニメ完全カイド DRAGONBALL Z 孫悟空伝説』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2003年10月8日、ISBN 4-08-873546-3、90-102頁。
  20. ^ a b 渡辺彰則編「鳥山明的超会見」『ドラゴンボール大全集 2巻』集英社、1995年8月9日、ISBN 4-08-782752-6、261-265頁。
  21. ^ a b c 「神龍通信 第1号 歴代担当者座談会」『ドラゴンボール大全集 1巻』別冊付録、集英社、1995年
  22. ^ バンダイ・バンプレスト プレスリリース 2004年12月8日。
  23. ^ 「親の顔がみてみたい 夏休み企画3週まるまる ドラゴンボールスペシャル」『週刊ファミ通』、エンターブレイン刊、2006年。
  24. ^ ドラゴンボールの鳥山明氏 "魔人ブウ"後の心境を告白「闘いの漫画描く気なくなった」」ORICON STYLE、2014年3月28日。
  25. ^ STUDIO VOICE 2008年2月号
  26. ^ a b ジャンプ・コミック出版編集部編「鳥山明 WITH DRAGON BALL」『ドラゴンボール完全版公式ガイド Dragonball FOREVER 人造人間編〜魔人ブウ編 ALL BOUTS & CHARACTERS』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2004年5月5日、ISBN 4-08-873702-4、146-155頁
  27. ^ 「「DRAGONBALL」は永遠に不滅です!」『週刊プレイボーイ』1995年6月6日No.5、集英社、229頁。
  28. ^ a b c 「鳥山明も振り返ってみたDRAGONBALL!!」『ドラゴンボール超全集4巻』集英社、2013年5月9日、ISBN 4-08-782499-3、346-349頁。
  29. ^ a b 「鳥山明INTERVIEW DRAGON BALLと鳥山明」『30th Anniversary ドラゴンボール超史集』集英社、2016年1月26日、ISBN 978-4087925050、88-93頁。
  30. ^ MEN'S NON-NO』2014年1月号、集英社、187頁。
  31. ^ 集英社「ドラゴンボール室」新設 単独作品の部署は初の試み
  32. ^ 「鳥山明的超会見」『ドラゴンボール大全集1巻』205頁。
  33. ^ a b c d 「大全集1に掲載されなかった貴重なイラスト達 わしとアニメ」『ドラゴンボール大全集7巻』、集英社、1996年2月25日、167頁。
  34. ^ 「大全集1に掲載されなかった貴重なイラスト達 鳥山明先生の天下一漫画指南!!」『ドラゴンボール大全集7巻』集英社、1996年2月25日、168頁。
  35. ^ ドラゴンボール超インタビュー「とりとよ放談」」 VジャンプWEB
  36. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「DBと鳥山明」『ドラゴンボール完全版公式ガイド Dragonball FOREVER 人造人間編〜魔人ブウ編 ALL BOUTS & CHARACTERS』集英社、2004年5月5日、集英社、149頁。
  37. ^ 「鳥山明がお送りする DBキャラ秘密の話」『ドラゴンボール大全集7巻』、集英社、1996年2月25日、122頁。
  38. ^ 渡辺彰則編 「VARIETY OF DB 鳥山明先生アニメ用メモ大公開!!」『ドラゴンボール大全集 第5巻』集英社、1995年11月7日、ISBN 4-08-782755-0、68頁。
  39. ^ 『ジャンプ流! 秘伝ガイド Vol.01 まるごと鳥山明』 集英社、2015年、18頁。
  40. ^ 「『鳥山明 満漢全席』あとがき」『鳥山明 満漢全席』貳、集英社、2008年9月23日、ISBN 4-08-618773-6、336-337頁。
  41. ^ 『Dr.スランプ』第16巻 おまけページ 鳥山明、集英社<ジャンプ・コミックス>、1984年
  42. ^ 『DRAGONBALLZ DVDBOX Z VOLUME1 DRAGONBOOK』102頁
  43. ^ a b c 『30th Anniversary ドラゴンボール超史集』集英社、2016年1月26日、ISBN 978-4087925050、38-41頁。
  44. ^ サンケイスポーツ特別版『ドラゴンボールZ 復活の「F」新聞』より。
  45. ^ a b 「神龍通信 第2号 歴代担当者+鳥山明座談会」『ドラゴンボール大全集 2巻』別冊付録、集英社、1995年
  46. ^ 『鳥山明○作劇場「改」』其乃壱 188頁
  47. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「THE SECRET IN Z 知られざる『Z』」『テレビアニメ完全カイド DRAGONBALL Z 孫悟空伝説』集英社、2003年10月8日、198頁。
  48. ^ NHK「トップランナー」制作班(編)『トップランナー Vol.9』、KTC中央出版、1999年、95頁。ISBN 487758126X
  49. ^ バンダイこどもアンケートNo.142、バンダイ、2007年。
  50. ^ a b c d e f g h i j k 予約特典・ドラゴンボール最強への道・劇場版ご近所物語A5サイズ前売特典冊子
  51. ^ 65,000人が選ぶ「マイベストムービー」発表-グランプリは「24」
  52. ^ ヒーローの必殺技。使えるとしたら誰に?、オリコン、2007年4月8日
  53. ^ 1000人が選んだ!漫画史上“最強”キャラクターランキング!、オリコン、2007年6月22日。
  54. ^ 1度使ってみたい「かめはめ波」と「四次元ポケット」?、オリコン、2008年4月14日。
  55. ^ 宇宙最強だと思うアニメ・コミックキャラクターランキング
  56. ^ 東映アニメーション・国内版権事業
  57. ^ ドラゴンボール、ガンダムを制して1位
  58. ^ 2007年、最も全巻読破されたコミックランキング第1位は「ドラゴンボール」
  59. ^ ValuePress プレスリリース2008年4月14日12時
  60. ^ あなたが思う“クール・ジャパン”コンテンツは?
  61. ^ 東京工芸大学、クール・ジャパンに関する調査
  62. ^ アメリカとは異なる「アニメ先進国」 アニメ!アニメ! 2008年4月16日
  63. ^ 新社会人ウェブ担当者のための心得2〜これからのウェブ担当者像 報連相(実践編)〜
  64. ^ 東日本国際大・宮下“かめはめ波投法”で4季連続V狙う SANSPO.COM 4月17日
  65. ^ 深夜アニメの製作資金は約3億円…
  66. ^ 決定!これが日本のベスト 世界に進出した日本の人気アニメ ベスト100
  67. ^ リクナビ2013 株式会社ディンプス 会社データ、2011年12月01日
  68. ^ アタリ、「ドラゴンボール」のライセンス問題で350万ドルを支払い INSIDE NEWS ARTICLE 2007年12月11日11時55分
  69. ^ Mark Lasswell, "Year of the Dragon," TV Guide
    Sally Beatty, "Kids Are Glued to a Violent Japanese Cartoon Show," The Wall Street Journal, 1999.
  70. ^ 「ドラゴンボール改」が米国で好発進、放送局で開局以来最高視聴率
  71. ^ 「ドラゴンボールZ 復活の「F」」、北米公開も好調 興収6億円超える
  72. ^ 東映アニメーション平成28年3月期 第2四半期決算プレゼンテーション資料
  73. ^ The Biggest, Baddest Dragon Ball Z Giveaway on Earth Raving Toy Maniac.
  74. ^ 2008年初頭 北米アニメDVD 1位に「エクスマキナ」 アニメ!アニメ! 2008年4月29日。
  75. ^ "Dragon Ball Z Season One the Number One Anime Seller" ANIME NEWS NETWORK, May 17th 2007.
  76. ^ 北米のマンガ事情大10回
  77. ^ アニメ人気も、株価急落にブリットニーたじたじ!?、マイコミジャーナル、2002年8月5日。
  78. ^ 検索ワード過去10年ランク ドラゴンボールが2位
  79. ^ Britney loses out to PlayStation、BBC、2002年12月30日。
  80. ^ 「日の丸アニメ」根強い人気 海外にはない“大人向け”も理由産経新聞 2013年11月7日(木)
  81. ^ a b Como desenhar Mangá
  82. ^ DB全32巻
  83. ^ DBZ全51巻
  84. ^ 「足りません、映像ソフト 確保へ業界は“国際戦略”」『朝日新聞』1989年12月2日付夕刊、17面。
  85. ^ 『東映アニメーション50年史』凸版印刷、2006年。
  86. ^ 「鉄腕アトム」「ドラゴンボール」が「歴史を変えたテレビ番組」に選出!」シネマトゥデイ、2013年3月28日。
  87. ^ アトム、グレンダイザー、ドラゴンボール、加トケンが『世界のテレビを変えた50作』に選出」IBTimes、2013年4月3日。
  88. ^ a b La lettre(15ページ)
  89. ^ a b Glénat rejoint bdBuzz
  90. ^ a b Retour sur la conférence de presse autour de Dragon Ball Super
  91. ^ パリ産業情報センター 「一般調査報告書 - フランスにおけるマンガについて」 愛知県、2010年12月10日。
  92. ^ コンテンツ流通促進シンポジウム - 著作物の流通・契約システムに関する研究会」 文化庁、2004年6月28日。
  93. ^ a b CARLSEN
  94. ^ a b http://c4comic.it/2017/04/20/edizioni-star-comics-grande-attesa-per-il-nuovo-dragon-ball-super/
  95. ^ a b フランクフルト・ブックフェア コミック「日本発」へ熱い視線「急成長」印税50億円 朝日新聞(大阪版)2002年10月29日付朝刊 14面〜15面
  96. ^ a b AIDE新聞コミケ85カタログ掲載版
  97. ^ a b 在デンマーク日本大使館「デンマークにおける日本マンガ市場」
  98. ^ a b ふたつのM-マンガと村上春樹1〉北欧に響く「かめはめ波」 asahi.com、2006年11月21日
  99. ^ 北信州ネット『トキコのフィンランドEメール日記Vol.16』
  100. ^ MTV3.fi 2003年5月21日
  101. ^ 『北欧スタイル』2006年9号 107頁
  102. ^ 東大オタク学講座1997年9月26日版。
  103. ^ a b 岐路のアジア 第3部・ 漫画「日本発」根付く共通文化 朝日新聞(大阪版)2005年12月6日付朝刊 8面 国際欄
  104. ^ 中国 漫画ドラゴンボールの歴史
  105. ^ a b 七龙珠之父隐退 漫迷:神龙快留他
  106. ^ a b http://allaboutcomics.blogspot.jp/2009/05/blog-post.html?m=1
  107. ^ a b c 韓国漫画の販売部数 한국경제매거진 제695호 2009年3月
  108. ^ "DragonballZ Kamehameha Contest" ArmageddonExpo homepage.
    "Armageddon 2008 Preview" NZGamer.com 2008年4月14日.
  109. ^ ドラゴンボールZ DVD 単巻初登場!!”. 2016年11月5日閲覧。
  110. ^ [http://www.lawson.co.jp/company/news/010958/  ローソンがドラゴンボール一色に!『ドラゴンボールZ』タイアップ商品発売
  111. ^ http://book.asahi.com/reviews/column/2011072800053.html (熱血!マンガ学)DRAGON BALL 悟空の「成長物語」一大産業に
  112. ^ Un nouveau cycle commence avec Dragon Ball Super
  113. ^ 神と神公開時の記事
  114. ^ インターネットアーカイブ 2015年3月22日付
  115. ^ Dragon Ball Full Color Freeza Arc, Vol. 3
  116. ^ suomalaiset manga
  117. ^ ドラゴンボールの「マンガ検索」が登場!!”. 2016年11月5日閲覧。」Yahoo!JAPAN特集編集部から、2010年4月28日。
  118. ^ ドラゴンボール外伝 転生したらヤムチャだった件”. 2016年12月12日閲覧。
  119. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「THE SECRET IN Z 知られざる『Z』」『テレビアニメ完全カイド「DRAGONBALL Z」孫悟空伝説』集英社、2003年10月8日、198頁
  120. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「鳥山明アニメデザイン集」『テレビアニメ完全カイド「DRAGONBALL Z」孫悟空伝説』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2003年10月8日、ISBN 4-08-873546-3、134-144頁。
  121. ^ 「この先どうなるインタビュー」『神龍通信 第7号(ドラゴンボール大全集7巻別冊付録)』、集英社、1996年2月25日、2頁。
  122. ^ 「鳥山明のコメント」『ドラゴンボール大全集5巻』集英社、1995年11月7日、ISBN 4-08-782755-0、13頁。
  123. ^ 渡辺彰則編 「鳥山明的超会見」『ドラゴンボール大全集 5巻』集英社、1995年11月7日、ISBN 4-08-782755-0、211頁。
  124. ^ 「鳥山明わしがお答えしまっせ」『DRAGON BALL 極限バトルコレクションラウンド02』集英社、2010年8月9日、ISBN 4-08-874841-7、89頁。
  125. ^ 最初で最後!?豪華人気アニメコラボ1時間スペシャル!!『ドリーム9 トリコ&ワンピース&ドラゴンボールZ 超コラボスペシャル!!』”. フジテレビ (2013年2月6日). 2013年4月7日閲覧。
  126. ^ 東映アニメーション株式会社 プレスリリース
  127. ^ 東映アニメーション株式会社 2007年3月期中間決算
  128. ^ バンダイ・バンプレスト プレスリリース 2004年12月8日。
  129. ^ 世紀のメガヒット・アニメ「ドラゴンボール」三部作最終章が、ついに単巻で登場!DVDdeliver 2007年12月3日。
  130. ^ a b 「鳥山明的超会見」『ドラゴンボール大全集 6巻』、集英社、1995年12月9日、ISBN 4-08-782756-9、213頁。
  131. ^ a b 「鳥山先生 劇場版かく語りき」『Vジャンプ』2004年7月号、205頁。
  132. ^ 「企画の力 森下孝三東映アニメーション取締役副会長 ドラゴンボール"復活"の全貌」『日経エンタテインメント!』2013年5月号No.194、日経BP社、2013年4月4日、22-23頁。
  133. ^ 原作・脚本・キャラクターデザイン:鳥山明」 ドラゴンボールZ 復活の「F」公式サイト。
  134. ^ a b 「関連商品の力 バンダイナムコゲームス内山大輔 ドラゴンボール"復活"の全貌」『日経エンタテインメント!』2013年5月号No.194、日経BP社、2013年4月4日、27頁。
  135. ^ 『CESAゲーム白書』コンピュータエンターテインメント協会、2003年、978-4902346008
  136. ^ PlayStation Awards 2004 2004年7月12日(月)ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン.
    PlayStation Awards 2005 2005年7月21日(木)ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン.
    Playstation Award 2006 2006年7月25日(火)ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン.
  137. ^ ファミ通.com
  138. ^ 東京ゲームショウ 2016」バンダイナムコエンターテインメントブースの見どころを紹介!VRタイトルもラインナップ Gamerゲーム総合情報サイト
  139. ^ 『ドラゴンボール ゼノバース2』DLC第4弾“未来トランクス編(後編)パック”と第4弾無料アップデートデータが配信開始2017年06月27日
  140. ^ A Satisfying Return
  141. ^ デジタルキッズカードゲーム市場で圧倒的人気 No.1 タイトルの新シリーズ『ドラゴンボールヒーローズ 邪悪龍ミッションシリーズ』2013年10月18日
  142. ^ MSSP・野沢雅子さんも出演!『ドラゴンボールヒーローズ ブロリー超サイヤ人4 爆誕祭』開催!豪華プレゼントや日本一決定戦も!2014年10月3日
  143. ^ カード出荷枚数2億枚突破!鳥山先生のメッセージも公開された「ドラゴンボールヒーローズ 邪悪龍ミッションシリーズ」発表会をレポート2013年10月18日
  144. ^ 『ドラゴンボールヒーローズ』5周年&4億枚突破記念で孫悟飯が“超サイヤ人4”に!』2015年10月13日
  145. ^ デジタルキッズカードゲームNo.1タイトル『ドラゴンボールヒーローズ』稼働6周年&累計出荷5億枚達成を記念したイベントを開催!2016年10月21日
  146. ^ 「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」,590(ゴクウ)万DL突破記念の6大プレゼント2015年2月26日
  147. ^ 「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」が1000万DLを突破。記念“7大”キャンペーンでは「孫悟空(少年期)【SR】」や最大16個の「龍石」などをもらえる2015年3月19日
  148. ^ 東映アニメーション株式会社2015年3月期決算説明会2015年5月15日
  149. ^ 「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」,2000万DL突破。7大キャンペーンが開催2015年8月27日
  150. ^ 「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」が3000万DLを突破。香港でも提供開始2015年11月04日
  151. ^ 東映アニメーション 平成28年3月期 第3四半期決算プレゼンテーション資料2016年01月29日
  152. ^ スマホアプリ「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」1周年記念CM2016年01月28日
  153. ^ ドッカンバトル5000万DL”. 2016年4月1日閲覧。
  154. ^ Google、「Google I/O」で優れたゲームやアプリを紹介するGoogle Play Awardsを実施…『ドッカンバトル』と『ポケとる』らがノミネート”. 2016年5月16日閲覧。
  155. ^ 「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」で7777万DL記念のキャンペーンが開幕2016年7月1日
  156. ^ コンテンツはAbemaTVが最優秀賞、ドラゴンボールZドッカンバトルも優秀賞に2016年7月4日
  157. ^ 「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」が7か国のApp Storeセールスランキングで1位に2016年7月11日
  158. ^ 全世界8000万ダウンロード突破!! 全10キャンペーンを開催!!2016年08月09日
  159. ^ 【App Storeランキング(9/2)】全世界9000万DL突破の『ドッカンバトル』が8位に2016年9月2日
  160. ^ 「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」,全世界で1億ダウンロードを突破。国内版では「Dr.スランプ アラレちゃん」コラボが実施中2016年10月26日
  161. ^ 2016年のApp Store売上ランキング首位は『モンスターストライク』に! 『Pokémon GO』や『シャドウバース』『白猫テニス』など新作も登場2016年12月07日
  162. ^ App Annie「2016年アプリ市場レポート」を発表。全世界のアプリDL数は900億件超え,収益は40%増,ユーザーあたりの収益は日本がトップに2017年01月17日
  163. ^ 「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」,2周年記念のキャンペーンを実施中2017年01月30日
  164. ^ 『DBZ ドッカンバトル(ドカバト)』DL数、1億4,000万突破!ログインボーナスやドッカンフェスを開催。2017年04月3日
  165. ^ バンナム、『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』5地域のApp Store、Google Playでセールスランキング1位を獲得2017年04月21日
  166. ^ 「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」全世界1億5000万DL突破キャンペーン開始。アラレちゃんコラボの復刻も2017年04月28日
  167. ^ 【全世界1億8000万DL突破達成!!】2017年06月30日
  168. ^ バンナム『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』が日米英仏独加のApp Store売上ランキングで同時に首位獲得!2017年07月08日
  169. ^ データカードダス ドラゴンボールZ”. 2016年2月6日閲覧。
  170. ^ データカードダス ドラゴンボールZ2”. 2016年2月6日閲覧。
  171. ^ ケータイサイト「ドラゴンボールモバイル」で「ドラゴンボールバトルジェネレーション」が配信開始Gamer 2011年8月19日。
  172. ^ ドラゴンボールZ・ザ・リアル 4-D|ユニバーサル・ジャンプ・サマー|USJ”. ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®|USJ (2016年7月1日). 2016年8月2日閲覧。
  173. ^ フリーザと悟空の4Dバトルが激熱! USJ×少年ジャンプコラボの全貌!”. シネマトゥデイ (2016年6月30日). 2016年8月2日閲覧。
  174. ^ ドラゴンボールZ・ザ・リアル 4-D|ユニバーサル・ジャンプ・サマー|USJ”. ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®|USJ (2017年4月23日). 2017年5月12日閲覧。
  175. ^ “かめはめ波”がVRで撃てる「BotsNew VR DRAGONBALL Z」、スカウターで戦闘力”. AV Watch (2017年4月13日). 2017年5月11日閲覧。







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ドラゴンボール」の関連用語

ドラゴンボールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

iPod touch

Xperia X Performance

P-05D

レグザタブレットAT703

MEDIAS TAB N-06D

TOUCH WOOD

ドコッチ 01

順次構造





ドラゴンボールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリDragonBallの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのドラゴンボール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS