クロスオーバー作品とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > クロスオーバー作品の意味・解説 

クロスオーバー作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/01 03:08 UTC 版)

フィクションにおけるクロスオーバー作品(クロスオーバーさくひん)とは、狭義では複数の独立したシリーズが一時的に一つのストーリーを共有、進行させる事をいう。並立したストーリーラインを、新たなストーリーラインが横断して行くと解釈してこの名がついた。主にアメリカンコミックにおいて著しく発達した手法である。異なる作品に登場するキャラクターや舞台設定、世界観などがひとつの作品に登場することをいい、アメコミの場合、著作権が著者でなく出版社に帰属することが多かったため、この手法が容易であり、よく使われた。日本では作品タイトルやキャラクター毎のデザイナーが異なり、なおかつ会社帰属の著作権であるサンリオキャラクターでのクロスオーバー作品が代表例として見られる。


  1. ^ 前作のレギュラー3人が後期の回にて登場。
  2. ^ 以上の2作品は日本の広告代理店ビックウエストとの共同制作作品。
  3. ^ 超時空シリーズ」の『超時空世紀オーガス』は東京ムービー新社製作で放送権が異なる、また、『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』はライセンスの売却に含まれていない。
  4. ^ 新シリーズは再び『ゴライオン』をプロットに、新メンバーを加えてLION VOLTRONが各種の強化を受ける形で展開されている。なお、欧米版『VOLTRON FORCE』のアニメは、日本輸出オリジナル版の他に、アメリカナイズされたキャラやメカが活躍するリメイク版があり、新シリーズはこちらの続編となる。また、『アルベガス』のアニメは放送されていない事になっている。
  5. ^ この日本での人気爆発の背景には、フジテレビの『笑っていいとも』が大きな関係をしているという逸話がある。当時日本で封切前の映画『ネバーエンディングストーリー』の主演子役がイベントで来日し、『いいとも』の出演となった。この時司会のタモリに日本のお土産にこの商品を欲し、その際未だこのシリーズが日本未展開だった事から同時通訳者とタモリの両名共「TRANSFORMERS」の語彙の和訳に「変圧器」という語彙を用いてしまった。しかしこの逸話から『TRANSFORMERS』が海外で大人気だという事実が知れ渡り、その後の日本逆輸入及び大人気へと発展した[要出典]
  6. ^ なお、作品によってはプリキュアシリーズに登場した歴代サブキャラクターたち(プリキュアの家族・学校または学園の関連者・プリキュアの協力者・故人とされているキャラクター・TVシリーズのゲストキャラクター・TVシリーズの敵キャラクター(終盤で改心した敵キャラクター・最後まで改心もせず退却した敵キャラクター)・過去の映画(TVシリーズのレギュラー映画・過去のクロスオーバー映画)のゲストキャラクターと敵キャラクター)もモブとして登場する事がある。
  7. ^ 初のクロスオーバー映画であるが、長編映画とは繋がらない。
  8. ^ この作品から映画限定の公式プリキュア(キュアエコー)が初登場。その後の作品によっては登場したり、登場しない場合がある(なお、登場しなくても変身者(坂上あゆみ)がモブとして登場する場合がある)。
  9. ^ a b 『DX』と『NewStage』シリーズとは異なり、複数部構成には含まれていない。
  10. ^ この映画では現役・前作・前々作のプリキュアが登場するのみとなる。
  11. ^ 第40話「ウルトラマンに逢いたい」より。


「クロスオーバー作品」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「クロスオーバー作品」の関連用語

クロスオーバー作品のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

SDメモリーカード

通夜

陸奥宗光

さんとす丸

バシュラン・モンドール

汗取り

固形飼料

てん





クロスオーバー作品のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクロスオーバー作品 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS