想うとは?

おも・う おもふ [2] 【思う・想う】

( 動五[四] )
物事に対してある感情意識をもつ。
心に浮かべる。また,想像する。 「 - ・ったままを書く」 「 - ・っていた通りの人」 「春を-・わせるような日」
希望する。願う。 「ヨーロッパへ行きたいと-・っている」
恋い慕って,頭に思い浮かべる。 「私の彼女を-・う気持ち偽りはない」 「私のことを-・ってくれる人」
心配して,頭に思い浮かべる思いやる。 「子を-・う親の心」 「災害に遭った人のことを-・えば私など幸運なほうだ」
思い起こす回想する。 「異郷故国を-・う」 「亡き母を-・う」
(「~と思う」の形で文の述語につけて用いられる)~が現在における話し手個人的判断推量であることを示す。~だろう。 「あしたは晴れると-・う」 「親は知らないろうと-・う
感情内容を表す形容詞形容動詞連用形伴い,「~を…に思う」のような形で用いる)~に対して,それが…であるという感情評価をもつ。~が…であると感ずる。 「母をなくした子をあわれに-・う」 「仲のよい二人うらやましく-・う」
判断内容を表す名詞伴い,「~を…と思う」の形で用いる)~に対して,それが…であるという判断をもつ。~が…であると断定する。 「二人同一と-・っていた」 「いずれの方法最善とは-・えない」
(「~と思うと」「~と思ったら」などの形で)二つことがらが相次いで起こること,または二つことがら一緒に起こることを表す。~するとすぐ。~すると同時に。 「彼は,来たと-・ったらもう帰ってしまった」 「こちらで本を読んでいるやつがいるかと-・うと,あちらでテレビ見ているやつがいる」
(「思うに」,「思えば」などの形で副詞的に用いて話し手個人的判断推量であることを示す。けだし。恐らく。確かに。 「今にして-・うに,…」 「 - ・えばずいぶん長い旅であった」
そういう顔つきをする。気持ちを顔に表す。 「いみじくなげかしげに-・ひたり/竹取」
気が合う。 「 - ・ふどち飲みての後は散りぬともよし/万葉集 1656」 〔 (1) 「念う」 「憶う」 「懐う」などとも書く。 (2) 動詞の「思う」はどちらかといえば直感的情緒的感情想像活動をいう。これに対し「考える」は理性的論理的思考したり判断したりする場合にいう〕
[可能]おもえる
慣用 どうかと- / 屁(へ)とも思わない ・我と思わん者


想う

出典:『Wiktionary』 (2007/12/29 14:47 UTC 版)

漢字混じり表記

(おもう)

  1. おもう 参照思うとも。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「想う」の用例一覧


辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「想う」の関連用語

想うのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

菊池川

山本五十六

その他の危険

タンゴ・ディスカバリー

フラワーナイフ

ササクレヒトヨタケ

護衛艦「ゆうばり」型

伊勢鳥居





想うのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの想う (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS