週刊少年ジャンプとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 出版物 > 雑誌 > 集英社の漫画雑誌 > 週刊少年ジャンプの意味・解説 

週刊少年ジャンプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/17 09:07 UTC 版)

週刊少年ジャンプ』(しゅうかんしょうねんジャンプ、WEEKLY JUMP) は、集英社が発行する日本週刊少年漫画雑誌。略称は『ジャンプ』、『WJ』 など。1968年に『少年ジャンプ』として月2回刊誌として創刊、翌1969年より週刊となり『週刊少年ジャンプ』に改名。




[ヘルプ]
  1. ^ 2016年8月16日発売の「週刊少年ジャンプ増刊・こち亀ジャンプ」とセットになった「こち亀 爆売れ御礼!! 両さん特別アニバーサリーパック」として発売
  2. ^ 聖闘士星矢」・「みどりのマキバオー」・「武装錬金」・「ぬらりひょんの孫」など。
  3. ^ 例外として2009年27号で『こちら葛飾区亀有公園前派出所両津勘吉香取慎吾が表紙になった。2014年39号では18年ぶりに『ニセコイ』のコスプレ姿のグラビアページが登場した[1]。2017年32号では『銀魂坂田銀時小栗旬が表紙になった。
  4. ^ アニメ化に至るほどのヒット作を生み出したのも河下水希星野桂くらいである。
  5. ^ 1960 - 1970年代にジャンプに連載を持っていた小室孝太郎はこの契約のためにしばらく作品発表の場が持てなかったことをインタビューにて語っている(洋泉社、1997年)。ただし、他誌でデビューしたジョージ秋山は作品(浮浪雲)を集英社以外の出版社で執筆しながら、並行して別作品をジャンプへ連載した。
  6. ^ 連載開始直後の「キン肉マン」が、アンケート順位の低迷にもかかわらず、低年齢層からの人気が高い傾向が見られたため打ち切りを猶予して推移を見守った結果、後の大ヒットにつながった。
  7. ^ テレビ局の「局長」は、一般的な企業では「部長級」と「取締役」の中間に位置する「上級管理職」に相当し、「(代表取締役)社長」とは異なる。
  8. ^ 4大キー局以外のテレビ東京系列(TXN)では2017年3月に放送終了した『NARUTO -ナルト- 疾風伝』が最後となった。
  9. ^ 『ぬらりひょんの孫』・『黒子のバスケ』・『HUNTER×HUNTER』(日テレ版、2013年秋以降)・『ハイキュー!!』(第2期以降)・『銀魂』(第4期)など
  10. ^ 1話〜66話
  11. ^ 67話〜
  12. ^ 高橋が在職のまま急死した際には、後任の茨木への引継ぎが遅れ、2003年11号のみ鳥嶋和彦が編集長兼発行人として仕切った。
  13. ^ 2017年7月現在
  14. ^ 2014年4・5合併号のみ
  15. ^ 2011年の上半期(3月11日)に東日本大震災が発生して、しばらくしてから、1号分だけ価格が10円減少した。
  16. ^ 2016年42号のみ
  17. ^ イラストが描けることと「アイシールド21」で声優を務めていることから登用された
  18. ^ ただし、流通の問題から修正版への差し替えは不徹底に終わり、さらにまた別の学校名が掲載されるなど、これも物議を醸した。
  19. ^ 教員と職員は別の職種であり、指導力不足教員が事務に配置換となる例はあるが、同じ学校でこのような人事はあり得ない。
  20. ^ 創刊号復刻版の場合、現在では不適切とされる表現も含まれているが、修正されずそのまま掲載されている。P.46には「そのような表現の多くは、作品が描かれた時代、あるいは作品の背景となっている社会の偏見や差別を反映したものであり、そうした事実を知り、その後の人権意識の変化を考えることもまた復刻版の意義の1つと考えた」とする集英社および『ジャンプ』編集部のメッセージが掲載されている。
  21. ^ 「掲載商品は生産を終了しています」「社名は当時のものです」といった注釈がつけられている部分もある。
  22. ^ 創刊号復刻版の場合、懸賞の景品の1つに金属製モデルガンが使用されており、「現在では法で規制されており、所持は違法であり、製造・販売もされておりません」という旨の注意書きが付記されている。
  1. ^ 2003年5月19日発売の2003年25号より。
  2. ^ 西村(1994年)pp.31 - 32
  3. ^ ただし、サクライタケシ「ジャンプの正しい作り方!」(少年ジャンプ+連載)の21話(2015年2月配信)において、編集が「少なくとも今はそんなテーマはないと思う」「少年マンガを作っていればそんなテーマは自然発生的に出てくる」という発言がある[2]
  4. ^ 斎藤(1996年)pp.11 - 12
  5. ^ 後の新人漫画賞ホップ☆ステップ賞や、読者コーナーのホップ・ステップ・ジャンプの名称もこれに由来する。
  6. ^ a b ジャンプをスマホやPCで!少年ジャンプ+創刊” (2014年9月22日). 2014年9月22日閲覧。
  7. ^ 「週刊少年ジャンプ」にデジタル版 7月13日発売33号で紙雑誌と同時リリースアニメ!アニメ! 2013年7月13日
  8. ^ 「[こち亀]最終話掲載の週刊少年ジャンプが完売状態に 増刷予定なし」ー マイナビニュース
  9. ^ 「週刊少年ジャンプ」、200万部割れ - ITmedia ビジネスオンライン
  10. ^ 創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展
  11. ^ 読売新聞 ジュニアプレス2003年6月16日。
  12. ^ 社団法人日本雑誌協会 JMPA読者構成データ
  13. ^ 週刊少年ジャンプ”. 2014年11月9日閲覧。
  14. ^ 「少年ジャンプ」卒業する年齢 「男・35歳説」は信じられる?” (2009年8月16日). 2014年11月9日閲覧。
  15. ^ 「ジャンプLIVE」が踏み出す、電子コミック界への新しい一歩(前編)” (2013年10月17日). 2014年5月23日閲覧。
  16. ^ 西村(1994年)pp.158 - 159
  17. ^ 「少年ジャンプというジャンル!」『STUDIO VOICE』2008年2月号 22、24ページ
  18. ^ 編集者は作品をずっと出し続けることを請け負わないといけないと思います。-『ジャンプSQ.』矢作康介編集長”. HONZ (2014年10月13日). 2014年11月8日閲覧。
  19. ^ 中山基編「伝説超人インタビュー (3) ゆでたまご」『フィギュア王 No.119』ワールドフォトプレス、2008年1月30日、ISBN 978-4-8465-2701-3、57頁。
  20. ^ 当時はJNN系列
  21. ^ 週刊少年ジャンプ・2007年49号の尾田栄一郎による巻末コメント
  22. ^ 夏目房之介の「で?」
  23. ^ 週刊少年ジャンプ2011年29号裏表紙
  24. ^ 週刊少年ジャンプ2011年30号裏表紙
  25. ^ 週刊少年ジャンプ2017年31号裏表紙
  26. ^ 週刊少年ジャンプ:300万部に復帰 朝日新聞を「ワンピース」キャラクターがジャック(2010年3月10日閲覧)
  27. ^ 2015年14号及び16号から18号まで事前募集の告知あり。
  28. ^ 2016年18号から21・22合併号まで事前募集の告知あり。
  29. ^ ただし、松本零士に関しては、過去に『光速エスパー』が掲載されているので、全く接点がなかった訳ではない。
  30. ^ a b 北米で電子版週刊少年ジャンプ来年発売 紙出版は終了へアニメ!アニメ!ビズ 2011年10月15日
  31. ^ 『ジャンプLIVE』「世界「ジャンプ」編集長座談会」
  32. ^ a b c 赤田祐一ばるぼら 『定本 消されたマンガ』 彩図社2016年5月11日、第1刷、113-114頁。
  33. ^ 仲尾俊博『「人間に光」人を求めて: 部落解放と念仏者』p.133
  34. ^ 部落差別について | 雁屋哲の今日もまた
  35. ^ a b 京都新聞 1980 2.1 夕刊 p.15 暴力マンガに実名で登場 湖東の5中学校、京都新聞 1980.2.2 朝刊 p.12 教育の場になぜ"暴力" マンガの実名掲載、京都新聞 1980.2.3 朝刊 p.19 連載中止を約束 "暴力マンガ"問題、京都新聞 1980.2.6 朝刊 p.19 学校名 削除もれ 暴力マンガ最新号
  36. ^ 堀田貢得 『実例・差別表現』 大村書店、2003年7月ISBN 4-7563-3021-5 『三 なぜメディアは週剰に自主規制するのか』より。
  37. ^ 漫画「燃える!お兄さん」事件”. ザッツ・学校用務員 (2010年1月3日). 2013年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月17日閲覧。
  38. ^ 発売前の漫画「ネタバレ」サイト、運営者ら5名を逮捕”. コンピュータソフトウェア著作権協会 (2017年9月7日). 2017年9月29日閲覧。
  39. ^ 少年ジャンプ15号無料配信「1人でも多くの人に届けたい」ニコニコニュース 2011年3月23日
  40. ^ 震災で少年ジャンプが発売延期 輸送燃料や資材不足に 47NEWS 2011年3月18日
  41. ^ a b c d e 伝説の「ジャンプ」 仙台の書店主が集英社に譲渡河北新報 2011年12月30日)
  42. ^ a b ジャンプ1冊、笑み100人 仙台の書店「読んでいい」朝日新聞 2011年3月26日)
  43. ^ 異文化の交わり鮮やかに マンガ大賞「ヒストリエ」 朝日新聞デジタル 2012年4月22日 2012年4月24日閲覧
  44. ^ 第16回手塚治虫文化賞 特別賞 朝日新聞インフォメーション 2012年4月24日閲覧







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「週刊少年ジャンプ」の関連用語

週刊少年ジャンプのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

カンパニュラ・グロメラータ

ミズタマウミウシ

FHTコンパクト蛍光灯

ニットボトム

上信越高原国立公園

ジェルトデニム

ダグラス式MD-90-30型

K 1200 S





週刊少年ジャンプのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの週刊少年ジャンプ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS