日本の漫画とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本の漫画の意味・解説 

日本の漫画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/11/01 07:51 UTC 版)

日本の漫画(にほんのまんが)は日本で制作された漫画の歴史・特徴について扱う。




[ヘルプ]
  1. ^ a b 『2007出版指標年報』 全国出版協会・出版科学研究所、2007年ISBN 978-4-9901618-4-2
  2. ^ 文化輸出品としてのマンガ-北米のマンガ事情-第1回「北米市場規模と現在の状況」
  3. ^ 一例として、『魔法先生ネギま!』単行本20巻巻末に、同作の各国語版の翻訳比較が掲載されている。
  4. ^ 清水 勲 『日本 漫画の事典』 p53 ISBN 4-385-15586-0
  5. ^ 「平常、舗中ニ在ツテ梧ニ凭リ、偶、夫ノ貴賎士女老少等ノ大路ニ交加スル所ヲ漫畫シ」 山東京伝『四時交加』(1798年) 序文
  6. ^ 北斎漫画 - 近代デジタルライブラリー
  7. ^ 今泉秀太郎(今泉一瓢)述、福井順 速記、『一瓢雑話』、国立国会図書館、 p1
  8. ^ 清水 勲 『日本 漫画の事典』 p102-103
  9. ^ 美鈴, 窪田. “視覚伝達メディアとしての尾竹国観の「ポンチ」 (PDF)”. 「表現文化研究」第2巻第1号2002年度. 神戸大学表現文化研究会. pp. 11-30. 2011年8月28日閲覧。
  10. ^ Definition of manga”. Merriam-Webster Online. 2008年5月15日閲覧。
  11. ^ ドイツ語版ウィキペディア「Manga」、スペイン語版ウィキペディア「Manga」など
  12. ^ アラブ社会における日本のアニメ・マンガの影響保坂修司、国際日本文化研究センター, 2007.12.20.
  13. ^ いまコミックはどうなっているのか”. コラム. 出版科学研究所 (2006年12月12日). 2007年10月4日閲覧。
  14. ^ a b ビジネスケース『ビズメディア〜北米マンガ市場の開拓者』一橋大学イノベーション研究センター、東洋経済新報社, 2014
  15. ^ a b 「マンガ」という自明性――ガラパゴス島に棲む日本のマンガ言説小田切博、『世界のコミックスとコミックスの世界――グローバルなマンガ研究の可能性を開くために』ジャクリーヌ・ベルント編 京都精華大学国際マンガ研究センター、2010年
  16. ^ a b 「グローバル化時代における、国際的マンガ研究への挑戦」ティエリ・グルンステン、『世界のコミックスとコミックスの世界――グローバルなマンガ研究の可能性を開くために』ジャクリーヌ・ベルント編 京都精華大学国際マンガ研究センター、2010年


「日本の漫画」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

日本の漫画に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日本の漫画」の関連用語

日本の漫画のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




日本の漫画のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本の漫画 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS