ドラゴンボールの道具とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ドラゴンボールの道具の意味・解説 

ドラゴンボールの道具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/27 16:42 UTC 版)

ドラゴンボールの道具(ドラゴンボールのどうぐ)では、鳥山明原作の漫画・アニメ『ドラゴンボール』に登場した、道具について列挙し、詳細に解説する。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 現実と同じなら約38万km。単行本9巻のおまけコーナーで鳥山明は「少なくてもそれくらいは伸びることになるね」と語っている。
  2. ^ アニメ『ドラゴンボール超』より。
  3. ^ 悟空のイメージ内とゲームでは、悟空とミスター・サタンが合体した姿が登場している。
  4. ^ 漫画版ではヴァドスに「キューブ型宇宙船」と呼ばれている。
  5. ^ 紹介してくれた大盛博士にはお礼として1000億ゼニーを払っている。
  6. ^ アニメ『GT』では、宇宙に散らばった究極のドラゴンボールにも反応している。
  7. ^ ピッコロ大魔王編では新しいレーダーを半日で製作している。
  8. ^ ピラフは「ドラゴンボールレーダー」と呼んでいた。
  9. ^ 当時のカメハウスには電話が設置されていなかった。
  10. ^ 発明された未来では人造人間に荒らされてエネルギー事情が厳しいため。
  11. ^ 現代のブルマが今開発しているエネルギーと同じ成分。
  12. ^ 『ドラゴンボール超』では、かつて人造人間編で完全体セルが消滅した後に未来トランクスが未来に帰る際にブルマが研究のために調べたいと言ってきたため、未来トランクスがブルマに壊れたタイムマシンを預けていたことが明かされている。
  13. ^ ただし型が同じ場合、機能はどれも同じ。作中ではラディッツや一般フリーザ兵などは緑、ナッパは青、ベジータは赤が使われていた。
  14. ^ 戦闘服や宇宙船も発明している。
  15. ^ ブルマがラディッツのスカウターを回収した直後は故障していた。
  16. ^ 防諜機能が一切無く、通信どころか会話まで傍受されやすい。
  17. ^ ベジータは、基本サイズで体型に合うものが旧型しか無かったために旧型を着用した。
  18. ^ 悟空がナメック星を脱出する際に使用したギニュー特戦隊の丸型宇宙船は、彼らが攻めていたヤードラット星に行くように入力されていた
  19. ^ 挿入歌 - 「勇者の笛 〜タピオンのテーマ〜」のオルゴールアレンジ
  20. ^ 悟飯、クリリン、ピッコロ、ハイヤードラゴン、カリン、ヤジロベー、マロンは吸わずにすんだ。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 渡辺彰則編 「乗り物の章」『ドラゴンボール大全集 4巻』集英社、1995年10月9日、ISBN 4-08-782754-2、128 - 144頁。
  2. ^ 「鳥山明先生 魔人ブウ編(秘)一問一答!」『最強ジャンプ』2014年6月号、集英社、10頁。
  3. ^ 『30th Anniversary ドラゴンボール超史集』集英社、2016年1月26日、ISBN 978-4087925050、151頁。
  4. ^ a b c d 『DRAGON BALL フルカラー フリーザ編2』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、244-245頁。
  5. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「第1章 キャラクターコレクション Heroes collection 5 トランクス」『DRAGON BALL 超エキサイティングガイド キャラクター編』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2009年3月4日、ISBN 978-4-08-874804-7、14頁。
  6. ^ a b c 週刊少年ジャンプ特別編集『鳥山明 THE WORLD』より。
  7. ^ 「DRAGON BALL 龍球問答 鳥山明先生がお答え!!」『DRAGON BALL フルカラー 人造人間・セル編 1巻』集英社、2014年4月9日、223頁。
  8. ^ a b 渡辺彰則編「アイテム達のルーツを探る」『ドラゴンボール大全集 7巻』集英社、1996年2月25日、ISBN 4-08-782757-7、218頁。
  9. ^ a b 鳥山明「其之二 鳥山明 直筆コメント入り! 『復活の「F」』超Z設定画ギャラリー」『DRAGON BALL 鳥山明描き下ろし脚本完全収録F』集英社〈ジャンプ コミックス〉、2015年4月18日、15頁。
  10. ^ a b c d e 「鳥山明先生が語るスカウターの秘密!!」『最強ジャンプ』2014年7月号、集英社、28-29頁。
  11. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編『ドラゴンボール完全版公式ガイド Dragonball FOREVER 人造人間編〜魔人ブウ編 ALL BOUTS & CHARACTERS』118頁。
  12. ^ a b c ジャンプ・コミック出版編集部編『ドラゴンボール完全版公式ガイド Dragonball FOREVER 人造人間編〜魔人ブウ編 ALL BOUTS & CHARACTERS』93頁。
  13. ^ a b 渡辺彰則編 「科学&超科学の章」『ドラゴンボール大全集 4巻』集英社、1995年10月9日、ISBN 4-08-782754-2、156 - 157頁。
  14. ^ 渡辺彰則編「アイテム事典」『ドラゴンボール大全集 7巻』集英社、1996年2月25日、ISBN 4-08-782757-7、194頁。
  15. ^ 「STAFF INTERVIEW 山室直儀」ドラゴンボールZ 復活の「F」 パンフレット、東映、2015年4月18日。
  16. ^ 2013年夏に行われた「J-WORLD TOKYO」での展示ボード。『担当編集者に聞いてみた!「Q.ここだけの話を教えて下さい。」』より。
  17. ^ a b ジャンプ・コミック出版編集部編『ドラゴンボール完全版公式ガイド Dragonball FOREVER 人造人間編〜魔人ブウ編 ALL BOUTS & CHARACTERS』121頁。
  18. ^ a b 漫道コバヤシ地上波特別編!『ドラゴンボールZ 復活の「F」公開記念スペシャル』より。
  19. ^ 渡辺彰則編「アイテム事典」『ドラゴンボール大全集 7巻』集英社、1996年2月25日、208頁。
  20. ^ 渡辺彰則編「科学&超科学の章」『ドラゴンボール大全集 4巻』集英社、1995年10月9日、154頁。
  21. ^ 渡辺彰則編「アイテム事典」『ドラゴンボール大全集 7巻』集英社、1996年2月25日、205頁。
  22. ^ a b 渡辺彰則編「キャラクター事典」『ドラゴンボール大全集 7巻』集英社、1996年2月25日、69頁。
  23. ^ 渡辺彰則編「アイテム事典」『ドラゴンボール大全集 7巻』集英社、1996年2月25日、198頁。
  24. ^ 渡辺彰則編「アイテム事典」『ドラゴンボール大全集 7巻』集英社、1996年2月25日、191頁。


「ドラゴンボールの道具」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ドラゴンボールの道具」の関連用語

ドラゴンボールの道具のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

銀帯東根笹

三角ハロー

法要

NB100

指板

ホワイト・ナイト

おれんじHOPE

BMW Z4 ロードスター





ドラゴンボールの道具のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのドラゴンボールの道具 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS