ピラフ一味とは?

ピラフ一味

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/22 09:43 UTC 版)

ピラフ一味(ピラフいちみ)は、鳥山明漫画ドラゴンボール』と、それを原作としたアニメに登場する架空の一味である。




[ヘルプ]
  1. ^ 魔人ブウが地球を破壊した際に死亡したはずだが、アニメでポルンガの力で生き返ったことが明かされてるので、世界征服を企みつつも根っからの悪人ではないことも判明した。
  2. ^ 鳥山明「其之二十一 満月」『DRAGON BALL 第2巻』135、145頁。
  3. ^ a b 鳥山明「其之十九 ついに龍あらわる!」『DRAGON BALL 第2巻』集英社ジャンプ・コミックス〉、1986年1月15日、ISBN 4-08-851832-2、106-111頁。
  4. ^ a b 鈴木晴彦編「capsule column 5 キャラ名の由来を知りたい!」『ドラゴンボール完全版公式ガイド Dragonball FOREVER 人造人間編〜魔人ブウ編 ALL BOUTS & CHARACTERS』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2004年5月5日、ISBN 4-08-873702-4、158-159頁。
  5. ^ a b 渡辺彰則編「HUMAN RACIAL DICTIONARY キャラクター事典」『ドラゴンボール大全集 7巻』集英社、1996年2月25日、ISBN 4-08-782757-7、102頁。
  6. ^ a b 週刊少年ジャンプ特別編集「DRAGONBALL 徹底全激闘史 男の履歴書」『DRAGON BALL 冒険SPECIAL』集英社、1987年12月1日、雑誌29939-12/1、31頁。
  7. ^ 渡辺彰則編「種族の章 地球人」『ドラゴンボール大全集 4巻』集英社、1995年10月9日、ISBN 4-08-782754-2、68頁
  8. ^ 「DRAGON BALL 龍珠問答」『DRAGON BALL フルカラー 人造人間・セル編5』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、223頁。
  9. ^ 「完全マークリスト」『ドラゴンボール超全集 4巻』201頁。
  10. ^ 週刊少年ジャンプ特別編集「鳥山先生に完全密着取材Q&A!!なるほど!?ザ・ドラゴンボール」『DRAGON BALL 冒険SPECIAL』139頁
  11. ^ a b c d 渡辺彰則編「乗り物の章」『ドラゴンボール大全集 4巻』136-141頁。
  12. ^ a b 鳥山明「とりやまさんのDRAGON BALLなんでもかんでもコーナー」『DRAGON BALL 第7巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1987年5月15日、ISBN 4-08-851837-3、190-191頁。
  13. ^ ドラゴンボール完全版 第8巻 其之百十 079頁4コマ目
  14. ^ a b 『神と神』ではドラゴンボールの力で若返っているが、『超』では若返った理由は不明。
  15. ^ 「DBキャラ秘密の話」『ドラゴンボール大全集 7巻』122頁。
  16. ^ その際ピラフは、悟空に久々に遭遇するや「誰だあいつは!?」と口走っている。一方で、悟空はピラフを「やっぱりそうだ。お前ピラフだろ」と懐かしがっていた。
  17. ^ 「鳥山先生SPインタビュー」『Vジャンプ』2013年5月号、集英社、35頁。
  18. ^ 彼らいわく「まずは腹ごしらえからだ」ともんじゃ焼きを食べに行った。なおマイとトランクスの交際は継続している模様。


「ピラフ一味」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ピラフ一味」の関連用語

ピラフ一味のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

iOS 7

ギンポ

ディティエールシカクワガタ

アシベニイグチ

貞升南

白丸太鳥居

Jaguar XJ

屈折放水塔車





ピラフ一味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのピラフ一味 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS